topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~メグナミ街道の旅 5月3日、5月4日編 ~ - 2017.05.12 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

5月3日朝、熊野市遊木町の民宿ハマケンを出た後、和歌山県新宮市の熊野速玉大社にお参りをし、熊野古道中辺路歩き旅の出発点、滝尻へ。途中、休憩&車のデポに寄った国道311号沿いのドライブイン「古道歩きの里 ちかつゆ」で、移動販売車によるクレープに後ろ髪をひかれつつも、翌日に徒歩でここを通過時に食べる楽しみにしよう!!と、お預けとすることに・・・・・(しかし、翌日は移動販売クレープはありませんでした・・・・と;;)


P1280016.jpg
道中、三重県熊野市の七里御浜この時期の風物詩、こいのぼりが浜に繰り出ていました~

P1280024.jpg
見るや否や、ナミちゃん大喜び!!!もちろん車を停めて浜へGo!!!

P1280035.jpg
熊野速玉大社


「古道歩きの里 ちかつゆ」からはバスに乗り、熊野古道中辺路歩き旅の起点で、五体王子社の一つ滝尻王子のある滝尻へ。13時30分、滝尻王子スタート、本日の行程は3.7km先の高原集落まで。ショート行程ですが、はじめの1kmはなかなかのムナツキハッチョウなんですよ~

P1280046.jpg
滝尻王子
京都、大阪を経てはるばる200km歩いてきた巡礼者がようやくたどり着く、熊野聖域の入口

P1280047.jpg
岩に絡みつく常緑樹の根、自然界熊野の象徴の一つ
自然の生命力ハンパナイ!

P1280052.jpg
今年は寒い春が続いていたため、まだオンツツジが見られました!

P1280058.jpg
道中にある飯盛山展望台へ

P1280060.jpg
高原へと続く尾根伝いの古道
気分を出すためモノクロームにしてみました~

P1280067.jpg
そして、尾根伝いに古道を歩くとやがてたどり着く天空集落高原

P1280071.jpg
果無山脈と棚田を一望できる高原の展望地にて
ナミちゃん

P1280073.jpg
あっし


本日のお宿は、「霧の郷たかはら」
部屋からのビュー、食事、ワイン、そしてオーナーさんスタッフさん、何から何までお勧めのお宿です~


P1280076.jpg
到着後、レモンウォーターを出してくれました~
神秘的な空に乾杯~

P1280078.jpg
早く着いたので、温泉に入った後、昼飲みモードへ
なかなか持てない貴重な時間ナリ~

P1280082.jpg

P1280102.jpg
熊野牛も頂いちゃいます^

P1280095.jpg
^霧の郷たかはらのディナー
地のものがスペインなどのタパス風に出てきます~
まさに自然体の”日西融合”♡

P1280113.jpg
手づくりのピッツァ釜で焼かれたオールハンドメイドピッツァ

P1280098.jpg
暮れゆく高原

P1280117.jpg
高原の月夜を撮る
ため息が出るほど神秘的


5月4日
この日の行程は、ここ高原から近露を通過し、18km先の道湯川へ。宿泊地は近露ですが、次の日に本宮へ行くための距離バランスをとるため、この日は近露から11km先の道湯川へ行き、近露へ戻りました。(宿のご主人さん、送迎ありがとうございます~)

P1280123.jpg
高原集落の一角にある水を張った田んぼ
勝手に「熊野のウユニ」と命名~

P1280127.jpg
高原から先はしばらくずっとこんな道

P1280138.jpg
大坂峠付近を行く

P1280154.jpg
ハイカー、観光客も多い箸折峠
さすが中辺路の象徴的な場所

P1280156.jpg
近露の里が見えてきました!

P1280160.jpg
里にはフジが咲き乱れています


ちょうどランチタイム、昨日の「古道歩きの里 ちかつゆ」に寄ります。あてにしていた移動販売クレープは・・・ありませんでした~orz この里にある本日のお宿「月の家」に先にチェックインをした後、道湯川に向けて残り11kmを歩きます。

P1280169.jpg
野中の一方杉がある継桜王子

P1280184.jpg
継桜王子すぐとなりの古道休憩所、とがの木茶屋

P1280182.jpg
とがの木茶屋前の古道
アジサイ、アセビ、紅葉・・・季節によってさまざまな自然環境が見られます~

P1280187.jpg
小広峠近くの、国道311号線ビューティフルポイント

P1280194.jpg
山並みビューポイントが続いた小広峠までの道とは打って変わり、
この先は発心門王子までは延々山の中~
写真は草鞋峠

P1280219.jpg
草鞋峠を過ぎた後、道湯川まで歩き、宿「月の家」のご主人さんに迎えに来てもらいました~
翌日は、この道湯川から歩きはじめます。


~メグナミ街道の旅 5月5日~5月7日編~ に続く


Buen Camino^_-☆






~メグナミ街道の旅 4月29日~5月2日~ - 2017.05.11 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


~名古屋市瑞穂区のとある保育園の砂場や滑り台で無邪気に遊んでいた1歳児たちは、ウン十年の時を越え、熊野のDeep and Cool なトレイルを無邪気に歩いていました~

昨年10月に続き、このGWも、超幼馴染のナミちゃんがはるばる韓国ソウルからやってきており、ツアーのコーディネート&案内をしていました。熊野をとても気に入ってくれたナミちゃん、今回はなんと9日間も熊野はじめ紀伊半島各地に滞在していきました~^ー^

ナミちゃんは、名古屋市内の保育園時代の時からのお友達、私が小学校入学と同時に家族で三重県津市に引っ越し、それ以降は会うこともなかったのだけど、親同士の交流は続いていました。それが、おととしの秋、ひょんなことからナミちゃんと30ウン年ぶりに再会することに~

すっかり国際人になっていたナミちゃんとは、会った瞬間から幼少時代から変わらぬテンションですぐにすっかり仲良し☆
それも、お互い1歳~3歳だった保育園時代を覚えていたのだから、これまたスゴイこと!

私メグミとナミちゃんとのツアーということで、勝手に「メグナミ街道の旅」と命名させてもらいましたw

さて、メグナミ街道ツアーの行程は以下の通り。

4月29日 
夕方・三重県大台町の「道の駅奥伊勢おおだい」で合流、旅の始まり~
メグナミ街道ツアー奥伊勢verは、なんと私とナミちゃんの母親も一緒に☆
4月30日 
大台町にある総門山トレッキング
5月1日、2日
私、別の仕事でいったん抜け、代わりに友人のクミコさんがガイド
5月3日
熊野の宿から中辺路の滝尻へ移動、途中熊野速玉大社参拝
滝尻~熊野高原 中辺路3.7km
5月4日
熊野高原~道湯川 中辺路18km
5月5日
道湯川~熊野本宮大社 中辺路18km
5月6日
伊勢路 馬越峠&おとと&熊野市内+クスクスで打ち上げ!
5月7日
ナミちゃんソウルへ


4月29日、三重県大台町にある「道の駅奥伊勢おおだい」にて、南からの私と、津、名古屋方面からのナミちゃん、そして私の母親、ナミちゃんのお母さんが合流、大台の山奥にある農家民泊「かわはら」へ。

     18425632_1401789893210847_1544848354_n.jpg
農家民泊かわはらは、いろりを囲めるお宿です

P1270973.jpg
山菜や民泊の畑で採れたもの、そして川魚がずらり
もちろん季節ごとに内容は違いますよ~

18426068_1401790036544166_427511617_n.jpg
朝食はコタツで(4月末とはいえ、朝晩は冷え込みます~)

P1270981.jpg

4月30日

大台町内にある総門山へ。台高山脈と呼ばれる主脈とその支脈に囲まれた大台町には原生林を縫う上級者向けの長期縦走トレイルが多いけれど、その中でも比較的登りやすい山がこの総門山。

この日のルートは、北総門山駐車場→林道+尾根ルートで総門山→南総門山往復(私とナミちゃん)→林間ルートで北総門山駐車場→奥伊勢フォレストピアへ尾根ルートで下山(私とナミちゃん、お母様方は車で奥伊勢フォレストピアへ)


18424490_1401789909877512_1986977545_n.jpg
台高山系らしい尾根
まだ枯木も多いですが、これから梅雨にかけ、、日陰になるほど緑が生い茂ります

18424528_1401789973210839_1837747728_n.jpg
なんだか大自然からのパワーを感じて好きなポイント、南総門山

18424717_1402341706488999_3791182_n.jpg
総門山上でのランチ 本日のお弁当は、かわはらさんでお願いしたお弁当
田舎ならではの愛情もボリュームもたっぷり、これでナント500円!!!


GW2日目の快晴ということもあり、この後はグループにトレイルラン夫妻と、いろいろな方が登ってきました^^


北総門山駐車場でいったんお母様方と解散し、お母様方は車で、そして私とナミちゃんは歩いて尾根道を下山。
本日のお宿「奥伊勢フォレストピア」で合流後は、桜餅ソフトクリームを♡
これがお目当てだったりして~

18197887_10212884435924850_1606004867_n.jpg
桜餅ソフトクリームは、桜風味のソフトクリームにもち米が混ぜられているのです~
何と凝っていることでしょう~


そして、奥伊勢フォレストピアのディナーは、地物をたっぷり使ったフレンチ。P1270986.jpg

P1270994.jpg

P1270997.jpg

P1270999.jpg


5月1日&2日

私は、2日間別のお仕事が入っているため、奥伊勢フォレストピアでみんなで朝食をとった後、いったん失礼・・・
この日は、ナミちゃんは午前中は、大台町のアウトドアアクティビティ『Verde』のツアーでサップ(SUP Stand Up Paddle)を楽しみ、午後は友人のクミコさんのガイドで伊勢神宮に行き、よるはそのまま奥伊勢フォレストピアで連泊へ。そして、私とナミちゃん2人のお母様たちはお昼まで宮川周辺でおしゃべりしながらくつろぎ、午後には津と名古屋へそれぞれ戻りました。

2日のナミちゃんは、クミコさんのツアーで瀧原宮と熊野市の楯ヶ崎トレイルを巡ってクミコさんと解散、そして私の仕事終了後、尾鷲で再び合流し、そのまま熊野市遊木町の漁師民宿、ハマケンへ。

美味しいお魚とビールで乾杯後、明日からの中辺路3日間歩き旅に備えます^O^


P1280009.jpg


『~メグナミ街道の旅 5月3日~5月7日~』へ続く


Buen Camino^_-☆









 


大辺路イラスト調査 - 2017.04.25 Tue

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


今日は、ちょっと遅れ気味の熊野古道大辺路イラスト調査のため、『熊野古道大辺路おはなし絵地図』作家のワカミンちゃんと歩いてきました。行程は和歌山県串本町古座~那智勝浦町浦神のおよそ15km。


揺れるハマダイコン、沖の積乱雲、地層・・・今日も盛りだくさんでした♡


P1270823.jpg
古座川と新緑と古座の町並み

P1270833.jpg
古座の町中はこんなラブリーな路地を抜けていきます

P1270854.jpg
津荷の集落奥の一景

P1270904.jpg
津荷からは磯に出ます
もっとも大辺路らしい道

P1270879.jpg
咲き乱れるハマダイコン

P1270928.jpg
磯を離れ、田原の集落を抜けた後は湿地帯を抜ける遊歩道へ

P1270935.jpg
小川を渡る

P1270948.jpg
2016年10月に紀伊山地の霊場と参詣道として
世界遺産追加登録された清水峠

P1270958.jpg
清水峠から続く小さな峠
(地元の一部では浦神峠とされている)

P1270959.jpg
そして、浦神集落が見えてきます


Buen Camino^_-☆









三重県大台町に・・・ - 2017.04.12 Wed

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


この4月、三重県大台町にて、アウトドア体験組織「Verdeヴェルデ」が発足しました。
大台町は、大阪や名古屋といった大都市圏、四日市、津、伊勢などの中都市圏から2時間以内で行ける場所でありながら、幻想的な大自然がひろがるワンダーランド!私も昔から愛してやまなかった台高山系はじめ、大杉渓谷、原生林の尾根トレイル、そして清流宮川を舞台に、SUP(Stand Up Paddle)、トレッキング、トレイルランなど、あらゆるアウトドアアクティビティを企画、ガイド、そしてゲストハウス運営なども行っていくとのことです。


Verdeの皆様とは昨年の始めから色々と仲良くしていただき、今回、私もトレイル看板、ルートマップへのイラスト図絵を手掛けさせていただきました。


大台から険しい山々を隔てて南へ向かえば、驚くほど熊野灘エリアが近いのです。全く対照的な自然環境が隣接しています。ホント、三重県はまさに氷河、砂漠以外、世界で見られる自然環境の縮図ですね!三重県南部のこれからが熱いですね^^/

Verdeのホームページはコチラ☆
http://verde-odai.co.jp/


Verdeは、イタリア語で「緑色」を意味するそうですね~
イタリア語の色名は「黄色=Giallo ジアッロ」と「赤色=Rosso ロッソ」しか知りませんでした。

黄色は、イタリアの鉄道駅にあった「黄色い線の内側へお下がりください」の表記で知りました。
赤色は、イタリアで赤ワインばかり注文していたので知りました(笑)

17909269_1373557192700784_1871545370_n.jpg
イラスト図絵の部分を描かせていただきました~^^


17841758_1373557392700764_952248251_n.jpg
大台山系でのトレイルラン風景



Buen Camino^_-

ここからつながる、新しい流れ - 2017.04.09 Sun

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


今月下旬に、新天地へと旅立つ友達一家に、絵を届けに行きました。


世界と熊野とのつながり、太平洋から感じるパワー、ユーラシアから感じるパワー、ボーダーを越えた感性・・・
本当に色々な世界観を共有できる友達でした。


歩き旅の時、イベントの時、飲み会の時、そして紀伊半島が台風の被害にあった時・・・
愉快な時、悲しい時、大変な時、色々なことを共有してきた友達でした。


現在交わしている他愛無い話しがそのまま、未来へと循環しているような友達でした。


熊野からは少し離れてしまうけれど、自身に舞い降りた物事をすべて循環させてしまえるお友達だから、
熊野と切れてしまうことはない、熊野からの~な、新たなライフのはじまりはじまり~だね~♪



17842179_1370812342975269_1487149749_n.jpg
友達が持つ世界観と、熊野市須野町の光景をイメージしたら
こんな絵が仕上がりました~


17795965_1370070493049454_7189428917546269891_n.jpg
友達が熊野でずっと紡ぎあげてきた空間「メイドイン熊野の衣、食、住 木花堂」にて


20494_560514410671737_183549194_n.jpg

(122).jpg



ホント、たくさんの思い出をありがとう!!



Buen Camino^_-☆










NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。