topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野古道の登り口と津波避難への意識 - 2017.02.22 Wed

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


2月18日~20日の3日間、熊野古道大辺路の英語イラスト作成調査のため、仲間と大辺路を歩いていました。この楽しかった3日間の詳細は後日まとめるとして、今日はタイトルの通り『熊野古道の登り口と津波避難への意識』のことを書きます。


和歌山県南岸部をなぞるように延びる熊野古道大辺路は、標高の低い場所に位置する集落や漁村と里山を抜ける峠道の連続であり、手描きマップには集落道からその里山への登山口、里山から集落道への入口などわかりにくい部分を入念に調査し、歩き旅の方々が迷わないようにする必要があります。


海抜の低い集落から峠に向かう道を何箇所も調べていると、そのほぼすべてが「津波避難路」としての役割をも担っていることに気が付きます。


大辺路のある和歌山県南部の沿岸線と言えば、南海巨大地震が起きた際、数分で津波が来襲するとされる地域です。私がいる三重県紀州の沿岸ではおおよそ10分と推定されており、この時間の差は、震源であるトラフと陸との距離によるものです。実際、海図を見てみると、和歌山県南部は恐ろしいほどトラフに近いです。串本町なんかは津波来襲時間がたった1分との推測データも・・・(恐)


普段から近くの熊野古道ルートを知っておくことは、津波避難路を意識づけられることとなり、自然と防災につながります。
和歌山県南部沿岸の小さな集落では、「津波」の文字を見ずには歩けないくらい、津波に対する注意を呼びかける標識を見かけます。三重県南部でもそうですが、和歌山のそれは色がよりどぎつく、そして統一されているのでより目立つと感じました。


「津波=TSUNAMI」は今では世界共通語、訪れる外国人スルーハイカーの方々にも、歩く楽しみを味わっていただくことと同時に、地震大国日本での防災意識を得ていただければ幸いです。


P1260892.jpg
白浜町日置川地区にある安宅集落より、安宅坂越え道への登り口

P1260977.jpg
安宅坂を越え、反対側のすさみ町太間地集落へ出る手前
元からあった古道の一部に手すりを付けて、津波避難路とし
て難なく利用できるようにされていました

P1270074.jpg
江角地区の堤防

P1270022.jpg
見老津の集落内
このひときわ目立つ黄色の津波避難標識は、各集落で統一されており、
まさに「見ずに通り過ぎることは困難」なほどでした

P1270151.jpg

P1260413.jpg
そしてこの2枚の画像
和歌山県の国道42号沿いで指定されている「津波注意区間」の大きな標識
どちら側からもわかるよう、2本1セットになって立っています。

三重県では残念ながら見られませんでした。国交省近畿整備局の管理らしい
のですが、三重県の沿岸部でも設置してほしいですね。


660b3e799c086d0769daa01010abc475.jpg
南海トラフ規模想定図と震源域
M9.1というのは想定最大値のようですが、だいたいM8.7前後とされています。




※熊野古道大辺路英語イラスト作成は、この街道の全行程を図絵にまとめた『熊野古道大辺路おはなし絵地図』作者のワカミンさんこと生駒わかこさんの全面協力を得て実行させていただいております(^-^)


Buen Camino^_-☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/995-4d0bfce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自然現象と相性!? 注・信憑線はありませんので、あくまで面白半分に・・・ «  | BLOG TOP |  » やはり不思議な地、玉置山

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。