topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOC 女性のための熊野古道伊勢路&奥熊野トレッキング 2days - 2016.10.18 Tue

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

10月15日、16日は、MOC(モンベルアウトドアチャレンジ)×Kumatengのコラボツアー『女性のための熊野古道伊勢路&奥熊野トレッキング 2days』があり、私は2日間女性ガイドとして泊まり込みで行ってきました。


お客様は西日本各地から集まっていただいた6名の女性。西は何と熊本県から!はるばる遠方から、同じ”熊”つながりで来ていただきました*^-^*

一日目の正午、無人駅のJR大泊駅で集合しました。お客様は、熊本県からのお客様がお友達同士である以外は皆が個人参加で、このときに2日間旅を共にする7人(うち一人はガイドの私)が初対面~!!女性限定ツアーならではの和気あいあいさで、初対面と同時にもう皆が仲良しムード。


無人駅校内でお弁当を食べた後は、熊野古道松本峠に向けてスタートし、そのまま熊野市の旧市街地を抜けて、獅子岩、およそ300mの七里御浜を経て、パワースポット花の窟でゴール、16時に来ていただいた2台のタクシーに分乗し、40分かけて熊野の山奥の聖地、赤倉にある一日一組限定の宿『山里民泊あかくら』へ。


ここは私も以前8か月ほどお手伝いをさせていただいたことがある築100年の宿で、古来からの熊野の暮らしは勿論、古き良き日本のたたずまいをそのまま凝縮させたかのような集落、そして宿です。深い山の奥で、水、空気、森、鳥の声、季節をめぐる動植物たち・・・そして人間がその古来からの恵みを分けていただく暮らしを営んできた、そんな場所です。


視界いっぱいに広がる青い大海原からひとつ山を越えればガラリと変わる幽玄深谷の光景・・・生きているクマノの世界観そのものです。はっきりと脈打つ静と動がここにはあります。


P1240340.jpg
定番の熊野古道、松本峠から旅のはじまりはじまり~

P1240346.jpg
松本峠のお地蔵さん

P1240352.jpg
展望台からの七里御浜
何十回も来ているのに、いつでも「初めまして」な気持ちにさせてくれる♡

P1240349.jpg
それぞれのクマノ時間

P1240360.jpg
獅子岩

P1240365.jpg
七里御浜歩き
先ほどまで見ていた雄大な景色の中にとけ込んでみる・・・
かつては、この浜自体が古道でした

P1240382.jpg
天高く 縄なびく 秋
先日10月2日には、ここ花の窟神社で秋の例大祭が行われました


P1240387.jpg
そして、舞台は山奥の赤倉地区へ
ここにある民泊「山里民泊あかくら」は、あまご養殖場「赤倉水産」運営の宿
あまごと自家製野菜と裏山の天然水をふんだんに使った食事が大人気
写真のあまご塩焼きは当民泊の目玉

P1240398.jpg
あまごお造りも、あまご養殖業直営ならでは

P1240399.jpg
綺麗な空気に美味しいお食事とくればコレ♡
女性だけの乾杯なり~


P1240411.jpg
裸電球の似合う、山里民泊あかくらの夜


P1240408.jpg
おぼろ月に照らされて・・・更け行く赤倉の夜



翌日10月16日は、ここ山里民泊あかくらを出発し、あまご養殖場を見学後、「裏本宮街道」を歩いて熊野市育生町にある大森神社に至るルートです。決して公の観光情報には載らないレアなルートです。裏本宮街道とは大昔、熊野の市街地に当たる木本から一ノ水峠を越え、ここ赤倉集落を経て大丹倉、育生町、北山川沿いに残る筏師の道を経て熊野本宮別宮玉置山に登り、奥駈道を通って熊野本宮大社に至っていたという壮大な道!聖地玉置山を通り、新宮や紀和経由に比べて短距離という利点があったのですが、あまりにも僻地を通るが故に徐々に使われなくなったとのことです。


世界遺産にはなっていないものの、列記とした”熊野古道”です。


P1240426.jpg
朝から元気にスタート!
裏本宮街道は、山里民泊あかくらの前を通っています~

P1240427.jpg
あまご養殖場「赤倉水産」を見学 写真は稚魚小屋

P1240435.jpg
赤倉水産裏手から、裏本宮街道の古道へ

P1240441.jpg
赤倉の奥地に潜む聖なる地、丹倉神社

P1240450.jpg
古代から紡がれてきた生命力
コケは熊野の象徴

P1240454.jpg
そして隠れた絶景ポイント、表丹倉へ
人知れないポイント 時間が許せば何時間でも居れてしまう♡

P1240455.jpg
そろそろアサマリンドウの時期

P1240460.jpg
大丹倉でランチタイム
奥熊野でも強力なパワーを放つ地の一つ

P1240472.jpg
熊野市駅前「かね久」の熊野古道弁当

P1240476.jpg
やさしい道

P1240483.jpg
大丹倉から育生町に至る、裏本宮街道の古道「かしのと道」
現在60代以上の方は幼少時代、実際にここを通って通学していたとのこと

P1240500.jpg
谷には橋が架けられていますが、けっこう年数が経っているので念のため一人づつ渡ってください

P1240509.jpg
育生の里に出た後、午前中に歩いた表丹倉の展望峰を眺める

P1240523.jpg
この旅の締めくくりは、女性ツアーらしく育生町にあるステキな古民家カフェ「ちゃや」にて
ここの茶屋の目玉はじびえカレーですが、ブルーベリーぜんざいもおすすめの一品



「ちゃや」からはタクシーで50分かけてJR熊野市駅へ向かい、17時にまたの再会を誓って解散。
来年にはここで知り合ったメンバー向けに高野山ツアーを開催する予定です☆


今回もクマノのステキな出会いに恵まれた旅となりました^ ^



Buen Camino^_-☆















スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんわ。
MOCとのコラボ、楽しく拝見させていただきました。
以前からの計画で、大森神社から大丹倉登山ピストン予定しています。
「裏本宮街道」とは、このルートでしょうか?
また、「やさしい道は」途中にありますか?
よろしくお願い致します。
白石湖トレイル、11月8日に行きます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/982-35570b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妹の結婚式 «  | BLOG TOP |  » 『Deep River』と熊野

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。