topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイカミーノ・白石湖トレイル - 2015.06.18 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

久々の更新となりました。
現在は、旅イラスト制作活動とガイド業を交互にこなしている日々でございます。

もう1週間前になりますが、6月10日は午前中の空いた時間を利用し、白石湖トレイルを踏査してきました。このトレイル、三重県北牟婁郡紀北町海山区にある白石湖(渡利牡蠣の産地です!)をぐるっととりかこむ山稜を歩くおよそ9kmのトレイルで、紀北町海山区相賀地区周辺にお住まいの方なら自宅からでも歩いて行けてしまうまさに「マイカミーノ」です!最高地点は380mの大田賀ノ頭で、全行程にわたり、しっかりと整備がされています。


白石湖トレイルブログ用なび
白石湖トレイルマップ
(クリックで大きくなります)


このトレイルは、我が仲間「外遊びぷろじぇくと」のメンバーで構成されるグループ「NTRC」のみなさんが入念に踏査、整備をしてくださっています。今回のトレイルもNTRCさんがつけてくれたテープが全域にわたってあり、地図は携行していたものの読図の余地がないほどでした。本当にありがとうございます。


まず、このトレイルの起点となるのは、紀北町役場海山支所前の橋を渡ってすぐの集落にある浅間山への登り口となります。非常に整備された木道をのぼること10分程度で尾根に出ます。なんたって、この辺りの尾根は標高100もないですから(笑)尾根越しには所々で小山浦方面が見えます。普段見ている尾鷲湾の、なかなか見ることのないアングルです。
※写真はすべてケータイです^^;画質に関してはお許しください~


NCM_1821.jpg
小山浦遠望

NCM_1822.jpg
尾鷲湾方面

NCM_1823 (1)
眼下に引本浦地区


浅間山の祠を越えるとこれまでの木道ではなくなり、狭いトレイルになります。しかし整備はしっかりされており、通行に困難を感じることは全くありません。2つの三角点を越えると、かつて小浦と矢口の二地区を結んだ生活道の小浦峠に出ます。小浦峠手前の小さなピークからは紀伊長島~志摩半島先端部に至る山並み、そして熊野灘のビューポイントがあります。


NCM_1824 (1)
こんなトレイルが続く・・・

NCM_1826.jpg
尾根から見下ろす白石湖

NCM_1827.jpg
熊野灘ビュー

NCM_1828.jpg
NTRC設置の小浦峠プレート


小浦峠から先は、トレイル随一の難所が始まります。標高340mの生熊ノ頭を目指す100m前後の急登は、規模は小さいながらもどことなく南奥駈(吉野~本宮を結ぶ大峰奥駈道の南半分を指す呼び方)を思い出させます。登りの途中には、尾鷲市と紀北調査会にそびえる雄峰(と呼んでいいのか?)、便石山方面を見渡せるポイントがあります。


NCM_1833.jpg
木々をかき分けながらの急登

NCM_1834 (1)
生熊ノ頭 展望・・・ありません。


生熊ノ頭から先は、当トレイル最高峰の大田賀ノ頭までは緩やかな尾根が続きます。全体的に標高が低いこともあり、街や国道を行き交う車の音がここまでも聞こえてきます。最後の急坂を上りきればそこが標高380mの大田賀ノ頭。ここも展望全くなし・・・しかし、少し相賀側に下ると一面仮払われたポイントからは相賀、引本浦方面が一望できます。


NCM_1835.jpg
こんな尾根や、

NCM_1836.jpg
こんな尾根が続きます

NCM_1837.jpg
大田賀ノ頭手前で後ろを振り返ると、台高山系の仙千代峰が見えます

NCM_1839.jpg
大田賀ノ頭少し先から、相賀方面を遠望。

NCM_1840.jpg
紀勢自動車道の高丸トンネル入り口を見下ろす。
こうしてみると、トンネルってすごい場所を通っている・・・何気に圧迫感スゴすw

大田賀ノ頭から先は、一気に高度を下げ、最終的には紀北町海山区船津汐見地区(相賀から汐見橋で船津川を渡った地域)へと出ていきます。下りは、木々つかみながらでないと滑り落ちるくらいの急勾配です。所々迷いやすい個所もありますが、全工程にわたり、「NTRC」の文字が描かれた赤いテープがあるので、それを見落とさないように注意してください。


夏季はダニが多いのが難点ですが、10月下旬~4月にかけてはトレイルランにももってこいのトレイルです。身近なトレイルとして、そして尾鷲トレイルや尾鷲道と言ったトレイル踏破のトレーニングルートとして(笑)、ぜひご利用ください☆


Buen Camino^_-☆



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/922-c8b13ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

講演会「地球を歩く旅~海外を歩いて改めて感じた熊野の魅力」 «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。