topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野古道小辺路・果無峠 - 2015.03.23 Mon

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

3月23日は、お友達ののだりんと熊野古道小辺路、果無越え+そのまま中辺路に合流して本宮大社に至る道15kmを歩いてきました。


【熊野古道小辺路とは】
真言宗総本山・金剛証寺のある高野山を起点に、熊野本宮大社に至る80kmの長く険しい道です。水が峰、叔母子峠、三浦峠と、ふもとからの標高差が1000m前後ある峠を何度も越えて南下していき、そのラスボス的な存在がまさにこの果無峠1040m。


名前の由来はそのまま「行けども行けども果てがない山道」と、何のひねりもない(笑)また、人に会わないから「人無し」がなまったという説も。この小辺路は一歩一歩踏みしめるたびに熊野の神聖みを覚えられる道です。ホテル「昴」のある蕨尾から眺める峠は大層高くそびえたって見え、どこかおどろおどろしさをおぼえるものですが、これを越えれば、眼中に一気に飛び込んでくる熊野川、そして本宮大社方面と、いつの時代に歩いても人生を揺るがすほどの感動が潜んでいる道と言えるでしょう。沿道には西国三十三箇所の石仏が祀られています。



熊野本宮大社前に車を置き、そこから奈良交通バスに乗って十津川温泉「昴」へ、午前10時に出発。
国道425号線(日本三大酷道で有名!!!!)の旧隧道を出てすぐの吊橋を渡ると石畳の急こう配が始まります。20分ほど登りきると、尾根上に開けた果無集落が見えます。熊野古道世界遺産登録後、天空集落としてメディアにもたびたび登場するようになったこの集落は、災害の多かった十津川村で古くから生きてきた人々が作り上げたものです。尾根筋を抜ける石畳道の周囲には畑が広がります。渇水の時期には水を得るのも一苦労だったでしょうけど、それも含めて生活の一部でした。吊橋からここまでの急こう配の石畳こそ、かつてこの集落と川沿いを結ぶ唯一の生活道でした。


IMGP1984.jpg
吊橋「蕨尾橋」

IMGP1989.jpg
果無集落に至る古道

IMGP1991.jpg
天空集落の畑

IMGP1992.jpg
果無集落を抜ける石畳道

IMGP1000.jpg
集落の家

IMGP1001.jpg
熊野では「ゆうど」と言うそう、ここでは何と呼ばれているのでしょうか。

IMGP1999.jpg


IMGP1998.jpg

IMGP2000.jpg
IMGP2001.jpg
果無集落全景



果無集落を抜けた後、いよいよ道は深い山の中に入っていきます。一気に1000m以上の行程さを登るといってもここはやはり昔からの生活道、所々で気休めをできるような、ゆるやかな道が現れます。ここを訪れるのが初めてで登れるかどうか心配していた友達も、「これなら楽しく登れそう」とルンルン気分♪


果無集落からおよそ1時間で観音堂に着き(離れに簡易トイレ、水飲み場あり)、そして30分後には峠に到着。自然林に覆われた気持ちの良い尾根上に位置しています。峠には第十七番石仏があります。


IMGP2006.jpg
観音堂

IMGP2008.jpg
観音堂を過ぎると、北西方面が開ける場所に

IMGP2009.jpg
眼下に見える蕨尾(登り口)、その一直線上遥か彼方に見えるのはなんと
大峰山脈釈迦ヶ岳!!! さらにうっすら弥山、八経も。

IMGP2013.jpg
小辺路の三浦峠方面
ぽつぽつ浮かぶ雲の影が美しい


IMGP2015.jpg
峠までのツヅラ折れ。あと一頑張り!!

IMGP2018.jpg
果無峠 よく頑張った~のだりん!!!

IMGP2022.jpg
第十七番観音石仏


寒いのでここは即座に退散し(笑)、本宮川の下り道の日当りのいい場所でランチということになりました。2/3ほど下った場所に尾根上に開けた「本宮町展望所」があり、そこでおにぎり休憩を。


IMGP2028.jpg
本宮町展望所
眼下の熊野川から、奥には小雲取越、如法山、そして一番向こうには大雲取越が越えている尾根までも望める!
本宮周辺の古道の「天然縮図」が望めます☆


ここからは小一時間で、国道168号と合流する八木尾に出ます。国道に出た後は国道に沿って本宮方面に歩き、「道の駅奥熊野古道ほんぐう」、三里地区を経由して、「三軒茶屋」で熊野古道中辺路と合流し、そのまま2・5km歩いて熊野本宮大社へ至ります。


三軒茶屋には、高野山方面からくる小辺路と田辺、和歌山方面からの中辺路の道標が存在します。


IMGP2039.jpg
八木尾からの国道 
広い歩道があり、川を眺めながら歩けるのでなかなか良い。


IMGP2040.jpg
集落にある簡易郵便局
こういうのがどんどん生きてくると、村単位でもっと活性化されるとおもうんだけどなぁ・・・


20141110近露~小広・発心門~本宮大社 (46)
三軒茶屋の道標

IMGP2042.jpg
中辺路

IMGP2043.jpg
中辺路

IMGP2045.jpg
オートシャッターで到着ジャンプ☆
へとへとだったお友達も一気に元気

IMGP2066.jpg
無事到着おめでとう~^_^


Buen Camino^_-☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/910-6c015307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熊野古道・小雲取越の修復作業 «  | BLOG TOP |  » Happy Birthday to friends in 日和

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。