topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年会2015in赤倉 +秘境ルート  - 2015.01.26 Mon

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

1月26日~27日の2日間、「外あそびプロジェクト」のコアメンバーとともに、熊野市赤倉の山里民泊あかくらにて秘境忘年会を開催しました。

まず、この赤倉。

人口数人のいわゆる限界集落のひとつで、現在でも携帯電話の電波が入りません。ここであまご養殖業「赤倉水産」を営む中平孝之さんが同時に経営している民泊がこの「あかくら」です。今はやり?の圏外旅行のまさに先進地であり、ここに泊まる日ばかりは日常の雑念、電波場のつながりを一切断つことができます。(実は私も数年前、半年ほどここでスタッフをさせていただきました^^)


そして「外遊びぷろじぇくと」


紀伊半島東部の大自然豊かな地域を遊び尽くそう!!」そんな志を持ったメンバーが立ち上げたアウトドアプロジェクトです。


泊まりメンバーは、焼き鳥屋「大吉」尾鷲店オーナー兼尾鷲市馬越にある旅人の宿「コテージ・ウッドペック」オーナー兼黒にんにく販売兼・・・・のまっさん、、奈良県上北山村で地域おこし協力隊として活躍している同年代のKちゃん、素潜り&山歩き(山走り)名人S木さん、大峰、熊野古道のトレラン走行距離はおそらく世界一であろうU君、そしてはるばる豪雪地帯岐阜県白川村からやってきた山岳ガイドわんたろうさん夫妻、私の 6人、そして翌日の秘境トレイルトレッキングは、外遊びぷろじぇくと発起人の一人で古道発掘プロ兼藪漕ぎ隊長、U山先生、平気で100km以上の距離を走る驚愕トレランナーのNさん、Sさん、山んばさんが加わりました。



まず、山里民泊あかくらの食事は基本、調味料以外はすべて赤倉周辺の地域で作られたものです。あまご塩焼き、あまごお造り(醤油は自家製のあまご魚醤)、猪鍋、シカ肉ハンバーグ、赤倉で採れた野菜を使った数々の品・・・季節外れの低気圧通過による雷鳴を聞きながらお腹がはち切れそうなご馳走を囲んでお酒と会話は進み、「まだ11時くらいだよね」なんて思っていたらすでに午前2時・・・


その後もしばらく話は進み、「よくこんな変人が集まったものだわあははは」との言葉をくくりにその日は午前4時に眠りにつきました。


IMGP1349.jpg
最近オーナーの中平さんが設置したという懐かしいランプ


IMGP1352.jpg
七輪で焼かれるあまごの塩焼き


IMGP1364.jpg
あまごお造り 自家製ならではの豪華さ!!!
ちなみに、この下に敷いてある大根つま、チサ菜も赤倉の畑で採れました


IMGP1366.jpg


翌日27日は、赤倉の少し下流にある場所から入るガンガラ滝を経由して、この地域の聖地であり修験の山であった妙見山に抜ける裏巡礼道秘境ルートを歩く予定でした・・・が、ガンガラ滝の上にある朽ち果てた鉄製の道がついに通れない状態になっており、泣く泣く撤退・・・。増水のため難儀して渡った沢を再び戻り、一行は車を50分かけて御浜町神木へ。ここは私たちがスタートしたガンガラ滝から見て妙見山をはさんで反対側に位置しており、妙見山まではよく整備された巡礼道が残っています。本来ならここに出てくる予定でしたが、やむを得ずコース変更となったため、表側から歩くことになりました。


今回のコースを完全踏破したときのジャーナル(2014年3月11日)

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/blog-entry-866.html




img_0.jpg
地図 緑船が今回歩いた道で、赤線はルート状況のため歩けなかった区間です
(U山先生より)


IMGP1369.jpg
県道52号からトレイルに入り、ガンガラ滝へ
この道は奥熊野から妙見山へ参る古来からの道です

IMGP1371.jpg

IMGP1376.jpg

IMGP1377.jpg
途中の沢渡り区間 
夏なら泳いでしまうんだけど、1月下旬のこれは結構つらいです~
(でもみんなテンション全開でした^O^/)

IMGP1372.jpg
道中祀られている耳島様
耳の病気平癒にご利益があるといわれています


IMGP1373.jpg
かなり増水しているガンガラ滝

IMGP1375.jpg
そして問題の場所
中央やや左寄りに見えている崩壊中の道、横木が崩れていて危険と判断・・・ここ一か所だけのためにやむなく撤退
ちなみに、増水のため、トラバースも一切無理でした。


P1170363.jpg
ちなみにこれは難なく行けた去年の状態  横木がまだ健在です
きっと、昨年夏~秋の台風で壊れたと思われます



IMGP1386_20150201232130b2d.jpg
車まで戻り、50分かけて反対側の神木へ

IMGP1388_20150201232132dc8.jpg
神木側の歩きやすい旧巡礼路

IMGP1389.jpg
この石灯籠は、体力弱者など上まで詣でられない人々の遥拝所とのことです


IMGP1393.jpg
妙見山山頂


IMGP1400.jpg
妙見倉 この奥にある巨岩がご神体です


IMGP1384.jpg
ふもとの原地神社に戻ってきました



この後は熊野市のファストフード店で談話し、解散しました。



Buen Camino^_-☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/888-9d681bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2月1日 三木崎→元盛松 «  | BLOG TOP |  » 1月7日―9日 年始熊野古道伊勢路踏破

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。