topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀伊半島最深部のトレイルを行く - 2014.04.24 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


タイトル・・・な~んて大げさなこと書きましたが、このあたりのトレイル好きには定番の大峰山脈は弥山&八経ヶ岳のことです^O^


今日は熊野から津へ帰省する際、久々にここを歩いてみたいと思い立ち、国道169号経由で行きました。本来はトレランスタイルで、行者還トンネル西口起点に弥山&八経と、反対側の行者還岳をも往復と考えていたのですが、朝の出発が遅かったのと、トレイル上に想像以上に残雪があり、思うように走れなかったので結局は普通のトレッキングとなりました。今年はとくに2月に雪が多かったでしたからね~^^;



(1)_20140424231404202.jpg
行者還トンネル西口駐車場 
この国道309号がなかったころ、当然だけれども大峰山域は選ばれしもののみが足を踏み入れることが許される山域でした。この紀伊半島横断国道(もとは林道)が開通して、老若男女誰もがトレッキングできるようになりました。


(2)_20140424231406c53.jpg
ちなみに、現在は駐車場が有料となっております~


(3)_20140424231407291.jpg
登り口


(4)_20140424231409b57.jpg
数分間はこのような道を歩き・・・


(5)_201404242314105ab.jpg
ハンドメイド風のかわいらしい橋を渡った後は本格的な登りが始まります


(6)_20140424231424d86.jpg
行者還トンネル西口から大峰山脈主稜線(以下、大峰奥駈道)へのこの尾根はシャクナゲが群生しています。
現在はまだつぼみでした。今年は花が多そう^^


(7)_201404242314264fd.jpg
奥駈道出合 ここで大峰奥駈道に合流します 登山口からの標高差およそ500m


(8)_20140424231427179.jpg
弥山まではこんな感じのトレイルを行きます


(9)_2014042423142863e.jpg
弁天の森ピーク(1640m)を過ぎると、正面に弥山・八経の図体がドドーンと現れます!


(10)_20140424231430e22.jpg
このあたりから残雪が
アイゼンを使うほどでもなかったけど、けっこうこの先歩きにくいです^^;


(11)_201404242323265ca.jpg
行場 聖宝ノ宿跡
ここから弥山に向けて勾配が増していきます
木段が多いですが、その木段を覆い隠すように残雪があったので、さらに登りにくかった~!!


(12)_20140424232327f62.jpg
行者還、大普賢岳など、大峰奥駈道北部方面を一望


(13)_20140424232328a19.jpg
振り返れば歩いてきた尾根も全貌できます~


(15)_201404242323315e5.jpg
まだ営業していない弥山小屋
大峰山脈主稜線上では唯一の有人(4月下旬~11月下旬)山小屋です(宿坊除く)


(14)_201404242323308af.jpg
下のほうが雪に埋まり、随分と低く感じる弥山神社鳥居


(21)_20140424234250ca1.jpg
弥山神社


(17)_2014042423235312f.jpg
国見八方睨みから熊野3600峰
熊野3600峰とは、熊野地方の山深さを例えた昔からの表現ですが、これほどまでにも否定しようのない表現がよくあったものだと実感・・・


(16)_20140424232352aa8.jpg
八経ヶ岳へ およそ30分の縦走


(19)_20140424232356c33.jpg
近畿地方最高峰 八経ヶ岳1915m
この日、山頂では群馬県からのハイカーと出会いました。彼はこの早朝、大台ケ原山を歩いた後、こちらに来たとのこと。この後は四国に向かい、剣山と石鎚山を登るとのこと。見事な「西日本に位置する日本百名山数珠つなぎツアー」!


(18)_2014042423235551f.jpg
八経ヶ岳から釈迦が岳に至る大峰奥駈道を見る
何のエスケープもない、居ても立っても前を向いても振り返っても良くても嫌でも「道」が目に入ってくる、たまらないルートです^^


(20)_2014042423235913e.jpg
嬉しそうに春を待ちわびる大峰の山肌



そして帰路は、同じ道を戻るのですが、私はより長く尾根歩きを楽しむため、今回登ってきた尾根の出合からさらに行者還岳方面へ30分ほど尾根を歩いた先の一ノタワをめざし、そこから登山口へ降りようとしました。この間の30分の尾根歩きがまた素晴らしいんです~


そこで、一ノタワに立つボロ小屋を過ぎて、そこから下山をしようとしたところ・・・・



道がない!!!



この下山ルートは過去に2度歩いたことがあるのですが、足場が歩くけっこう荒れていたため、私が前回に歩いた5年前から今までの間に閉鎖(もしくは自然荒廃)された可能性があります。今回は地形の詳細が書かれている1:25000の地図を持っていなかったため、ここからの下山は断念し、今朝登ってきた出合までまた30分戻りました~ お陰様でさらに余分に30分も尾根歩きができたぜ^皿^;



(22)_201404242342520ae.jpg
一ノタワまでの大峰奥駈道


(23)_201404242342534c6.jpg
一ノタワ避難小屋(5年前の時点で相当ボロだったので、まだ残っていたことにびっくり)



そして行者還トンネル西口登山道からは国道309号、169号、166号を使い、津に帰省しました~



(24)_2014042423425406c.jpg
国道309号線

え、酷道!?失礼なこと言うんでない!!これでも大阪と熊野をつなぐれっきとした大動脈でい!!(笑)



(26).jpg
そして国道169号
言わずと知れた紀伊半島縦断道で、それはもう一昔前は「冒険」の域だったらしいけれど、現在ではほぼすべての区間が2車線で、こんな立派なループ橋までが施されています!



Buen Camino^_-☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/871-e2653982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熊野のゆる~い一日 «  | BLOG TOP |  » mont-bell

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。