topimage

2017-06

姫越山&芦浜トレッキング - 2014.04.08 Tue

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆



4月7日、幼なじみの友達と大紀町錦の姫越山周遊トレッキングに行ってきました。錦→尾根を経て姫越山へ直登→芦浜池分岐→芦浜→海岸部に沿うトレイル→魚見小屋跡のある尾根→錦という大満足周遊コースです!

503メートルという高さがありながら、波の音や沖行く船の汽笛が聞こえるほどの海との密接間、どこまでも続くウバメガシのトンネル・・・どっぷりと自然と解放感に浸かりたい方には真っ先にお勧めしたいコースです。コースの途中に芦浜という海岸があるのも嬉しいですね。ここでの昼寝はサイコー^^



ashihama.png
コース間略図
商業用でないのをイイ事に、おおざっぱでございます^^





P1180348.jpg
津波避難コースにもなっている登山口
かつて、何度も東南海地震による津波の被害を受けた錦地区にとっては大切な避難路の一つ


P1180350.jpg
少し登ると、ウバメガシ林越しに錦地区を一望できます


P1180353.jpg
気持ちのいい尾根とウバメガシのトンネルが続きます。ただし、はじめはしばらく急勾配の連続ですよ~


P1180351.jpg
見渡す限りウバメガシ~!!!!



【ウバメガシのお話】
ウバメガシと言えば、誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「紀州備長炭」の原料となる木です。温暖で多雨な地帯に生息するこの木は木目の密度が高く、豊富な脂分をも含んでおり、非常に質の高い炭を生成できます。熊野灘沿岸部では、昭和中期ごろまでは山中で備長炭を焼くことによって生計を立てていた若者も少なくなく、この辺りの山中ではウバメガシ林の中に多くの炭焼き釜跡が見られます。また、複数の下部に分かれている樹齢の比較的若いウバメガシが多いのも、このためです。ほんのつい最近までは、その地にある環境を利用してその地の経済をまかなっていくサイクルが身近にも存在していました。安価な外国産の炭が入ってくるようになり、熊野灘沿岸部に無数にあった炭焼き場は現在では激減し、三重県内ではほんの数件を数える程度となってしまっています。


P1180358.jpg
尾根中の展望台で一休み~


P1180354.jpg
そこからの眺め


P1180356.jpg
ズームアーーーーーップ!!!
ここ、なんと尾鷲の三田火力発電所の煙突が見えるんだぜぇ~~(>▽<)/


P1180362.jpg
沿道の花たち
シキミ、そして・・・


P1180363.jpg
アセビ(馬も酔うほどの毒草、馬酔木と書きます)


P1180364.jpg
姫越山の名前の由来ともなっている、この地で行き倒れてしまったお姫様と、お連れしていたご老人を祀った姫塚、爺ヶ塚が道中で見られます(写真は爺ヶ塚)


P1180369.jpg
姫越山503m!
名のある低山ではお約束の(笑)登頂者オリジナルプレートに彩られています~
こうしてみると、レリーフになっていたりと凝ったプレートも多いんですよね^^


P1180367.jpg
空と海に圧倒される眺めが姫越山での楽しみ☆


P1180370.jpg
眼下には芦浜池


P1180375.jpg
うららかな春のの~んびり山頂タイム
1時間もいてまったよ~^▽^;


P1180378.jpg
来た方向に10分ほど戻り、芦浜への分岐へ


P1180381.jpg
今度は急な下り スリップ注意ですよ~ん


P1180383.jpg
こちらもルンルン尾根道



P1180387.jpg
そして、1時間半後、芦浜の海岸へ


P1180388.jpg
たった数時間の間に大海原と樹林が。
三重県民でよかった~と思うひと時^^


P1180395.jpg
国内外、いろんな海岸を見ている私だけど、やはり故郷三重の海はなんだか違う。
同じく三重県出身で、あちこち行っている幼なじみにこのことを言ってみると「思い出もあるし幼少期から見ているって
ことも大きいだろおうけど、やっぱ三重県独特のこの“ゆるさ”じゃない~!?」と。むっちゃ納得~☆


P1180398.jpg
芦浜からは2時間かけ、海沿いに残るトレイルを歩きます。この山寄せのトレイル、かつて志摩から熊野へと至った「熊野脇道」の一部なんですよ。こんなとこにもあるんです、熊野古道!


P1180411.jpg
その昔、ブリが網にかかるのを見張りっていたといわれる魚見台からの熊野灘。熊野灘沿岸各所にあったこのような魚見台は電話線やレーダーの開発により、その役目を終えました。


P1180413.jpg
これぞ紀伊半島!と思える光景


P1180415.jpg


P1180410.jpg
錦に戻ってきました~


P1180421.jpg
錦漁港



P1180418.jpg
オマケ☆



Buen Camino^_-☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/869-5a72629f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

mont-bell «  | BLOG TOP |  » 馬越・de・エスパニョール y エスパニョーラ

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (9)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる