topimage

2017-07

滝から聖地へ、そして再び滝へ ~原始世界が息づくトレイル - 2014.03.14 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


熊野市の最奥地、赤倉から流れる尾川川支流にあるガンガラ滝より、ひっそりと残る妙見山への巡礼路、そして道なき道を経て御浜町神木奥地にある不動滝までを歩いてきました。

妙見山~鵯山~鷲の巣山と続く分水嶺の稜線をまたぐこの秘境トレイルは至る所で名もなき巨木、滝、岩に出逢えます。岩に食い込む巨木の根を見ては、クリスタルブルーの滝つぼを見ては歓声の絶えない私たち。きっと昔の人も驚き、恐れ多いと感じ、そして祈って歩いていたことでしょう。

これって・・・まさに熊野信仰のすべての原点ではないでしょうか。そう考えると、このあたりってもっとも「熊野」を感じられるエリアっていえますよね!


自然全般を尊い思う気持ち、それらが根付いた紀伊半島の巡礼路・・・・いや、この思想は熊野地域だけでなく、ここから太平洋を経た沖縄やバリ島までにも及ぶ壮大な思考。沖縄のセイファー御嶽によく似たお不動さんをみて、そして山頂から見渡せた雄大な太平洋を見て、、、とてつもなく広範囲に拡散していった自然崇拝の偉大さを全身で感じた歩き旅でした。


この日は私と「メイドイン熊野の量り売り・木花堂」の店主Sちゃん、地元に長年住む案内役のNさん(トレランナー)、Iさん(農家軒シーカヤックガイド)の4人でした。とても頼りがいのあるNさんとIさんはなかなかの饒舌で、所々で爆笑トークをしてくれます☆


とくに面白かったのが「マイ滝」!
「滝はご神体として崇拝対象になっていたけど、その自然崇拝だって〝お、いい滝を見つけたぞ!これはおれの滝だ〝 〝お前やるな!じゃあ俺はさらに大きいのを見つけてやる・・・お、見つけたぞ!これはおれの滝だ〝なんて会話から始まったんちゃうか~!?“ってな流れで始まったんじゃないかな~ 夢もロマンもないけれど、案外そんなものっちゃうか?」というお話です。そういえば、全国各地、人の名前が当てられた滝や山ってけっこうありますよね。


今では美しい伝説となっているものでも、案外他愛ないことから始まっているものかもしれないですね^^



P1100676.jpg
尾川川沿いの県道52号よりトレイルに入ります。
ガンガラ滝までのおよそ35分はこのような広く歩きやすいトレイルが続きます。
これは育生側から聖地妙見山に参った道、そして育生と神木をつないだ旧生活道です。


P1170345.jpg
まだバイカオウレンが咲いていた!


P1170346.jpg
前日の雪でうっすら雪化粧した山林


P1170347.jpg
かつてはつり橋で渡っていた河原、現在は沢を渡ります。
ちょいと危なっかしい!?


P1170359.jpg
ガンガラ滝の滝つぼを上から見る。
吸い込まれそうなディープ・ブルー!


P1170364.jpg
ガンガラ滝から先は台風などの影響で荒れている箇所が多いです
この鉄板道もこのとおり・・・


P1170366.jpg
いくつもの沢を渡り(飛び越え・・・)


P1170368.jpg
マリモみたいなかわいいコケ♪


P1170374.jpg
名もなき沢
ここにあるのは紛れもなくホンモノの熊野


P1170377.jpg
透き通る沢はまさに山の体液


P1170388.jpg
道中見える巨岩
大丹倉!?いいえ、「白倉」と呼ばれる岩です。


P1170390.jpg
うっすら雪が残る道



P1170407.jpg
妙見山頂からの絶景


P1170412.jpg
まるでジオラマのような七里御浜沿いの町


P1170415.jpg
妙見山から先は道なき道を経て不動滝へ。
このよに巨岩の連続です。


P1170419.jpg
案内役のIさん、Nさんがいなければこれは難しいよ~(笑)


P1170441.jpg
不動滝のある谷の一つ西側に位置する谷にある、名もなき大きな滝の上


P1170451.jpg
樹齢30年ほどはある杉と同じくらいの太さのこれ、ツタです!!


P1170452.jpg
巨岩!!!!


P1170459.jpg
名もなき滝の下へ。


P1170489.jpg
ため息が出るほど透き通った美しい沢のよどみ


P1170507.jpg
そして不動滝へ


P1170513.jpg
沖縄本島南部の聖地「斎場御嶽」をほうふつさせます。


P1170517.jpg
そして、まるで秘密の迷路のような神木の里に出ていきます。

P1170556.jpg
見て、このノスタルジックな一枚!





Buen Camino☆
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/866-5a705cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カミーノ・デ・クマーノ «  | BLOG TOP |  » 人・海・さかな展

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる