topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾鷲トレイル最深部踏査again - 2013.01.08 Tue

8日、『尾鷲トレイル』最難部の踏査をしようという友人のまっさんからのお誘いで、行ってきました。私と同じく召集(笑)されたのは、友達で『メイドイン熊野の量り売り*木花堂』オーナーSちゃん、トレイルランナーのゆうじん友君、友君の友人コウちゃんという強者ぞろい。タイトルの通り、ここの踏査はこれで2回目。全行程9時間半のロングコースとなっています。


前回の踏査(2011年11月)の様子はこちらをご覧あれ。
http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/blog-entry-633.html


そもそも、尾鷲トレイルとは何ぞや?
三重県南部に位置する尾鷲市街地をぐるりと囲むように憚る尾根筋・・・人はそれを尾鷲トレイルと呼ぶ・・・この尾鷲トレイル、紀北町との境に当たる猪鼻岬を起点に、小山狼煙場跡~オチョボ岩~天狗倉山~熊野古道馬越峠~便石山~400メートル峰~汐ノ坂峠~汐ノ坂山~高峰山~矢ノ川峠~熊野古道八鬼山をつなぐ尾根のことを指します。ヒメシャラ、シャクナゲ、モミ、ツガなどの自然林に覆われた区間、岩がごつごつと露出したアルペンムード漂う区間、適度なアップダウンなどバラエティに富み、紀伊半島最深部の険しい山並みとどこまでも雄大な熊野灘を同時に眺められることから、地味ながらもスルーハイカーの目を惹く要素がそろったロングトレイルです。通常は3泊4日、健脚で2泊3日ほどを要し、市街地に密接していながら楽しむことができるロングトレイル作りを目指して現在仲間と共に調査をしています。



2013年1月8日は、そんな尾鷲トレイルの中でも、エスケープルートもなく最も行きにくい“最難部”を踏査しました。の行程は以下の通り。

7:22   小原野奥林道終点
7:40   堰堤
8:25   汐ノ坂峠
9:17   汐ノ坂山
11:00  檜尾峠
12:10  大キレット(笑)
13:05  高峰山(休憩25分)
14:00  古川山
15:00  矢ノ川峠
16:55  千仭橋北詰(国道42号出合)



【小原野奥林道終点~汐ノ坂峠】
P1100195.jpg
小原野奥林道終点 START!!

P1100196.jpg
いきなりこんなガレ沢ののぼりが始まります

P1100197.jpg
すぐに堰堤に出ます

P1100198.jpg
堰堤からの尾鷲市街地

P1100203.jpg
しばらくは沢に沿った急登 崖のような箇所多数あり
ここはかつての“汐ノ坂越え道”。沿岸部と山間部をつないだ古道です

P1100204.jpg
古道沿いに残る炭焼釜跡にあるこのかずらは“ハートオブジェ”と命名

P1100211.jpg
汐ノ坂峠着!!ここで尾根に出ます
これにて本日の行程1/10終了。


【汐ノ坂峠~汐ノ坂山】
P1100214.jpg
標高580mの峠からはさらにのぼりが続く・・・

P1100216.jpg
このあたりからシャクナゲ、そして杉の大木が出てきます

P1100220.jpg
汐ノ坂山(868m)


【汐ノ坂山 ~ 高峰山】
P1100227.jpg
汐ノ坂山の後はしばらくこのような尾根が続く

P1100229.jpg
ヒメシャラ平

P1100247.jpg
落雷に遭った木
内部は真っ黒焦げの炭状態 恐ろしい>Д<;

P1100262.jpg
大キレット もう最高部、高峰山は遠くない

P1100275.jpg
さあ、まだまだ頑張って登る!歩く!!

P1100278.jpg
尾鷲トレイル中最大の杉 “杉太郎君”で~す!!

P1100276.jpg
そこから見おろす尾鷲の街

P1100291.jpg
ごつごつした岩場が見えれば、もう高峰山直下

P1100308.jpg
高峰山へ!!


【高峰山 ~ 矢ノ川峠】
P1100328.jpg
二等三角点を持つ高峰山頂(1045m)

P1100331.jpg
そのパノラマは抜群!! こちら尾鷲方面

P1100324.jpg
北西部 はるかかなたに大峰山系核心部

P1100322.jpg
北部 でんと構える大台ケ原

P1100316.jpg
南西部 大峰山脈南部がずらり

P1100333.jpg
山頂を後に

P1100337.jpg
こぶのある木 なんかどうしても顔に・・・(5人一致で)

P1100347.jpg
最後の難所、古川山へののぼり返し

P1100353.jpg
古川山 なかなかすっきりしたピーク

P1100352.jpg
これから向かう矢ノ川峠


【矢ノ川峠 ~ 千尋橋北詰42号出合】

P1100375.jpg
矢ノ川峠 尾鷲と熊野をつないだ重要な生活道、そして難所でした

P1100375.jpg
まだ行く先はこんな下!!!!(あの谷底にゴールが)

P1100377.jpg
旧矢ノ川道を8.5km延々歩く

P1100379.jpg
矢ノ川隧道 現在は、はるか下方を通る国道42号矢ノ川トンネルに

P1100385.jpg
おととしの台風12号による土石流に流された蔭谷橋

P1100393.jpg
土石流の凄惨さ・・・

P1100403.jpg
国道42号千仭橋

P1100407.jpg
ハイ到着☆

P1100408.jpg
“現道”国道42号
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おめでとうございます。

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
中々お会いする事は出来ませんがこのブログはいつも拝見しています。自分の考え、夢、生き方を持って常に前向き上向きに生きているノッティーさん!

熊野古道から世界の道へ!熊野の山奥?(失礼)に住みながら心は世界へ!鈴鹿の(お山の大将)の山ねずみとはスケールの違うノッティーさん!

とてもノッティーさんのような考え生き方は出来ませんが山ねずみは山ねずみなりに自分の道を生きて行きたいと思います。
ノッティーさんの1ファン?としていつも応援しています。今年もこれからもノッティーワールドで頑張ってください。
今年もよろしく!難しいでしょうがまた会える時を一緒に登山出来る事を願っています。

やまねずみ様!!

津からどんどん遠ざかっているノッティです・・・・。
明けましておめでとうございます。こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。
私こそ、やまねずみさんのことはお会いする前からファンでしたよ~ ホームページがあまりにも有名すぎて(笑)、以前から存じていました~7年前、行者還でまさかの初対面を果たしたときは、芸能人にでも会った気持でした^曲^

そんなやまねずみさんにこんな応援のお言葉を頂けるなんて・・・まだまだぶれることが多い私ですから、やまねずみさんの応援に応えられるそれ相当の人間にならなきゃと、改めてカツを入れられました!!

今年の目標の一つとして、絶対に一度はねずみさん、そしてあっちゃんとの再会を挙げさせていただきますっ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/754-761991c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忙しい時用グルメ «  | BLOG TOP |  » 七草茶がゆ

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。