topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九木崎原生林 - 2011.04.12 Tue

10日の日曜日は、仲間3人と一緒に尾鷲沿岸部に突き出る九木崎の原生林を歩いてきました。ここは屋久島にどことなく似た原生林独特の神秘的な景観が広がる場所ですが、かつては岬周辺にブリ大敷き網見張り小屋があり、見張り人が足繁く通った生活道も通っています。電話線が開通して以降はその役目を終え、それ以降この道はハイカー、史跡調査者、そして釣り人がごくたまに行き交う程度となっています。

常に外洋から打ち付ける波音が響き渡る静寂な原生林の中を注意深く見ると、かつてこの道を守った石積み構造や炭焼き釜などが至る所に見え、自然に返った今でもしっかりと人々の営みが記憶されていました。


P1130233.jpg
九鬼の町から原生林トレイルにはいると、まずは植林の道がでてきます

P1130264.jpg
徐々にこんな光景に・・・

P1130239.jpg
   道の谷側には崩壊を防止する石積みがしっかりと残っています

P1130236.jpg
         自然の力で割れた岩 

P1130242.jpg
途中で満開のヤマザクラに出会う

P1130248.jpg
九木崎の突端 照葉樹の先には大海原~


途中、原生林トレイルを外れてオハイと呼ばれる場所に寄りました。ここは岩盤の上が開けていて間近に海が眺められるポイントです。「オハイ」の名前の由来が不明なのですが、ここで仲間同士で議論が始まります(笑)私は「南風(はい)が吹くことを願い、南風を敬うために御をつけて御南風としたんじゃないかな~、ほら、ここもろ南向きだし~」なんて勝手なことを言ったりしていました☆仕事柄キチンと調べなきゃダメなので(汗)、由来がわかったらまたここにてお知らせします~


P1130253.jpg
    オハイの岩盤を伝う沢の水

P1130255.jpg   
    山の養分をたっぷりと含んだ水はそのまま海へ流れ出ています

P1130258.jpg 
     オハイ全景 ダイナミック~!!


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/481-aa1cea32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なんだかタイムカプセルのよう☆ «  | BLOG TOP |  » 4/12『なにげない一枚 by nabi14』更新しました!

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。