topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然に対する認識 - 2011.03.14 Mon

12日は熊野古道トレッキングガイドで八鬼山へ行っていました。
天気も良く、皆健脚で予定通り、何事もなく終了しました。
この事だけでしたら平穏な一日を過ごせたといえるのですが・・・

前日11日には東北、関東地方で未曾有の大震災がありまし
た。そして、この地域にも津浪警報が発令されました。震災に
関係ない地域でも当然のごとく12日はイベントの中止、自粛・・・

今回のツアーは出発地点、ゴール地点が思いっきり海抜ゼロメ
ートルだから、状況、現地の地形などを踏まえた上で判断して
ほしいと伝えました。

しかし、当日になってもツアーを主催する旅行会社からは何の
連絡もありません。待ち合わせ時間通りに集合場所に行ったら、
バス9台分、計100名以上を載せたバスの列が次々に到着し
てきました。お客さまはそれぞれ滋賀、京都、大阪から。

こちらが何を促しても決定権はあくまで主催者側にあり、来てし
まったからにはご案内するしかありません。せめて、ゴール地点だ
けでも海抜のあるところにとお願いしたのですが、結局海抜ゼロ
メートル、それも海岸ぎりぎりでバスが待機しているではありませんか・・・

「これ、津浪警報発生時の光景・・・?これほど大きな旅行会
社の認識ってこんなもの?」
ちなみに、ガイドである私のほか、引率者は山をほとんど知らない
ような20代前半の新人さんのみ。

ツアー中、同じ日本で信じられない光景の中さまよっている人が
いるまさにその時にレジャーであるツアーをガイドしているもどかし
さに加え、こんな疑問が一日中離れませんでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一昨年は北海道の大雪山系でツアー会社の判断ミスで大量凍
死が起きました。そしてさらに前には南アルプスで天候判断を誤っ
たことによる落雷死亡事故も発生しました。

自然はいつ、どんなとき牙を向くかわからない、自然災害を食い
止めることは不可能でもある程度は人の経験と知識を持って命を
守ることは可能だし当然です。

自然を甘く見ないで頂きたい・・・
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/461-8c398c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

命を守る人たち «  | BLOG TOP |  » 今回の地震

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。