topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月4日・北アルプス1日目 - 2010.10.17 Sun

ただいま、実家へ帰っております。今回は土曜日に歯医者へ行くためでしたが、盆以降ゆっくり帰れなかったので久々にの?んびりしています^^ 大変お待たせしていた北アルプス周遊(9月4日、5日)の記事1日目をアップします。


カミーノの旅の直前に当たる9月3日夜?9月5日にかけ、恩師のT氏、友達のSちゃん、そして私の3人で北アルプス・穂高連邦周遊テント旅をしてきました。ルートは上高地を出発し、横尾山荘から涸沢へ入って涸沢カールテント場で1泊、2日目は急な岩場ザイテングラートを経て奥穂高岳(3190m)へ登頂し、その後は吊尾根、重太郎新道、岳沢経由で上高地に戻るコースです。中?上級者向きのロングコースですが、気心知れた愉快な仲間とともに笑いの絶えない山旅になりました^^☆



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
          今回の行程図  赤=9月4日   黄=9月5日

          長いのは赤ですが、黄のほうがかなりの難路です    



9月3日、20時に尾鷲神社に集合した私たちはT氏の車に乗り合わせ、いざ出発。伊勢湾岸自動車道の名所、刈谷パーキングエリアでおいしい豚汁に(暑い日だったけど・・・)舌鼓を打ち、その後は東海環状自動車道経由で中央道へ。その後は松本ICまで延々と中央道を走り、松本ICからは国道158号を走り、沢渡温泉街駐車場には未明3時に到着しました。上高地はマイカー規制されているため、現在は長野県側の沢渡、岐阜県川の平湯で車をとめてバスかタクシーで行かなければなりません。


1時間半の仮眠後、予約していたタクシーに乗り、上高地へ向かいます。上高地バスターミナルには5時半に到着。すでにタクシーで乗り付けた何人かの登山者がいました。私たちも登山届けを提出し、軽く朝食を済ませてスタート。


上高地から横尾山荘までの約3時間は、梓川に沿う非常によく整備されたハイキングコース「奥上高地探索路」をたどります。30分ほど歩いたところにある明神館までは一般の上高地観光範囲となっていますが、それ以遠はほとんど登山者の世界となります。ここはこれから私たちが行く涸沢、奥穂高方面のほか、常念、蝶ヶ岳方面、槍ヶ岳方面へのベースとなっているため、シーズン中は多くの登山者が行き交います。



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

       上高地 「五千尺ロッジ」前   にぎわうハイカー&登山者

みちびとのたわ事?A diary of route journey?

        早朝の奥上高地ハイキングルート 奥上高地探索路


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

        明神館前から見上げる明神岳

みちびとのたわ事?A diary of route journey?

                 徳沢園付近の梓川


午前8時10分、予定よりかなり早く横尾山荘に到着しました。ここからは槍ヶ岳へと向かう槍沢ルート、涸沢、奥穂高へと向かう涸沢ルートに分かれます。涸沢に向かう私たちはここから梓川に架かる横尾橋をわたります。そらはすこぶる快晴、突き刺すような太陽もようやく山の端から姿を見せます。ここでしっかり水分補給晴れ


横尾橋を渡った後はゆるい勾配のあるトレッキングコースとなります。しばらくして左側を見ると、そこにはわれわれを飲み込まんばかりの巨大な岩塊が。これは屏風岩といい、日本最大の規模を誇ります。アイガー、ハーフドームなど世界の壁を目指すクライマーも多く訪れるロッククライミングスポット。下から見ているだけで目もくらむ高さ・・・ショック!アップ



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

横尾山荘のキャンプサイト 背後には屏風岩も見えています


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

             横尾橋をわたり、涸沢ルートへ


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

              涸沢へのトレッキングルート


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

              屏風岩 日本版ハーフドームだ!



横尾から1時間ほど歩くと、本谷橋というつり橋を渡ります。この後、本格的な急勾配が涸沢まで続きます。涸沢までは約2時間半。今までの雑木林がみるみるうちに減ってゆき、森林限界になります。目の前が開けると北穂高岳を中心とした北アルプス主稜線が見え始めます。何度も行っている北アルプスですがこのスケールはいつ見ても見事ですね。



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

  本谷橋  ここで緩やかなコースは終了!!急勾配がお待ちかねで?すグー

     この橋、 11月から5月あたりまでは雪のはるか下なんです・・・

みちびとのたわ事?A diary of route journey?

         姿を現す北アルプス主稜線 中心の山は北穂高岳


ちょうど正午ごろ、涸沢に到着。さっそく私たちはテントを張ります。ここ涸沢はカラフルなテント村で知られている人気のテントスポットなんです。季節を通じて楽しめ、近年でははやりの“山ガール”なる人々の姿も(言ってしまえば私とSちゃんも山ガールなんですけどねニコニコ) ここから穂高を目指す人もいますが、多くはテント泊のトレッキングを楽しむためにここまでやってきてそのまま後日同じ道を引き返すパターンが多いようです。またはテントを置いたまま穂高を往復し、帰るというパターンも。そのため、年齢層もファミリーから年配者までさまざま。とっても賑やかなのです音譜ただ、私たちのようにすべての荷物を持って穂高に登り、吊尾根経由で上高地まで越えるのはかなりの少数派だそうです・・・


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

                 青空の涸沢カール  

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
                     テント村


ここで待ちに待った昼食タイム。昼食は私が前日に仕込んできたタイ定番料理、トムヤムクンとSちゃんが用意してきてくれた焼きおにぎり、そしてT氏が涸沢ヒュッテで買ってきてくれたおでんですにひひ乾杯をしておなかを膨らませた後は、お決まりの“シエスタ”ぐぅぐぅ



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

                    トムヤムクン


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

             これは欠かせないよね絶対♪



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

           午前中頑張った分午後はま?ったり☆


お昼寝明け後は涸沢周辺をぶらぶら歩いたり、またまたヒュッテでビールを飲んだりしながらゆったりと流れる山時間に身をゆだねていました。明日5日の私たちの出発予定は午前2時だったので、この日は早めに(17時)夕食を済ませ、18時には眠りにつきました。今年では一番、今までの人生でも指折りの“早寝”です得意げぐぅぐぅ



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

            夕食はSちゃん手作りのカレーライス 

 シナモン、ローリエなどのスパイスが利いていてめっちゃおいしかったよ?☆



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

          午後、ガスってきた涸沢はかなりひんやり


スポンサーサイト

● COMMENT ●

1 ■待ってましたー

涸沢カールの青空に原色のテント群は映えますね!
いつかテントを手に入れたら行ってみようかな?

今年はあと1回低山でよいので行きたいす

ちなみに最近、山用に一眼よりややコンパクト
なカメラが欲しいと思っています
Caminottyさんはどんなカメラで撮ってます??

2 ■ふっくさん

>ふっくさん

ずいぶん遅くなってごめんなさいね?(;_;) さっそくのコメント、ありがとうございま?す!!
カメラだけど、私はパナソニックの「LUMIX ×8」というやつですよ?☆2009年モデルです。
カメラにはまったく無知なので、店で色々見て画素や色がいいと思ったのを選んでいるにすぎないよ?
ふっくさんの参考になるかどうか(^ー^;)

これから紅葉本番だからいろんな山に行きたくなるよね? 中部地方は選択肢多いから迷うよね??

3 ■すごいすごい!!

山だね?!!(笑)綺麗♪
海ガール?の私もきれいな山の景色見たらこの目で見たくなっちゃった♪
でも一番誘われたのはキャンプのご飯だけど(笑)
空気も綺麗で美味しいだろうな?

この秋はお弁当持って遠足行こうかな♪♪

4 ■サトキチちゃん

>サトキチさん

サトキチちゃんは文句なしの海ガールだよ?(^O^)♪
お弁当いいなぁ?!!サトキチちゃんが一緒でさらにサトキチちゃん手作りなら、楽しさ美味しさ倍増だよきっと☆

よし、次会ったときは、ピクニック行こ?う!温泉とセットでね。

5 ■は?想い出が蘇るな?

今日は串本で海ガールしてきたSです!
今回のアルプスはほんっとにきつかったけど、ほんっとに記憶に残る登山になりました☆
テントでのトムヤムクンも生ビールも最高!だったし、ザイテングラードを登っているときの星空・・・・!そしてこのブログを見て、え。ザイテングラードこわっと今更思うSでした(^_^;)

6 ■sakeちゃん

>sakeさん

海ガールin串本、おつかれさ?ん☆ 海ガール、山ガールどちらにも変身できるアナタはほんと、ステキよ?(^O^)
私も書いていて次々と思い出が蘇ったよ?☆
次は御岳で山ガールしましょ?!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/358-2b27a81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9月5日・北アルプス2日目 «  | BLOG TOP |  » チリ、よかったですね!

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。