topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魚つき林と楯ヶ崎を楽しもう!!』ツアー無事終了 - 2010.02.22 Mon

海を肴に魚を食べるうえのってぃです☆

日曜日は、『魚つき林と楯ヶ崎を楽しもう!』の
ツアーが無事終了しました。
先月の17日(日)、31日(土)に続く海と森
シリーズのツアーで、今回の舞台は熊野市の遊木
という漁村と海に開けた絶景楯ヶ崎周辺でした。
黒潮の恵みと養分豊かな森によってもたらされた
豊富な魚介類、それを漁業という生業をもって独
特の文化を築いてきた地元住民の知恵を実感する
ことを目的としたツアーで、海を船で旅した後、
森を歩き、そしておいしいお魚に舌鼓を打つ内容
となっています。
午前10時、熊野市遊木に集合し、10時10分、
クルージング船で海へ繰り出します。海とともに
生きてきた地元のベテラン漁師、畑中氏の話を聞
きながら海をゆくこと約50分で楯ヶ崎半島の付
け根辺りに位置する阿古師神社に上陸。

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
            さあ出航!

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      どことなくヨセミテ・ハーフドームに似ています

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
                見上げる!

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
       見下ろす    30メートル底が見えてます!

みちびとのたわ事?A diary of route journey?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
              阿古師神社前の海

見事な魚つき林が残る楯ヶ崎半島のガイドを担当
するのは、熊野界隈の森を知り尽くした林業家鈴
木氏。20名のお客さまたちは大自然と人とのつ
ながりに耳を傾けながら初春の温かい日差しが注
ぐ森をゆっくりと歩いていました。

約1時間かけて楯ヶ崎半島の突端に到着目の前に
はどこまでも広がる大海原。何十回も来ている場
所なのにいつでも来たくなる場所です。天気も良
く空気も澄んでおり、はるか彼方には、西国観音
巡礼道としても使われた熊野古道中辺路が通る那
智や大雲山系が見えました。すぐ西側にはいずれ
そこへ通じる熊野古道伊勢路の曽根次郎坂太郎坂
の尾根が見えているため、“壮大なつながり”を
実感できます。地図を持って説明されてなかなか
実感が湧かない人も、ここで説明すれば「え?っ
この近くを通っている古道があんな所まで?っ!
?」と皆びっくり!


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

       楯ヶ崎半島の遊歩道


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

         千畳敷

みちびとのたわ事?A diary of route journey?

          楯ヶ崎


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

          釣り人


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

      那智・大雲山系を遠望


千畳敷をゆっくり満喫した後は崖っぷちの船着き

場から船に乗り、海金剛などの柱状節理断崖絶壁
を見ながら遊木へ戻ります。遊木に着いた後は地
元で今朝とれた新鮮なお魚料理に舌鼓。
午後は畑中氏のガイドで遊木の町をゆっくり散策
し、15時30分時間通りにツアーは無事終了し
ました。

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
               絶景 海金剛

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
昼食会場の民宿にて  こんなに大勢の人に来ていただきました

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
         地元の魚介類をふんだんに使った昼食

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
              遊木の町並み


この日は、文句なしの快晴、これ以上の凪は存在
しないと言われるの穏やかな海というベストコン
ディションでした。

海・・・それはかつて多くの旅人に夢を与えてき
た存在。すべての生命体にとって母なる存在。世
界をつないできた存在。そして熊野にも無くては
ならない存在。こんな大きな存在を一言「海」と
いってもその魅力はなかなか伝わらないもの。こ
ういうツアーを通じて一人でも多くの人に海がも
たらした文化、恵みを伝えていきたいです。

いつかは、熊野と大陸や南方世界とのつながりを
実感していただける企画をしたいうえのってぃで
す☆


スポンサーサイト

● COMMENT ●

1 ■無題

朝はこのブログ見られなかったわ(ノ_・。)
楯ヶ崎は行ったことがないので行ってみたいな。
確か八鬼山の帰りに眺めたわ。
本当に切り立った断崖絶壁だよね。

2 ■いいですね?

すばらしいレポートです
そっか?日本のヨセミテか?

うえのってぃさんは一流のガイドですね?。

まだまだ、日本も広いね。

3 ■今朝…

>ツボさん

アメブロがメンテナンス中だったようでこめんなさいね(;_;)

楯ヶ崎はほんと、日本離れしてますよね?!

4 ■ガンバさん

>ガンバさん

お久しぶりです。
私は今回はガイドではなく、コーディネーターにすぎないですよ?(苦笑)

でも、改めて思うけど、ワンゲル時代にあちこち行ったけど、小さな日本もまだまだ知らないとこだらけだなぁ?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/101-08336a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『☆本日の一枚☆』はじめますっ!! «  | BLOG TOP |  » ゾロ目day

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。