topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOC 女性のための熊野古道伊勢路&奥熊野トレッキング 2days - 2017.05.16 Tue

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

5月13日、14日両日は、モンベル・アウトドアチャレンジ(MOC) 女性のための熊野古道伊勢路&奥熊野トレッキング 2daysのガイドをしてきました。

5月13日
12:00三重県熊野市JR大泊駅 → 熊野古道松本峠 → 熊野市街地 → 獅子岩 → 16:00花の窟神社 → タクシーにて奥熊野天空の秘境、赤倉にある「山里民泊あかくら」

5月14日
8:30山里民泊あかくらを運営する赤倉水産のアマゴ養殖場見学 → 裏本宮街道を経て丹倉神社 → 表丹倉 → 大丹倉 → かしのと道を経て熊野市育生集落&古民家カフェ「ちゃや」 → タクシーにて丸山千枚田経由JR熊野市駅17:00解散

以上の行程でした。

この日のお客様は東海、関西エリアからの6名様。集合時はまだ土砂降りの雨が残っていたものの、お昼以降は雨も止むとの予報を信じ、1時間は無人駅の大泊駅で自己紹介&ランチタイム、予報は的中、13時前には雨も小康状態になってきました~

普段の行いの良い皆様~ありがとうございます~ by雨女ガイドw

P1280638.jpg
雨に当たることはなかったけれど、ぬれた石畳で滑らぬよう神経集中させながら・・・

P1280642.jpg
松本峠手前の撮影おすすめポイント
こういうお天気は神々しさが増します

P1280653.jpg
展望台に着いた時は真っ白でしたが、30分の休憩中でなんとか霧が去って行ってくれました

P1280659.jpg
築125年の古民家、紀南ツアーデザインセンターで休憩

P1280661.jpg
獅子岩withシラサギ なかなかこの位置に止まっているのは見られないです!

花の窟神社で参拝後、待機していてくれたタクシー2台に分乗し、35分かけて熊野の山中にある秘境赤倉へ。さっきまで大海原の怒涛を間近に歩いていたのに、たった35分でこれほどまでに深い山奥の集落になる環境の違いに参加者大驚き!

これがクマノなんですよね~♡


P1070950.jpg
これが山里民泊あかくら
あまご養殖の有限会社赤倉水産が運営しており、1泊1組限定です~

P1280680.jpg
山里民泊あかくらの目玉、あまご塩焼き

P1280687.jpg
あまごとジビエと手作り野菜をふんだんに使用した山のご馳走
(ジビエは猪鍋など オーナーの中平さんが猟で捕獲したものです)

今回のメンバーは酒飲み率高し(ガイド含め? w)、色々なお話で盛り上がりましたが、翌日も行程があるため、23時ごろにはみなさん、おとなしく就寝。


P1280693.jpg
5月14日朝食 
あまごみりん干し、あまご甘露煮、たくあん、梅干し、きゅうり醤油漬け・・・
ほぼ100%自家製食材です。 
主食は奥熊野一帯の郷土料理、茶がゆです。
お茶も周辺に生えている野生茶が使われています。


P1280696.jpg
民泊からの眺め

P1280697.jpg
山里民泊あかくら前にて、オーナーの中平さんとともに

P1280704.jpg
赤倉水産の裏手から、裏本宮街道の古道が続いています。
この街道はその昔、熊野の中心部から赤倉、玉置山を経て熊野本宮大社に詣でていた道とされますが、
あまりにも山深いため、のちに尾呂志や紀和の方を通るようになったとか
(これが現在世界遺産登録されている方の本宮道)

P1280710.jpg
赤倉の庚申さんを過ぎた後は丹倉林道に合流、この林道もほぼ裏本宮街道に沿っています

P1280708.jpg
巨岩をご神体とする 丹倉神社

P1280712.jpg
丹倉林道終点から片道25分のトレイル歩きでたどり着く表丹倉
まるで鳥瞰図のように育生の里、そして玉置山はじめ大峰山系を一望できます!

P1280715.jpg
表丹倉にて集合撮影

P1280725.jpg
そして、表丹倉からおよそ40分かけて大丹倉へと歩き、待ちに待ったお弁当タイム
今回も、熊野市の「かね久」さんの熊野古道弁当を注文しました

P1280722.jpg
お弁当風景

P1280740.jpg
大丹倉山頂

P1280741.jpg
集合撮影 on the 大丹倉

P1280752.jpg
大丹倉でまったりした後は、かしのと道を経て育生町へ。
かしのと道とは、大丹倉から育生町へと続くさきほどの裏本宮街道の一部です。
割と道幅も広く、道のわきの立派な石積みも残っています。
まだ車道がないころは、赤倉や丹倉の子供たちは通学路としても使っていました。

P1280761.jpg
およそ50分のかしのと道トレッキング後、育生町へ。

P1280768.jpg
お昼前に歩いた表丹倉を育生町から眺める。
見ていた景色の中を歩くのって、何だかうれしいし不思議な気分になるんですよね~


P1280772.jpg
田植えの始まったのどかな育生町を歩くことおよそ20分、
とってもおすすめの古民家カフェ「ちゃや」に着きます~

P1280773.jpg
ちゃやでコーヒーと自家製ブルーベリーアイスクリームを頂きます~!
ちなみに、ちゃやのメインは何と言ってもジビエカレーです!
(今回はお弁当の後でしたので)


18492618_1406763152713521_1107953512_n.jpg
16時、タクシー乗車後、丸山千枚田経由でJR熊野市駅へ向かい、17時、無事解散。
日曜日のこの日には、水を張った千枚田を収めようと県内外からたくさんの観光客が訪れていました。


修学旅行にも通じるようなノリを大人になっても楽しめる女性限定ツアー、今回もみなさま大喜びでした~


Buen Camino^_-☆












スポンサーサイト

● COMMENT ●

大丹倉登山

今晩は。
楽しそうなトレイルですね。
30日、育生町から「かしのと道」経由で大丹倉表と裏行きます。
「ちゃや」は繁華街にあるのですか?
その後、嶋津に行きます。

こんばんは。今日木組峠行って来ました。
伊勢山の会の本を参考にさせていただきました。所々にNTRCのテープが巻かれていました。とても役にたちました。ありがとうございます。

紀南の山好きさん、ご無沙汰しております^^
かしのと道は、その昔、熊野市街地と玉置山、本宮を結んでいたことがあったといわれる
裏本宮街道の一部と言われています。広義の意味での熊野古道だと思うと、ロマンありますよね!
育生からかしのと道経由の表丹倉、とても気持ちの良いルートですね~

「ちゃや」さんは育生から北山村方面にほど近い場所にあります。繁華街(と呼んでいいのかどうか・・・笑)からは県道52号沿いに北山村方面へ向かうと、右側に大きな看板とのぼりが立っている古民家が
見えてきますが、そこです。平日には周2日お休みがありますが、土日は営業しています。

NTRCさん、私の仲間ですが、本当に私も頭が上がりません。彼らの地道ながらもものすごく体を張る努力が、埋もれていた魅力あるトレイルを蘇らせていくのですよね。本当にすごい人たちです。そして、NTRC
のメンバー自身が、自分たちの活動を誇りを持ってやっていらっしゃいますからね。

こんばんは。
表舞台には出ない熊野古道ですか?
4月に七色ダムから不動トンネル上の山へ行きましたが、雨天のため中止しました。帰り道北山から紀和町赤木城跡に向かいました。「ちゃや」は多分その道中だと思います。
今回、板屋から嶋津に行きますので逆方向ですね。
木組峠、ベテランの方も初登山で感激していました。オレンジテープが頼もしい✌
今後も、楽しそうな山あればよろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/tb.php/1008-58e8ac46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裏本宮街道経由の玉置神社&熊野本宮巡礼 «  | BLOG TOP |  » ~メグナミ街道の旅 5月5日~5月7日編 ~

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。