topimage

2014-06

行ってきます&ちきゅうの道プロジェクト用ブログ(現時点ではハリボテ状態 笑) - 2014.06.19 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

facebookではすでにお知らせ済みですが、この6月21日より10月半ばまで「ちきゅうの道プロジェクト Kumano to Santiago第三弾」の遠征に出かけます。その間、イラスト、ガイド業務を休止いたします。いつもお世話になっている皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますm(_ _)m

当ぷろじぇくと専用のブログも立ち上げました。まだ外見だけですが(笑)、この旅の現地発信+2012年、2013年分の旅行記も帰国後編集します(多分遅くなるけど・・・) 

ちきゅうの道プロジェクト Kumano to Santiago
http://nabi14.exblog.jp/


今回の旅ですが、イスタンブールから徒歩でサンティアゴという当初の予定がありましたが、ノービザ滞在日数の制限や、道中のエグナティア街道の不整備区間、治安上の問題などから大幅に変更いたしました。スタートがイスタンブールなのは変更なしですが、おそらくイタリアまでは海路を中心に使っていきます。エーゲ海やアドリア海の島々を縫う海路も一応主な海上交易路でもありましたし、巡礼者も通った道ですからね。ローマからサンティアゴは間違いなく歩ける予定ですが、なんせ海外のこと、コワガリな私は安全第一にこの旅を継続していきたいと思います。


Buen Camino^_-☆
スポンサーサイト

半仕事・半プライベートの伊豆&東京 - 2014.06.19 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


6月9日~13日にかけ、伊豆&東京へ行っていました。
伊豆は西伊豆のグリーンツーリズム・インストラクターたっちゃん先生こと鈴木達志先生の伊豆自然学校へ。たっちゃん先生のフィールド堂ヶ島のイラストマップを担当させていただくことになりましたので、そのフィールド調査を兼ねての西伊豆探訪でした^^2日間、たっちゃん先生一家のお宅にお世話になり、おいしいお酒&西伊豆の海の幸をいただきました。

グリーンツーリズム・インストラクター第一人者のたっちゃん先生についてはコチラ!
http://www.fop.co.jp/gt/_userdata/pdf/2011suzuki_profile.pdf#search='%E9%88%B4%E6%9C%A8%E9%81%94%E5%BF%97'


伊豆自然学校
http://fop.co.jp/blog/?page_id=486


P1190395.jpg
堂ヶ島

P1190572.jpg
海上に浮かぶ3つの島(像島、高島、中の島)は、干潮時にはトンボロ(陸繋砂州)が現れ、歩いて渡れます

P1190578.jpg
堂ヶ島の天窓洞をゆく遊覧船

P1190422.jpg
郷土料理  潮カツオ茶漬け

P1190623.jpg
翌日11日は、たっちゃん先生とともに、仁科峠⇔ブナ太郎のトレッキングへ!

P1190639.jpg
ブナ太郎

P1190629.jpg
大アセビ   この後は、まさかの遭難対策抜き打ちテスト・・・ さすが、先生!!!


そして12日からは伊豆から東京へ。新宿へ着いた後はカフェでイラストの仕事を少しした後、この日の宿泊地である三鷹の友人宅へ~ 10年前に北海道自転車一周旅行をしていた時に出会って以来ずっと仲良くしてくれているお友達です☆翌13日は、東京「日本カミーノ・デ;サンティアゴ友の会」の理事長りっちょさんとともに、文京区にある東京カテドラルにて巡礼手帳(クレデンシャル)およそ400通にスタンプを押し、カバーをかける作業をしました(これ、ホンッとに貴重な作業です! 東京訪問の目的は主にコレ)

夕方からはりっちょさんのほか、熊野古道を伊勢から本宮までの200kmを踏破した旅エッセイ『歩く旅の本』著書、福元ひろこちゃん、カミーノ・デ・サンティアゴをとことん歩きつくしている男D氏も登場し、夜行バス出発時間までは談話していました~

仕事兼プライベート、業務内容も会う人もとっても濃~い4日間でした^^


Buen Camino^_-☆

目で見ること、肌で感じること、足で踏むこと・・・ - 2014.06.01 Sun

「何か発表したいことがあれば、書籍や人、ましてやネットからの情報でなく、絶対に自分の目で、足で確かめたうえで発表するんだぞ」
常に私の頭の片隅にある恩師からの言葉。


調査と執筆作業を交互にやっている日々、前々から思っていたことを書いてみます。


どんなものでも、どんなことでも、私はその対象を語る以上は「実際に現地へ行き、目で見る、肌で感じる、もし道やフィールドならその距離を足で実感する」ことをして初めて語る、描くというコンセプトを持っています。

イラスト制作時などはパソコンのある小さな部屋で数日間かかりっきりという事もありますが、ネット社会の現実を見て、ほとんど外へも行かずにパソコンのある部屋だけで、ネットに掲載された情報だけをうのみにして「世界中のすべての情報を知った」と勘違いする人が少なかれ存在するということを考えると少々鳥肌が立ちます。(もちろん、すべてがそうではないですし、ネット情報をうまく活用して自身の活動につなげている人が大多数とは思います)

日本にあるわが部屋にいるだけで大体の情報をつかめる時代、こんな便利なことはない半面、失われたものも少なからずあるのではと感じます。それは行動力だったり、発想力だったり、人と人とのふれあいだったり・・・(キリないよね)

私がこう思うのは、5月中旬にお会いした、かねてからお世話になっている海洋文化、漁村文化をくまなく現地調査されている大恩師I氏との会話の中で出てきたことです。

「合理性、効率性を優先してきた日本社会は急速に成長し、これだけの小さな島でこれだけの多くの人間が豊かに暮らせるようになってきた。その反面、生態系や人の思考など変わってしまったことも多い。海女漁は、効率性という面でいけば良いとは言えないかもしれないけど、その海女たちが暮らしてきた海の生態系と人間の生活というものをバランスよく保つには最適の漁法だ」と。

その後で、I氏はそこにいた私と、同じく移住者である私の友達に「これからはキミたちのような少数派の変人が自分の活動を自信を持ってやっていくんだ。キミたちは今の日本が失いつつあるものを持っているから」と言いました。

「もう~、変人って何ですか~(笑)」としつつも、なんだかとても重い言葉を与えていただいたと感じました。

ネットで一発検索すれば解決することであろうと、私は気になったものはどれほど遠くても現地へ行って、見て、歩いて、確かめるというスタンスは保ち続けます。

前出のI氏が5年前、20代の私にくださった言葉。
何か発表したいことがあれば、書籍や人、ましてやネットからの情報でなく、絶対に自分の目で、足で確かめたうえで発表するんだぞ」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (45)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (9)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる