topimage

2013-12

満月のチカラ - 2013.12.18 Wed

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


17日は奥熊野の秘境、丹倉にて満月ツアーのモニターツアーが開催されました。熊野市の七里御浜に面した国道42号沿いにあるセレクトショップ『メイドイン熊野の量り売り*木花堂』オーナーSちゃん企画で、今後山里民泊あかくらにおけるツアー化を目指しています。

このツアーのコンセプトは名前にもある通り、満月。満月には主に女性の体、そして人の精神と深い関係があるチカラを秘めています。街灯が一切なく、月明かりが主役となる夜の赤倉で、そのチカラを感じ取りながら皆で月を観察したり語り合うというとっておきの時間を過ごせます。満月は新月ともつながっているため、新月ツアーなるものも予定しています。もちろん月が悪天候によって見えなかったとしても関係ありません。雲があろうがなかろうが、月のチカラはしっかりと宇宙にそんざいしているのですからネ☆


このモニターツアーでは、イラスト執筆でもお世話になった出版社の編集者Mさん、Mさんのお友達、そしてフォトグラファーのKさんがはるばる東京から来ていただきました!そしてkumatengメンバーで自然の大達人Hさんご夫妻、観光関係者がお二人と、エキサイティングな顔ぶれでした。東京からの3人はSちゃんガイドによる熊野の秘境を巡り、すっかり熊野にハマってしまったようです^^♪


この日は薄曇りでも月はしっかりと見え、そんな特別な月夜に音色添えてくださったのは、都市部から奥熊野に移住し、藍染師としてもご活動されている夫婦ギターデュオ「そめやなないろ」さんによるギターライブ。


赤倉水産自慢のあまご塩焼き、あまごお造り、猪鍋など山のごちそうに舌鼓を打ちながら優雅なひと時を過ごしました♪


P1160300.jpg
山里民泊あかくら前にて 満月観測の様子


P1160288.jpg
山のご馳走がずらり

P1160289.jpg
アマゴのお造り

P1160298.jpg
そめやなないろさんによるギターライブ

 

Hasta mañana☆



スポンサーサイト

浜を歩く人々 - 2013.12.15 Sun

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


11日は愛知県からお越しの5名様を、熊野市大泊~松本峠~木本本町通り~獅子岩~花の窟というコースへとご案内いたしました。このコースは全長4kmの初心者向けコースではありますが、立派な石畳、絶景、旧街道、浜街道と熊野古道伊勢路のイイトコドリともいえるボリュームたっぷりのコースです。

獅子岩に着いた後、バス出発時間までたっぷりあったので、お客さまにはガチで浜街道の“浜”を歩いていただきました~ 

熊野古道伊勢路の浜街道といえば、ここ獅子岩から和歌山県新宮市までのおよそ25kmの区間を言います。名の通り、昔は浜そのものが街道でしたが、国道42号線と防風林が出来た現在では、国道もしくは防風林内に敷かれたトレイルをたどることになっています。では、浜そのものを歩いた場合、どうなのか。


見て美しい、触って心地よい御浜小石でぎっしり埋め尽くされているこの浜は真っ平らで雄大に見える外観とは逆に、実際歩いてみると一歩踏み出すごとに足が砂利浜に持って行かれ、なかなか歩きにくいものです。長時間歩いていると、難所と言われている伊勢路の他の峠道以上に手ごわいものがあります(苦笑)

お客様に歩いていただいた距離はわずか300メートルですが、「これだけで筋肉痛になりそう~」「なかなかハードだった~」と声をそろえていました(笑)これが25kmも続いていたことには大変驚かれていました。今でも改めて思いますが、昔の旅路は本当に難路の連続だったことでしょう。だからこそ、聖地へ到達することへのこの上ない喜びもひとしおだったことでしょう。


NCM_0472.jpg
松本峠先の展望所より

NCM_0475.jpg
浜街道のワンシーン




Hasta mañana☆






太地でプチゆったリゾート - 2013.12.11 Wed

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


10日、和歌山県太地町に昨年夏オープンしたメディカルリゾートホリスティック・スペース・ジャパンへ友達とランチに行ってきました。ここは全国的にも珍しい滞在型の医療施設とリゾートスペースを兼ねている場所であり、療養だけでなく、癒しと健康を求める若い旅行者にも注目されつつあります。この施設内には健康とバランスを最優先に考えたおしゃれなフレンチを提供するレストランがあり、そこで奥熊野は赤倉で栽培されたしょうがを使っていただいています。今回は友達がそれを取材するという目的があり、私も一緒に行くことになりました。


地元の食材、そしてそれらが持つ美味しさまでもを惜しみなく使った前菜、スープ、メイン、そしてフレンチなんだけど和の存在感をも引き出したテクニック、海が見える落ち着く空間・・・私たちは療養に行ったわけではないけれど、ゆったりと心から癒される数時間を過ごせました。


ホテルの前にある海辺までは、照葉樹林を抜ける絶好のハイキングトレイルが整備されています。暖かくなったら一日どっぷりとここで過ごす休日を過ごしたいと感じました^^♪



P1160268.jpg
ワイン・・・いや、ブドウジュースでカンパーイ!!(運転しなきゃならなかったのでネ☆)
このジュース、ワイン用のブドウから作られているそうなんです!!

P1160271_20131214154458a98.jpg
ネギづくしの前菜
クラッシュしたねぎにオリーブオイルと混ぜたネギドレッシングは目からうろこ!
今度作ってみよっと^O^

P1160273.jpg
マッシュルームのポタージュ
キノコ感満載っ!! 皿のふちの粉はしいたけ粉末だそう
こだわってますね~

P1160275_201312141545100bc.jpg
地鶏のポトフ 野菜たっぷりでウレシイ

P1160277.jpg
友達の主菜は鯛のグリル

P1160281.jpg
そしてデザート!
この左端の生チョコレートに赤倉産の生姜が使われています


あと、赤倉生姜の葛湯もいただきました。パンチきいている赤倉生姜の存在感はしっかりと残した上に葛湯独特のなめらかさが調和し、心も体もポッカポカ☆

P1160282.jpg
目の前には照葉樹林の森と太平洋が!
生きた熊野の光景があります~



Hasta mañana☆






難所へGo!! - 2013.12.09 Mon

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆

12月7日の馬越峠に続き、8日は熊野古道伊勢路の最難所八鬼山のガイドでした。8日のお客様は毎年この時期にこちらに来てくださる、八ヶ岳山麓で活躍する若きアウトドアガイド「ひといき荘」のふじけんさんと、その仲間たちでした。メンバーは20人+ワンコ4匹♪


みなさまアウトドアに関わっている方ということもあり、20人もいながら全員健脚という“異例のメンバー”でした。前夜、忘年会として尾鷲に泊まり、牡蠣づくしを堪能、そして翌日は一日かけて八鬼山を歩き、そのまま帰宅(みんな山梨や静岡、東京方面と遠方!)という行程でした。


この難所の中でもとくに急こう配の「七曲り」では毎度お客様と歩く場合は十分に時間を取るのですが、このみなさん、平地を歩くときと変わらないじゃないか~!!!

そして最後に行程が終わる三木里海岸では海を見るや否やみなさんの血が騒いだのか、海へハイテンションで駈けてゆく始末・・・もうまさに真夏そのもの~ (何人かは足まで入っていました^^:)

リーダーのふじけんさんが歩き出す前、「出発前の元気な姿の集合写真を撮り、最後には疲れ切った姿でまた集合写真を」と言っていたけど、最後の方が元気でしたね☆



P1160246_20131214091555acb.jpg
かご立て場での休憩シーン

P1160255.jpg
さんさんと太陽が降り注ぐさくらの森広場でランチ

P1160251.jpg

P1160259.jpg
三木里海岸でフィニッシュ!!

P1160261_201312140916080e2.jpg
旅の最期が海っていうシチュエーション、いいですよね^▽^/


P1160267.jpg
時間があったので、三木里のひなびた橋で全員集合!!



Hasta mañana☆






つながりたいこと、つなげたいこと。 - 2013.12.07 Sat

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


さて、私がむこうに行っている間、こちらでも友達の間ですごく大きなつながりがあったみたいです。
ヒロちゃんこと福元ひろこさんの著書『歩く旅の本』つながり、トレイルランつながり、聖地赤倉つながり、その他熊野にかかわる多くの人つながり・・・・

そんな中、私にもそんなありがたいつながり話がありました。私がこれまでしてきたこと、もちろん「好きだから」始めたことが根本にありますが、20代後半ごろから、ただ自分だけが好きで楽しくしているだけでいいのかなと思い始めるようになりました。私が「好きなこと」をすることによって、ほかの誰かにとってのプラスにつながり、それがさらに他の誰かの誰かに・・・と、つながっていければいいなと。


先日はKumatengのお友達が、おかえり会をしてくれました~^^☆
こういう事を言ってくれる仲間のがいて幸せです♪

石本果樹園CEO『柑橘系男子の甘酸っぱい☆みかん農業日記』より
http://ameblo.jp/mikan321403/entry-11717848496.html?fb_action_ids=616598928396618&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582


奥熊野エリアガイドコミニティー
Kumateng(クマテング)
HPはコチラ→http://www.kumateng.com/


Hasta mañana☆

帰国しました - 2013.12.05 Thu

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


1466235_616096861780158_1735167102_n.jpg



(facebookにも同文を載せていますが・・・)
無事熊野に&帰りました~
出国前ににぎやかに鳴いていた虫たちももういない、何気に観察していたジョロウグモの網は荒み、蜘蛛も息絶えている、クリスマスソングが辺りをにぎわしている~  ああ、流れてるぜ時よ・・・

今回は、私のライフワークでもある地球の道をつなぐ旅「Kumano to Camino」の第二弾として、ユーラシア大陸の中央部に位置するヒマラヤの道を歩いてきました。とりわけこの世界最難所ヒマラヤを越えてインド、ネパールとチベットをつないでいた交易&巡礼&生活道でもあるチベット街道が前々からとても気になっており、この機に実行しました。

私たちが歩いたのはネパール国内ですが、限りなくチベットに近い場所まで行き(当たり前だが入境はしていません)、現地の人の話を聞き、チベットから越えてくる巡礼者の姿を聞き、この“深くて遠かった”地域の現状をほんの一部の垣間でも見ることができたことはとても大きかったです。全長およそ400kmの足跡は、着実に次の“第三弾”につながるものとなりました。



あぁ、12月、いくつかの描き仕事を終えた後は「年末女子だけの伊勢カミーノ」だあぁ~ これまたすごいことになりそう~ そうこうしている間に2013年も終わりだなぁ・・・

とりあえず帰国報告でした☆


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる