topimage

2013-08

 - 2013.08.29 Thu

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


山の緑、川の蒼、そしてスパイスの効いたジビエカレーの黄に彩られた、ナチュラル&カラフルな一日を過ごしました~☆
午前中は紀伊半島南部の名峰?、三重県熊野市紀和にそびえる一族山をぐるりと周遊し、お昼は熊野市育生町で移住者夫妻が経営する古民家ジビエカレー屋「ちゃや」でくつろぎ、そして午後は尾川川の天然プールで“川水浴”。

大自然に体をさらしていると、常日頃からなんとなく「障りだ」と感じてしまう雑念が一気に浄化されます。川から上がりたてのあの気持、常に持ち続けていたいです^^


【参考までに】
布引の滝奥(稲荷神社前駐車スペース)→40分→小峠→40分→一族山→(遊歩道経由)→30分→※林道合流→林道歩き30分→ゴール
※近年の林道整備のため、遊歩道は寸断されました(涙)林道合流へ出た後、左折してください。その先、工事中の広場を通過し、再び林道(布引の滝方面へ)に入り、舗装路となった後の二又道は左へ。



P1140055.jpg
布引の滝の奥から、一族山への登りが始まります
ここは、楊枝地区と大河内地区を結んだキンマ道でもありました

P1140059.jpg
橋が落ちてます・・・

P1140061.jpg
沢を巻いて渡ります
水が多かったら渡れないなこれ・・・

P1140063.jpg
小峠にでます
ここからは一族山まで尾根に沿って登ります

P1140064.jpg
尾根道~

P1140068.jpg
とても歩きやすい道

P1140078.jpg
一族山山頂

P1140075.jpg
北側が開け、眼下に丸山千枚田が!

P1140076.jpg
さらに、育生から五郷方面の山並み
矢ノ川峠は見えるか!?

P1140086.jpg
下山の遊歩道(この後林道工事のため寸断!!)

P1140092.jpg
おなじみ、「ちゃや」のジビエカレー
この日はみんなして大盛りに(笑)

P1140095.jpg
自家製ブルーベリーのアイスクリーム

P1140106.jpg
そして川遊び~


Hasta mañana☆
スポンサーサイト

隠れた穴場in串本大島 - 2013.08.22 Thu

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


隠れた穴場・・・ってヘンな日本語ですが(笑)本当に穴場な上とても隠れた場所に位置しているものなのであえてこんな表現させていただきました~^^;
その隠れた穴場がある場所は、本州最南端は串本大島。本日、串本かいわいの友人からのお誘いを受け、行ってきました~メンバーは大辺路刈り開き隊仲間でマルチタレントのひめひじきさん、同じく大辺路刈り開隊仲間のけいちゃん、大辺路刈り開き隊隊長兼修験者のウエノさん、串本町役場のKさんにOさん、新聞記者のTさん。

この串本大島の南東部に位置する須江という地区に、海からしかくぐれない洞窟があります。その名も「地獄のガマ」。ここをシーカヤックでアクセスしようという大変エキサイティングな企画でした。が、しかし・・・





はるか南を通過した台風の影響で熊野灘沿岸部にも朝から波浪注意報が出ており、シーカヤックでは困難ということになってしまいました~><




自然のことだし、仕方がないです^^しかしせっかくみんなで集まったのだからせめてこの「地獄のガマ」の様子を見ようと、山の上から道なき道、断崖を伝ってそのお姿を拝見しに行くことに(こっちの方が困難極まりなかったりしました~^▽^;)


須江漁港の西側に位置する小さな尾根筋の端から原生林が始まり、初めは昔の畑後のあぜ道を行きます。途中で道をそれ、蜘蛛の巣と藪がはばかる道なき道に。こんな場所は日常茶飯事ではあるけれど、汗ばむ体に藪(時には蜘蛛の巣)が絡みつくさまは決して気分のいいものではないです^^;


P1130958.jpg
この良い道はかつては畑の道だったのことです。
岬のてっぺんに当たるここでは牛を一斉に放牧していたとか・・・


P1130961.jpg
そして道なき道へ・・・



やがて小さな入り江になっている海岸部に出て、その洞窟が見えてきました。これは尾鷲や熊野の沿岸部でもちょくちょくみられる「海蝕洞」の一種ですもっとも有名なものに、和歌山県白浜の円月島があります。海の荒波によってえぐられることによってできるのですが、ここ須江のものは奥行きがあるうえ、洞窟の奥の天井部分が開いており、「天空の城ラピュタ」上部に残る都市の廃墟さながらの雰囲気がありました。


P1130967.jpg
藪を抜けたらそこはプライベート磯だった!!

P1130980.jpg
これが「地獄のガマ」

P1130981.jpg
本当にステキな「隠れた穴場」



漁港に帰った後、ひめひじきさんが振る舞ってくださったサザエを浜で焼いていただきました。



P1140013.jpg

P1140009_201308222124410aa.jpg


今月に入って3回も来ている串本は、真夏のエネルギッシュな青に彩られていました。今日も本当に楽しかったです☆


P1140023.jpg


P1140027.jpg




おまけphoto

P1140045.jpg
樫野埼灯台

P1140046.jpg
那智方面に沸く積乱雲

P1140048.jpg
クシモト・ブルー



Hasta mañana☆

自分記念日 - 2013.08.19 Mon

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


去る19日は熊野三山バースデー巡礼&シーサイドドライブ、そして夜は友達とお食事会と最高の誕生日を過ごさせていただきました。

夏特有の情熱的な暑さとどこか名残惜しげなさみしさ漂う空色、この時期の紀伊半島は海も山も一層の美しさを解き放っていました。この一年も幸せに過ごせそうな気がする、そう確信できる誕生日でした。


え、いくつになったって!?
まぁ、アラサーと呼ばれる年域です。
ていうか25歳過ぎれば何歳になったって同じようなものですよ~
“いい大人”には変わないですからね(笑)


P1130861.jpg
枯れ木灘ドライブ
比較的近い場所にこんな場所があるシアワセ

P1130881.jpg
ケラマ諸島にも負けない!?すさみ町里野地区の小さな浜

P1130885.jpg
串本へ向かう国道42

P1130893.jpg
橋杭岩

P1130927.jpg
大門坂

P1130932.jpg
夕暮れ時、七里御浜にてドライブ終了


夜は熊野市内のイタリアン「クスクス」でディナー。なんと、同じ誕生日のTちゃんも合流し、8.19会になりました~☆


P1130945.jpg

P1130944.jpg

P1130937.jpg
自然を愛する人に幸せとパワーをもたらすメノウのペンダント
名古屋のKumadaさんと木花堂店主の友達がコーディネートしてくれました☆



ディナーの後は、Tちゃんの提案で、夜の花の窟神社に行くことになりました。満月が近い月明かりに照らされた幻想的なご神体、そこに響く大海原からのメッセージ。この波の音は「母親のおなかの中にいるときの音」と似ているといわれています。この世に生を受けた日に体験した貴重なフィーリングでした。







Hasta mañana☆

タビネット製作&シルクロードうどん - 2013.08.14 Wed

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


13日はいつものジョギングルートを走った後、夕食の準備をして新商品“タビネット”の制作作業に入りました~

さて、本日の夕食ですが・・・


P1130768.jpg



トマトパスタじゃないです、トマトうどんです!!!
日本が誇る麺であるうどんに、ガーリックをたっぷり効かせた冷製トマトソース、これをからめれば・・・
味、食管の東西がうまく調和しあったまさに「シルクロードうどん」!!この麺一つ一つをユーラシア大陸を網羅する道にたとえ、いっただきま~す☆


そして食後はさっそくタビネット制作作業に。


タビネットとは・・・?


熊野産の杉の端材に旅にでたうなるような水彩鉛筆アートを施したマグネットです~
何点かにおいていただくほか、熊野大花火大会でも販売致します。完成しましたらまたここで紹介いたします^^



Hasta mañana☆

スバラシキ日常 - 2013.08.13 Tue

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


去る8月8日、幼馴染と集まったり、造形作家の妹ウエノノゾミのグループ展を見に行ったりと、ゆる~り濃い実家ステイとなりました~☆

【なないろ展】
我が妹ウエノノゾミ他4名の若手美術家さんによるグループ展、「なないろ展」を見に行ってきました~!!落ち着いた空間に不思議な個性が渦巻いていました。それぞれの作品が持つオーラが凄く、一つ一つじっくりと見入ってしまいます~ 心落ち着くマイ時間を堪能できますよヨ^^8月17日まで開催していますので、お近くにお寄りの方、ぜひ行ってみてください~

場  所:VOLVOX
     三重県津市栄町1-888 四天王会館1階
期  間:2013.8.8(Thu) ~ 2013.8.17(Sat)
時  間:11:00A.M ~ 19:00P.M


P1130758.jpg

P1130755.jpg



【インドカレー屋with幼なじみ】
小学校6年間一緒だったノリィ、りんぴんと津市内のインドカレー屋「カラカッタ」に行ってきました~
こりゃまたバカでかいナンにピリ辛&まろやかがうまく調和したキーマカレーがくせになるくらい美味しかったです!!さすが市内では評判のエスニック料理店!!最近になって気付いたんだけど、自分の地元津市って、何気にオシャレ&穴場そしてグル―ヴィーなカフェや料理店が至る所に点在しているんだなぁ~ 意外にこんな近い場所でワクワクカフェめぐりができちゃったりします^^それにしても、かれこれ25年も続く友達ってホントすごい~ これからも懲りずに宜しくね~^▽^

P1130751.jpg


Hasta mañana☆

ん~なるほど~  - 2013.08.12 Mon

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆

最近、七里御浜沿いの国道42号線沿いは御浜町下市木という地区に新たなコンビニ「サークルK」が誕生しました。熊野市から紀宝町鵜殿まで至る七里御浜沿いの42号はおよそ20km、そこにサークルKはこれで5つ目に当たります。

20kmのなかに5つ、約4kmに1つという計算になります。







これぞまさに一里塚コンビニ(笑)







一里塚は名のとおり、一里(約4km)ごとに設けられていた塚であり、距離の目安となっていたほか茶屋が建っていたりと旅人達の休憩場所になっていることも多かったと言われます。さすがかつての浜街道沿い、そういうことも計算してコンビニを作っているんだなぁ~☆
(って違うと思います^^;)



(33).jpg






















Hasta mañana☆

伊勢本街道図絵 ~人間ペースの旅が広まりつつある世界を思って~ - 2013.08.10 Sat

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


このたび、奈良県御杖村内の伊勢本街道イラストマップを手掛けさせていただくことになりました。友達を経て知り合った奈良県のOさんがかかわる事業からのご依頼を受ける形となりました。大阪から伊勢神宮を結んだ由緒あるこの巡礼路をもっと多くの人に知り、そして歩いてもらえるようにと尽力するOさんは、部分部分ではなく170kmの歩き旅ができる道としてこの伊勢本街道を紹介できないかとかねてから考案しており、その中から出てきたのが今回のプロジェクトです(Oさんはシルクロード探検はじめ世界各国への渡航歴を持つコアな旅人さんです!)

いきなり大阪から伊勢までを描くというのは(あらゆる沿道事情を考えて・・・)難しくとも、御杖村から始めていけばこれがきっかけにつながっていくということも考えられると、御杖村内の14kmから描きはじめることに至ったとのことです。


今、世界各地で歩くたびが見直されてきたように思えます。スピード、発展ばかりを追求してきた流れにブレーキをかけ、人間目線のスピードによって見えてくるものを探求してみる、地球にも非常に優しい流れのように感じます。

カミーノ・デ・サンティアゴつながりのFさんも「今、車社会から遠ざかって人々が歩き旅へと還ろうとしている」と興味深いことをおっしゃっていました。Fさんのお友達は現在インドのガンジーがたどった道をずっと歩いているとのこと。

日本、世界各地いたるところでバックパックを背負った巡礼者、歩き旅人が行きかう日が訪れたら本当にいいな・・・こんなことを考えながら今回の伊勢本街道を精一杯手掛けさせていただきます!


【先月の取材photo】
7月にOさんとともに1泊2日の取材を2度行いました。


P1170060.jpg
鞍取峠登り

P1170116.jpg
沿道の有志オカモッチャンこと岡本さんがこんな嬉しいサプライズを!
(画像左側を見てくださ~い♥)

P1130346.jpg
神末地区

P1130355.jpg
神末地区

P1130379.jpg

P1130341.jpg


7月17日、調査旅行終了後、時間が空いたので曽爾高原を歩いてきました☆

P1130385.jpg

P1130403.jpg


Hasta mañana☆





一日一笑 - 2013.08.09 Fri

NCM_0293.jpg

深い山間に日本の夏を求めて - 2013.08.08 Thu

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆

心機一転を兼ね、8月5日夜~7日にかけ、ふらりと一人旅に行ってきました。

熊野発→R42、伊勢自動車道勢和多気I.C、伊勢湾岸道、東海環状線、中央道恵那I.C→R19中津川→木曽福島→長野県道26→上高地→R158旧安房峠→奥飛騨平湯温泉→乗鞍→高山→せせらぎ街道→郡上→R156岐阜→R21大垣→R158養老、桑名→R23四日市→津(実家)

という、中部山岳地帯南部丸かじりルート。岐阜県と長野県はよく昔から家族で旅行に行っていたこともあり、日本国内では紀伊半島とはまた違った意味でなじみのある場所です。なによりも季節感が顕著、夏は暑く冬は極寒、あれほどあらんかぎりの生命力と輝きを発していた緑もわずか半年で日本どころか世界でも有数の豪雪地帯になってしまいます。そんな極端な季節の合間には桜、ホタル、紅葉・・・もともと期間の長くないこれらの現象が心から「儚い、美しい」と感じさせられ春と秋。日本が誇れる四季に素直な土地、それに沿って形成された様々な衣、食、住、各分野における文化・・・この辺りへ出かけるとますます日本という国が好きになってきます。もっと日本という国を誇りたくなってきます。今回は8月ということもあって古き良き日本の夏を全身で感じられ、毎回よく行っている長期の遠出の旅以上に濃いものになりました。


では、追々記事をアップしていきます!


P1130556.jpg

P1130647.jpg

P1130673.jpg

P1130699.jpg

P1130730.jpg



Hasta mañana☆

大自然からパワーをいただくぶらり旅+古民家カフェ - 2013.08.02 Fri

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


友達と秘境の沢プチトレッキング+水遊びに行ってきました。奥熊野のさらにさらに奥に位置する「布引の滝」がある沢のさらに上流に、その隠れた水遊びスポットがあります。そこまでは、このあたりの名峰?一族山(801m)への登山道につながる、およそ15分の整備された遊歩道が通っています。まさに超カワイイプチトレッキングルート!


ヒューミットな気候の中でのびのびと生きるコケ、生命力を存分に発する照葉樹の葉っぱたち、そしてクリスタルブルーに輝く名もなき滝壺・・・大自然からのパワーをたっくさんいただいた一日でした☆


P1130503.jpg
緑のトレイル

P1130507.jpg
このあたりで沢におり・・・

P1130519.jpg
こんな沢を歩いていくと・・・

P1130520.jpg
こんな場所が現れました~


友達が言いました。「ちょっとした悶々とすることがあれば、それをせせらぎに託して自然の赴くがままに流したらけっこう真っ新な気持ちになれるよ」と^^ これぞまさに“せせらぎ療法”~


プチトレッキングの後は、南牟婁郡御浜町の尾呂志地区一角にあるとうげミュージアムにこの春オープンした古民家カフェでブランチ。新鮮なオーガニック野菜をたっぷり使ったスープにサラダ、そして穀物コーヒーに抹茶チーズケーキと、これだけ体にやさしい健康なものをたっぷりいただいて1000円。落ち着いた空間でちょっとしたぜいたくな午後のひと時を過ごしました^^


P1130533.jpg
カフェ外観

P1130528.jpg

P1130530.jpg


ここのミュージアムは古民家を改築し、地染物、フックド・ラグ、キルトなどを手掛ける地元の作家さんたちの作品を展示、販売するギャラリーで、2009年にオープンしました。中へ入れば、古民家の落ち着いたたたずまいの中に集う、優しい自然色で染め上げられたのれん、エプロン、スカーフなどがお出迎え。


P1130536.jpg

P1130534.jpg
手前の「ハワイ」はなかなか斬新!



普通はこのままずっとまったり・・・となりそうですが、私たちは「天気も回復してきたしまだ午後1時だし」ということで、熊野古道通り峠+そこからさらに奥に通じる尾根道探りに出かけました。この尾根道、地形図を照らし合わせてみると通り峠から鷲の巣、ヒヨドリ山を経て妙見山方面へ通じるのではないかと思われます(マニアックな内容ですみません^^;)次回はこの隠れトレイルをちょいと調査してみようと二人で盛り上がってしまいました~(好きだねぇ☆)

(11)_2013080123482940a.jpg




Hasta mañana☆

尾鷲でアレコレ - 2013.08.01 Thu

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


31日は、いつものランニングコースを走った後、尾鷲へ!
尾鷲には、お店においていただいているイラスト商品の販売数チェックなどちょくちょくお仕事関係でも出かけるのですが、今回はなによりも1年ぶりに会う友達とのランチタイム☆


その子も私と同じく移住者で、アウトドアとイラストの仕事をしているキラキラ輝く女性です。現在は1歳になる息子さんの子育てに奮闘中~ 純粋なまなざしで泣き、笑い、色々なものに興味津々の息子さんに終始癒されてしまっていました


あぁ、子供ってなんかいいね☆私はもうちょっと先かもしれないけど
書いているうちに8月になってしまった~!!


Hasta mañana☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (45)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (9)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる