topimage

2012-03

妹も出展している企画グループ「gallery ust 1 final」 - 2012.03.29 Thu

造形作家である私の妹も出展している『企画グループ「gallery ust 1 final」』を母と見に行ってきました~
画像はじめの2枚は妹の作品です。


DSCF3413.jpg

DSCF3414.jpg

DSCF3416.jpg


妹のサイトはこちら
ウエノノゾミ家本
スポンサーサイト

地球の道プロジェクト~Kumano to Camino~ - 2012.03.26 Mon

私は、学生時代の自転車単独日本縦断がきっかけとなって6年ほど前から「かつて人が旅をした道」に強く惹かれるようになり、国内外の道を旅してきました。そんな中で徐々に濃くなってきたプロジェクトが「Kumano to Camino」。

簡単に言えば日本の熊野古道とスペインの西端に位置する聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに通じる道「カミーノ・デ・サンティアゴ」をシルクロードでつなごうというものです。その第一弾として、イラストマップ取材を兼ね、この5月からギリシア~フィニステーラ(スペイン)までをたどってきます。シルクロードの終点から海路と陸路を伝う形となり、歩行距離はおよそ1100km。

このユーラシア編ののちに、北米編のアデントロ街道から南米編のインカトレイルまで・・・(とこれは現地点ではまだまだ夢・・・笑)


18歳のころに純粋に人力旅が好きになり、それが自然と道というものにつながり、「道にボーダーはない、道で人や文化でつながっていた、道の文化が根付いている大好きな熊野とアジア、カミーノを大好きな道でつなぎたい」そんな思いに至った限りです。


私の友人が発した言葉を借りるけど、道の旅って道中すべてが目的地なんですよね~
もうこれは「目的線」なんて言葉を作らないといけないね~!!

またまたツヅラト峠ガイド - 2012.03.25 Sun

3月24日は先週に続いてツヅラト峠ガイドでした。
前日の雨もさっぱりと上がり、春ならではのコントラストがかった美しい光景が見られました。

「こんな興味深い話が聞けて、来てよかった~」と、お客様からはこの上ないうれしいお言葉をいただきました。
私は熊野古道をガイドするにおいて、現在歩いているところが峠道である以前に、かつて人が旅をした長大な道という舞台という観点から入るよう心がけています。その後は、歴史に興味がある、自然に興味がある、ただ雑談をしながら歩きたいなど、個々のお客様の趣向にあったお話をしていきますが、今回のお客様はこの道の話が結構受けていただけたようです。

よろしければ、何度かに分けてこの道を踏破してみてくださいね☆


P1010682.jpg


P1010685.jpg


P1010687.jpg


P1010690.jpg


P1010692.jpg

My Grandma's Birthday - 2012.03.22 Thu

おばああちゃん、お誕生日おめでとうございます~
いつまでもお元気で☆


P1010652.jpg


P1010664.jpg


P1010670.jpg

ツヅラト峠ガイド - 2012.03.17 Sat

今日は久しぶりのガイドに行ってきます☆場所は熊野古道伊勢路ツヅラト峠。昨年の紀伊半島台風大水害により、かなり大幅に減少していたお客様も戻りつつあるようです。

しかし…なかなかの本降りですわ(笑)

Kumano to Camino - 2012.03.16 Fri

とりあえずは、Istanbul から Finisterra まで行くことになりました~!

イラストマップ取材も兼ねてです。もう楽しみでたまらなぃ~!!

マタタビロゴ・テスト品 - 2012.03.13 Tue

こんなの作ってみました~
とりあえずテスト!

429881_320438168012697_100001395499515_877843_1129797633_n.jpg


これは初期メンバーしかいないので、新メンバー(初期と合わせて10人くらいいます~)込みのを改めて手がけてみます^^

チームマタタビにつきましてはコチラをどうぞ♪
http://mata-tabi.jimdo.com/

なにげに変えてみました - 2012.03.13 Tue

ブログタイトルを☆

ダジャレかよとかサムイとか思ったあなた、ご遠慮なく突っ込んでくださいな^^;

熊野古道伊勢路トレイルラン - 2012.03.12 Mon

3月10日、11日両日と、熊野古道伊勢路を舞台に世界的トレイルランナー鏑木毅さんをお招きしてのトレイルランイベントが開催されました。私の友人が中心となって取り組んでおり、私もスタッフとして10日のみ参加しました。(11日は別件があったので・・・)西は広島、東は東京からと全国各地からの参加者があり、全員で27名、私の役割は、“走りながら参加者に語ること”でした(笑)全行程にあたる熊野古道伊勢路ツヅラト峠、始神峠、そして馬越峠を走り、(峠間はバス移動)その後は熊野古道センターでセンター長による熊野古道伊勢路講座(というよりもよもやま話)と、立食パーティーで盛り上がり、この日は締めでした。

トレイルランは名の通り、山道を走るスポーツで、近年幅広い年代にも浸透してきました。生活の手段としては使われなくなった古の道を守るということに、これらのニュースポーツを取り入れるという斬新な考えも必要になってきたのではとの思いがよぎる今日この頃です。トレイルランはそれこそ己の出す二酸化炭素以外が出ることはない自転車とならぶエコなスポーツ、ランニングシューズを履いて山道を走る分に道が荒れる心配もありません。

道を理解し、守っていくという手段として、このトレイルランはなかなか面白いカギを握っていると思います。


(5)_20120312165525.jpg

(11)_20120312165525.jpg

(17)_20120312165501.jpg

4月から・・・ - 2012.03.06 Tue

転居することになりました。転居先は・・・また個別にお知らせしますね~☆
例のプロジェクトもいよいよ始動だっ!!ホントみんなみんなつながっていくんだなぁ~!!!

大峰奥駈・第一回春の峰入り - 2012.03.05 Mon

3月3日、那智山青岸渡寺の副住職、高木亮英氏が大先達をつとめておられる大峰奥駈修験に参加してきました。これは、1200年も昔に役行者が拓いた山岳修験、大峰奥駈を現代に継ごうと高木氏が23年前に始められたもので、私も5年前から参加しております。

ことしは、2011年9月の紀伊半島大水害以降初めての開催、堂々たる風格の威厳漂う行者さんも、ことしに限り何となく背負う影が垣間見えた気がしました。行者さんやサポーターさんの地元も多数被災した、修験道とりかこむ山岳も河川も土砂災害によって大きく姿を変えた・・・

関係者にとっても例年とはまったく違う今回の奥駈第一回春の峰入り、「人間も自然も、不変のものは存在しない・・・」という大先達の重厚な言葉とともに始まり、那智山から大雲取越、小雲取越を経て熊野本宮大社にたどり着き、無事終了しました。


P1010513.jpg
P1010496.jpg

大峰奥駈へ - 2012.03.02 Fri

今から、大峰奥駈修験に行ってきます!
これは毎年、那智山青岸渡寺の副住職を大先達として行われているものです。

六根清浄懺悔懺悔

20090314大峰奥駈・春の峰入り (8)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (45)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (9)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる