topimage

2011-12

明日からレッツラゴ~♪ - 2011.12.27 Tue

明日12月28日から、チームマタタビ女子メンバーSAKEちゃん+Ricaちゃん+Haruちゃんとともに、奈良公園→伊勢神宮への徒歩巡礼をしてまいります☆行程はおよそ140km。時々中継しますね~^^/


blog_import_4d6a11bf312b2_20111227103225.jpg

※これは去年の大阪スタート版マップです。今回はスタートは奈良。
スポンサーサイト

☆女子会☆ - 2011.12.25 Sun

12月18日、尾鷲から熊野までの40kmを踏破した後(理由は)コチラ、シャワーを浴びてすっきりして女子会でした~

場所は、熊野市内のオイシイ地中海料理店『クスクス』。SAKEちゃん、Takiitoちゃん、Rちゃん、Yちゃんと私でとっても濃い楽しい話に花を咲かせた3時間でした~(残念ながら都合で来れなかった2人もいました・・・)


P1000445.jpg

P1000446.jpg

P1000450.jpg

P1000449.jpg

P1000452.jpg

P1000453.jpg

Merry X'mas  - 2011.12.25 Sun

なのだ^^

P1000495.jpg

毎年恒例?年末熊野古道伊勢路踏破 - 2011.12.25 Sun

毎年、私自身が年末行っている田丸(三重県玉城町熊野古道伊勢路起点)から新宮まで歩く「年末熊野古道伊勢路踏破」が12月23日無事終了しました~基本11月以降年末までの期間でやっているのですが、今年は・・・

11月2日  田丸~栃原
11月12日 栃原~三瀬谷
11月26日 三瀬谷~大内山(with I津さん)
12月7日  大内山~相賀
12月13日 相賀~尾鷲
12月18日 尾鷲~熊野(尾鷲から賀田までwith まっさん)
12月23日 熊野~新宮

でした!

今年も無事過ごせたことに感謝です^^来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m


P1000436.jpg

さて、ど~なるか!?(笑) - 2011.12.25 Sun

ようやく英語イラストマップ用熊野古道踏破地図が新宮まで書き上がりました!とりあえず170km23枚分になりました。あとは挿し絵とキャプションを合成するだけ(ってこれが案外大変)これが無事完成したらカミーノ・デ・サンティアゴ、シルクロード、オーストラリアのソングラインなどのマップを描きたい。

旅が好き、道が好き、歩くこと好き、描くことが好き、地図が好き、世界が好き…だから私の「体」で表現したい☆

2012・・・どこまでできるかっ!?

海と陸に開かれた巡礼道をたどる旅 - 2011.12.19 Mon

近頃ブログが滞っていました~m(_ _)m


12月4日は、私自身が仕事として企画したツアー「海と陸に開かれた巡礼道をたどる旅」の日でした。定員15人で設定して、けっこうぎりぎりになってから広報したにもかかわらず満員御礼☆

行程は、午前中は尾鷲~熊野間の海岸線にある景勝地、楯ヶ崎と海金剛をクルージングした後、熊野古道曽根次郎坂太郎坂を歩くというもの。この旅のコンセプトは、ビジュアル的な海の魅力と森の魅力を味わうと同時に、聖地を目指した旅人がたどった道は海(海路)と山(熊野古道)両方に開けていたということを実感できるということ。疲れた足を引きずりながら一歩一歩踏みしめていた旅人に対し、ちょっとリッチな旅人は東紀州の海岸を船で悠々と南下していきました。古文書にも「長嶋(紀伊長島のこと)に着いた。このあと険しい峰々は難儀なので船で・・・」てな内容のものも残されていたりするのです(笑)

いろんな思いをもち、いろんな状況にあった人一人一人の足跡(キオク)が山にも海にも残されている、紀伊半島の海や山が美しいのは決してビジュアルだけじゃないということを垣間見ていただければ。


午前中は、尾鷲市最南端の集落梶賀漁港を起点に、楯ヶ崎海金剛クルージング。途中で、神武天皇が上陸したと伝えられる千畳敷に私たちも上陸。船のエンジン音が切られると、聞こえるのは風と波の音だけ。神武さんがいてた2600年前と変わらないであろう音。この日は快晴であるばかりでなく空気も澄んでおり、南を向けばはるか彼方、和歌山県太地の梶取岬まで見渡せました!

(17).jpg

(13).jpg


梶賀漁港へ戻った後、午後は語り部さんと合流して熊野古道の曽根次郎坂太郎坂へ。担当語り部さんの大川さんは、この曽根次郎坂太郎坂を発掘した本人で、現在も中心になって保護活動をされています。ご夫婦二人だけで発掘作業に徹し、時には地元の猟師さんなどに山の状況を確認しながら作業を続けることおよそ10年で、藪に覆われていた6kmの全区間を甦らせたとのこと。もう脱帽!そんな偉業をものともせずギャグ混じりにお話しされるさまがまた素敵。

そんな楽しいガイドとの古道歩きをすることおよそ3時間で、この峠道のゴール地点二木島に無事到着。「もう一度このメンバーでこのツアーに行きたい」「天気、フィールド全てが最高!」とのありがたいお言葉をいただき、解散となりました~

(24).jpg

(28).jpg
曽根次郎坂太郎坂の熊野側から七里御浜方面を見渡せるポイント
けっこう知る人ぞ知るポイントなのだ~^^


※12月以降のデキゴトは追々アップします~最近滞り勝ちで申し訳ございません~m(_ _)m



 

八ヶ岳からのお客様 - 2011.12.05 Mon

本日は、八ヶ岳のふもとより、12名のスペシャルゲストがやってきました!!
トレッキング、カヤック、自転車などのアウトドア事業をしている人、その常連さんという組み合わせのこの方々、かねてからいろんなご縁がある方々なんです。


まず今回の幹事をされているひといき荘オーナーのふじけんさん、数年前から共通の友達を通じていろいろ話は聞いていたり、カミーノ・デ・サンティアゴ関連の仲間ともさらにつながっていたりと何かと不思議な縁がある人、今回三次元での初対面を果たしました!!そしてこの中のTさんと梟マムさんは、4年前に紀伊半島の山中でばったりお会いしていました。ほかこの日はお見えにはならなかったけどこの紀伊半島で同じくばったりお会いしたおとみ山という方は偶然mixiでつながったのがはじまりで、またそのおとみ山がふじけんさんと八ヶ岳というフィールドでつながっていたり・・・


とにかく八ヶ岳と紀伊半島という日本国内ではそこそこ離れた土地間にある不思議な縁が重なりに重なっていまここにいる状態の皆様と私でした。簡単に言えば、このツアーは同窓会みたいなものです(笑)



11時20分、尾鷲駅前にて11名、今回のツアーを担当するくまの体験企画のオーナーうっちー、そしてガイドの私が集合。集まるや否や初対面の人がいるとは思えないノリで自己紹介に。やはりみなさん、私とおなじ“ニオイ”がする方々だわ^^


(1)_20111209181242.jpg



11時49分の三重交通バスに乗り、馬越峠の登り口鷲毛に移動し、いざ「カミーノ・デ・クマノ」の旅へ出発!!!^^/


(4).jpg


峠道に入るや否や、歴史のこと、アウトドアのこと、植物のこと、旅人のこと・・・質問ジャンルの多さに驚き!!さすがアウトドアガイド!!しかも、いろんな人がいろんな意見を出し合ってひとつの答えとなっていく会話・・もう誰がガイドだか(笑)皆さんホント凄い!この後、熊野古道というものから、いろいろなアイデアが生まれていきました。

馬越峠手前の林道交差点で昼食。この日は今こちらでは話題の「熊野古道石畳弁当」!このお弁当は沖ギスのかば焼きがご飯の上に敷き詰められており、まるで石畳のようなボリュームたっぷりのお弁当。沖ギスというお魚は尾鷲ではけっこうメジャーで、このようなかば焼きのほか、すり身や揚げ物などいろいろな形で料理されています。ただ、傷みやすいという理由であまり外へ出ることはなく、産地消費されることがほとんどであるため、他地域から来た人にとって見たら結構珍しいお魚とのこと。そんな地元ならではのものをおなか一杯味わっていただこうと、うっちーが厳選してくれました☆ さすがっ^^


(10).jpg

(11).jpg

(14).jpg

(15).jpg

(19).jpg
樹齢およそ250年のヒノキを囲む!
うらっ側はなかなか命がけ(苦笑)

(25).jpg


峠で休憩した後は雨上がりの足元に気を付けながらゆっくり下山。石畳やヒノキ木立を見つめ、時には神経をとがらせてスリップに注意するなど忙しくも楽しい時間を過ごしながら一行はちょいと寄り道をして、手作り工房夢遊へ。ここでは、尾鷲ヒノキで作られたシーカヤックとそれを作成する工房が見られます。アウトドア大好きなご主人が独学で始めたというシーカヤック作成、その繊細なしなやかさにカヤックのガイドをしている人々は釘付けになって今した。またここの奥さんは着られなくなった着物などを利用し、和布独特の美しさを生かしたタペストリーやバッグを製作しています。


薄暗くなってきた17時前、一行は無事に尾鷲神社へ。ここで参拝した後、市街地へ入り、野地町の商店街通りにあるおもてなしのお店「のーじへいこらい=尾鷲弁で野地へ行こう」で温かい昆布茶をいただきました。ほっこりした後尾鷲駅へ移動し、解散に。これから一行は尾鷲市内の居酒屋で打ち上げをするとのこと。後日早朝別のツアーを控えていた私はここで別れることになります。少し名残惜しかったけれど、今後何度でもあえるだろうメンバーですので、次の再会を楽しみに☆


みなさん、楽しい一日をありがとうございます^^/


(31).jpg



チームマタタビ忘年会と滝トレッキング ~A yearend parth and waterfall trekking - 2011.12.02 Fri

11月29日は、和歌山県那智勝浦の「南紀休暇村」にて、チームマタタビメンバーの忘年会を開催しました~!!T氏、Sちゃん、Ricaちゃん、みかん君、わんたろうさん、Rちゃん、シオッチ、K夫妻、Sちゃんのダイビング仲間Sさん・・・ホンットに気心しれたメンバーでワイワイ大騒ぎ、果てには、私含むこの中のかなりの人数がつぶれてしまいました~(爆)
つぶれるほどまでに気をつかわなく騒げる仲間っていいな~♪来年もこうして同じく集まれるように、皆さま2012年も無事に過しましょう!(これ隊長命令ね☆)


(6)_20111202100509.jpg

(32).jpg


翌日は案の定二日酔いの目覚めに。落ち着いてきた昼頃、新宮の奥地にある某滝へトレッキングに行きました~ トレッキングは仕事などの都合で帰った人もいたため、5人でした。片道30分、マタタビ異例の?プチトレッキングです~

(45).jpg
新宮市高田川沿い 台風12号の爪痕

(72).jpg

(68).jpg

(90).jpg

(85).jpg

(102)_20111202100836.jpg

(100)_20111202100836.jpg

(97)_20111202100837.jpg


新宮市街地に戻り、午後から仕事があるみかん君、帰路の長いわんたろうさんと解散し、私とRicaちゃんとシオッチで新宮市街地にある昭和レトロコーヒー専門店「バンビ」へ。しばらく時間を止めていたい方にはお勧めです!!コーヒーを飲んでいるときだけでなく、入れているときから雰囲気含め全てが「美味しい」お店です。

(111).jpg
生活空間をも掲載して全国奔走!!わんたろう号!!!!

(125).jpg

(135)_20111202100854.jpg

(137).jpg







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (45)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (9)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる