topimage

2011-08

こっち見てる・・・? - 2011.08.29 Mon

ねえ、もしかしてこっち来るの?本気で??


スポンサーサイト

行く夏来る秋 - 2011.08.29 Mon

P1150530.jpg

楽しかったキャンプ - 2011.08.29 Mon

8月27日、みかん農家「石本果樹園」のみかん君のお誘いで、紀宝町の「飛雪ノ滝キャンプ場」で行われたバーベキューに行ってきました!この催しは、みかん君が交流のある若手農家を招き、今後を自らの力で切り開いていく行動力ある若手同士の交流を深めようという目的で開いているものです。私は友達の写真作家Ricaちゃん、量り売りの店「木花堂」オーナーのSちゃんとともに参加しました!


私は朝から熊野入りして久々に熊野古道松本峠をハイキング、その後は木花堂へ行き、しばらくSちゃんと話していました。そこに津からやってきたRicaちゃん登場!私とRicaちゃんは昼過ぎに現地に行くことになっており、Sちゃんは夕方までお店があるので一旦解散し、Ricaちゃんと七里御浜を南下。


なんと・・・この直後に木花堂には、昨年末の「伊勢迄歩講」で同じ班になって以来交流のある泉州水なすさんがはるばる大阪からやってきたとのこと!ああ、なんというニアミスでしょう>< 再度秋にこちらへ来られるとのことだから、次回にお会いできそうです。本当に旅を通じたつながりっていいですね☆


この日の熊野灘は、迫り来る台風12号の影響で真っ青に波立っており、なかなか見られない美観を私たちに見せつけてくれていました。それに引き留められた私たちはしばらく七里御浜を撮り続け、この後は不安定な大気により霧立ちのぼる熊野川にさらに惹き付けられ、さいどカメラをバシャバシャ・・・現地入りは結局夕方になっていました^^;紀伊半島があまりにも美しすぎる所為で遅刻した~!!(おいおい^^;)

P1150514.jpg

P1150526.jpg



外も暗くなる頃に、バーベキュー開始。ここにはみかん君と交流のあるおよそ10人の若手農家からパンクのバンドまで、とってもカリスマ的で賑やかなメンバーがそろっていました。趣味やライフスタイルが様々なみんなが夜空にこだまする飛雪ノ滝のおとと熊野の霊気に包まれながら日が変わるまで盛り上がりました!本当に楽しい一日だったよ~^^/


P1150572.jpg

P1150573.jpg

P1150558.jpg
伊賀市から毎年来ているという若手農家、宮崎君のブドウ。
口コミで全国各地にファンがいるというこのブドウはまさにブランド!

P1150579.jpg
うえのってぃテント(右)&Sちゃんテント




キャンプから帰りました~ - 2011.08.28 Sun

今からまたガイド行ってきま~す

☆夏の楽しみ☆ - 2011.08.24 Wed

さて、今週末は仲間とワイワイ川原キャンプ、来週からは北アルプス縦走の予定です~!(7月のリベンジ+槍!)

ここしばらくは前線が居座って天候も不順でしたが、来週からまたまた暑くなるとのこと

もう夏も終わろうとしていますが、まだまだ楽しむぞ~

雨からうまいこと逃げる女 - 2011.08.23 Tue

はい、晴れ女うえのってぃの事です

数日間尾鷲を空けていたとき、こちらはどしゃ降りだったそうです。昨夜帰ったときに見た巨大な水溜まりがそれをしっかり物語っていました。

そして今、尾鷲はしっかり晴れているが実家周辺は局地的に雷雨になっているぞ…(気象レーダーより)


さて、21日は私の大切な旅仲間の友達、テンテンの結婚式に参加してきました人を大切にするテンテン、この結婚式で改めて「人を大切にする人は人にも愛される」ということを再認識しました奥さまになられる女性も気品があるのに飾らない、さっぱりしている素敵な女性でした

結婚式に関してはまた改めてブログにアップします

では、簡単に尾鷲帰着報告&晴れ女アピールまでに(笑)

東京着いたなう - 2011.08.21 Sun

さっむ~~~いっ


10月下旬みたいだわ~~


日本国内、8月限定でこんな寒い思いをしたのは、北海道釧路で台風に遭遇したとき以来だなぁ~

東京行ってきますなう - 2011.08.20 Sat

明日は友達の結婚式に出席してきます☆

今夜から東京に出発しま~す^^

熊野大花火大会 - 2011.08.19 Fri

8月17日は熊野大花火大会でした☆
私もガイドが終わった後、ぎゅうぎゅう詰めの臨時列車に乗って熊野へと向かい、現地で友達と合流しました。

今回、私たちは見物人ではなくなんと売り子!友達の提案で、見物客相手にドリンクを売ろうということになり、5人でそれぞれミカンジュース、ラムネ、コーラ、ワイン(対面販売)そしてデザイナーS君による本人デザインのオリジナルTシャツを販売しました!けっこうお客さんは来てくれましたがなによりそれより、ほんと楽しい時間でした~^^


P1150337.jpg
売り場はSちゃんのお店「木花堂」前^^

P1150343.jpg
けっこうにぎわってま~す

P1150357.jpg
大輪の花~

P1150359.jpg
国道沿いから見るのもなかなかいいもんです

P1150382.jpg
月に花火



花火が終わった後は後片付けをし、深夜0時も近くなってきた頃私と写真作家のRicaちゃんはSちゃんの家に行きました。Sちゃんの庭で深夜花火をしていると(もちろん打ち上げ花火はしてないからね^^;)、なんとわんたろうさん登場!!岐阜で登山ガイドの仕事を終えた後、だめもとで熊野花火を見るために走ってきました。案の定まだ三重県に入っていないころに熊野花火大会は終わってしまいましたが、それでもあきらめず(笑)6時間延々と走ってきてくれました~

4人で深夜2時半の小花火大会のはじまりはじまり~ 楽しい夜は徐々に明けていきました~

P1150399.jpg
熊野小花火大会(笑)

P1150402.jpg
午前3時に乾杯~




熊野大花火とは、個性的で大迫力な花火3万発を有する全国屈指の大きな花火大会であり、およそ20万人が全国各地からやってきます。もともとは先祖の霊を海へとおくり帰すという古来からの熊野信仰に基づいた行事だったのですが、戦後からは全国各地からの人を引き付けるまでの大きな花火大会になりました。

自分記念日~ - 2011.08.19 Fri

今日は198?年に生まれて??回目のbirthdayを迎えました~(厳密に言えば、20時15分頃らしいが…)


私は昔から夏が好きだけど、「ルーツ」というものを好きになったこととお盆明けに生まれてきたことが関係あるんではと考えてしまう今日この頃…


何がともあれ1年またまた前進しまっす

お盆明けガイド - 2011.08.18 Thu

8月16日~17日昼の2日間、名古屋からのお得意様をガイドさせていただきました。
このご一行様は教師仲間であり、毎年季節ごとにこちらにいらして下さっています。今回は、熊野古道八鬼山に尾鷲市内にある人気施設「夢古道おわせ」のランチバイキング、海洋深層水のお風呂を楽しんでいただきました。

16日午前10時半、尾鷲駅に着いたご一行様を迎え、夢古道のランチバイキングへ。ここは地元の“お母ちゃん”たちが形成する3つのグループがもちまわりで担当し、尾鷲で取れた野菜やお魚を中心としたメニューのランチバイキングを提供しています。平日の昼間でも行列ができるほどの人気ぶりで、お盆期間中のこの日は言わずもがな・・・。

お腹をふくらませた後は、午後の八鬼山トレッキングへ・・・と思いきや、山の方から真っ黒な雲が迫ってきたので八鬼山は後日出直すとして、この日は尾鷲を代表する伝統工芸「尾鷲わっぱ」工房を見学し、夢古道尾鷲に戻って今大人気のマンゴーかき氷を食べながらゆっくりすることに。

17日は朝から快晴、予定通りに八鬼山登山口へ向かい、八鬼山トレッキングを開始。皆さまは午後3時前の列車で帰られるため、この日は西国一の難所八鬼山の全行程は歩かず、途中の九鬼峠で折り返す行程を取りました。前日に夕立があったこの日、道は非常に滑りやすい状態になっていましたが、苔と湿気と熱気が奏でるこの空気はまさにいにしえの道の神聖さ。ここでは、誰が感じても「不快」と感じる要素が融合し、何とも言えない快感と変わっていくのであります。

九鬼峠を往復し、下山途中の沢沿いで、サンマあぶり寿司の昼食をとります。そして下山後、汗だくになった後は夢古道尾鷲の海洋深層水のお風呂へ。そして14時30分、尾鷲駅に到着した後、無事に皆さまを送り届けました。


私はこの後一旦家に帰り、熊野大花火大会へ向けて準備を始めました~ (後日の日記へ続く続く)


P1150319.jpg

P1150323.jpg

P1150327.jpg

楽しかった~ - 2011.08.18 Thu

1時間半しか寝てな~い

頑張って仕事行ってきま~す

熊野大花火なう - 2011.08.17 Wed




熊野大花火大会で売り子なう☆

20年後の世界 - 2011.08.16 Tue

14、15両日は広島や横浜からいとこがやって来ており、我が実家は私の一家合わせ14人もの人数で盛り上がっておりました~

このいとこには、我が3姉妹(私は長女)と似たような年の3人兄妹がおり、物心がついた頃から毎年のように海水浴やキャンプ、遊園地などで遊び、とってもいい思い出が多いです。



そこで私はふと20年前を思い出した~



ちょうど20年前の1991年、まだ私が小学生だった時の同じ頃、このいとこと私の家族総出で三重県南部のとてもきれいな海に泳ぎに行きました。その時の海の青さ、広さ、はち切れんばかりのエネルギーを解き放つ太陽にその下ではしゃぐ私たち…幼い頃の夏の思い出として今でも焼き付いています。


その時にいたすべての人が、たった今、皆が元気で笑顔でこの場所に存在している… これって何て幸せなことなんだろう


20年の時を経て、ここにはいとこのパートナー、それに1歳8ヶ月の子供さんも加わっています。20年先の世界でも皆同じメンバーが変わらない笑顔でいられますように(あ、その時はさらに新たな大切なメンバーも何人かいるはずです)


早朝馬越峠なう - 2011.08.13 Sat




帰省前にちょい登り^▽^

おわせ港祭り - 2011.08.11 Thu

8月6日はおわせ港祭りでした~
先日の日記にもあげた通り、うえのってぃは午前中は今年で第15回目を迎えるカッターボートレースに出ました。このボートは漕ぎ手6人+梶取り+船頭の8人が一チームとなり、私も女子仲間と「チームマンダリン」を結成し、女子部門で準優勝を取りました~!!的確な判断をしてくれたリーダーのハヤミッチ、一緒に頑張ったメンバーの皆さん、お疲れさまでした~&ありがとうございました~^▽^


そして午後は港祭りの目玉、花火大会がありました。私も一休みをした後、熊野から来た友達のSちゃんと会場へ繰り出しました。花火がはじまる前に軽く何か食べようと、いつもの路地裏にある“名居酒屋”へ。名物カタヤキソバにお刺身盛り合わせに野菜の煮物にビールに・・・どこが軽くだ~!?(苦笑)ここへ来るとついついあれもこれも食べたくなってくるのです~ 


そして夜8時15分からは花火開始。今年は東日本大震災での追善花火の意味もあり、これまでとは少し違う雰囲気が漂っていました。花火大会ではすこし外れた場所でいつも場所を取って下さっている、ベテランのガイド仲間SKさん達の中に混ぜてもらうことに。毎度ながら美味しい焼きサザエや焼きマシュマロなど色々いただいちゃいました~


NEC_0002_20110811170208.jpg
このボリュームに見慣れたら最後!?(^皿^)


NEC_0003.jpg
旧街道から港の花火会場までの沿道にはこんなサプライズも!


NEC_0004.jpg
今年の花火は祈りの意味も込めて・・・

アンフェア - 2011.08.11 Thu

台風9号により、沖縄で数万戸が停電、46人がケが…沖縄の地方紙以外ではほとんど取り上げられず


首都圏で開催されたタレントのイベントで熱中症、36人搬送…まるで特集かのように報道


深刻さにはかわらないけど、もっと平等に取り上げられないのかなぁ~ 同じ日本なのにね

出張から帰ったなう - 2011.08.09 Tue

もう寝ますなう

カッターボートレースなう - 2011.08.06 Sat

今、おわせ港祭りで開催されているカッターボートレースに出場してきました

私たちのチーム「マンダリンズ」は女子部問準優勝でした~


伊勢迄歩講~カミーノ・デ・イセ~・夏Ver - 2011.08.03 Wed

1週間ほどの日程で予定していた北アルプス縦走は、しばらくの間続く天候不順のために1ヶ月後に延期することに決め、今回は伊勢本街道を奈良県榛原から伊勢神宮内宮まで3日間かけて踏破することにしました。この区間は4回目ですが真夏は初めてです。3日間の宿泊費はもちろんゼロ円、湿気と闘いながらの“カミーノ・デ・イセ”でした。改めて、日本の夏の下界はロングトレイルスポーツにはあまり向いていないと実感


今回のメンバーは、北アルプスを一緒に縦走する予定だったはるちゃんとわんたろうさん。行程は、1日目が奈良県榛原~奈良県御杖村敷津36km、2日目は御杖村敷津~三重県松阪市高石30km、そしてラストは松阪市高石から伊勢神宮内宮までの40kmで、道の駅姫石の湯と高石の某所でそれぞれテントを張りました。


7月30日

午前7時、近鉄榛原駅で大阪、岐阜、三重の3府県から来た3人が合流し、7時半に榛原を出発。大気の状態が不安定なため朝からどんよりした曇り。しかしこの時期晴れていたら晴れていたでものすごい直射日光+照り返しのダブルパンチを受けることになるので、曇っていて湿気攻撃ですんだだけでありがたいです


P1150169.jpg
近鉄榛原駅前

P1150174.jpg
榛原高市区に残る伊勢本街道古道 
わんたろうさん、クモの巣ガードありがとうございます!


榛原の町を出た後、伊勢本街道は一気に山の中へと入っていきます。次に町らしい町を見るのは伊勢の手前にある田丸になります。その間はのどかな山里または深い山の中を行くことになります。この街道では近年のアウトドアブームやウォーキングブームの影響もあり、関西方面からのお伊勢参りに使われていた古い巡礼道ということで注目度が高まっています。沿道沿いには絶えず道標が整備されており、また沿道の住民達が大きなバックパックを背負った私たちを見るやいなや「お伊勢参りですか~頑張って下さいね!」と声をかけて下さいます。時代に合わせ、車や電車でのお伊勢参りが主流となった今でもいにしえのつながりが残っていることに幸せを覚えました。長年、人々が永久なる幸せを求めて一歩一歩旅した道なのですからね。


P1150175.jpg
きちんと起点の大阪と終点の伊勢の文字があります(榛原奥の高井地区)

P1150180.jpg
奈良県在住の個人の方が整備して下さっている道標


ちょうど中間地点の山粕集落に来た辺りで雷鳴がとどろいてきました。お昼時でもあったので昼食がてら雷雨をやりすごします(結局かすめただけでしたが)13時過ぎ頃再び出発、コンパクトでも急峻な鞍取峠を越えた後は青蓮寺川に沿い、ひたすら東へ向けて歩きます。御杖村の桜峠を越えた辺りで再び夕立がきたので、小学校の軒下でしばし雨宿り。


P1150202.jpg
日が差す鞍取峠道

P1150206.jpg
鞍取り峠越えた土屋原の集落

(123)_20110803140152.jpg
前回歩いたとき(2010年12月末)はこんな状態でした
日本の四季の美しさに改めて感銘を受けます

P1150207.jpg
土屋原の和合橋

P1150210.jpg
夕立後の御杖村菅野地区

P1150213.jpg
最後の坂を頑張り、宿泊地(笑)の道の駅へ


雨宿りで時間がかかったため、薄暗くなった頃に道の駅姫石の湯へゴール!さっそく温泉で汗を流し、道の駅スタッフに許可をもらって裏側でテントを張らせてもらうことに。時折小雨がぱらつく中、まったりと自炊し、蒸し暑いテントで眠りにつきました~


P1150215.jpg


7月31日

午後ほど夕立や急激な雷雨があるとの予報だったので、朝は4時半に出発。この日は出発して3kmほどのところで三重県津市美杉町イン。のどかな山里と峠道の繰り返しの行程です。美杉町は今でこそ合併して三重県庁所在地の津市となっていますが、2005年までは美杉村という村でした。私の幼少時代、よくキャンプやアウトドアに連れてもらっていたので思い出深い場所でもあります。真夏の山間部は懐かしい優しさに包まれていました。しかし・・・肌身でしっかりと水分を感じられるほどに高い湿度の一日だったなあ~( ̄Д ̄;)


P1150221.jpg
早朝の御杖村敷津

P1150231.jpg
ほの暗い峠道を歩き...

P1150232.jpg
三重県に入ります

P1150238.jpg
美杉町内の伊勢本街道には重厚で立派な古民家が多い
いかに栄えた街道だったかを物語っています

P1150240.jpg
飼坂峠の首切り地蔵 
道中、山賊に襲われた巡礼者を供養するため祀られたとのこと

P1150242.jpg
今回は暑さと湿気のため、飼坂峠の古道ではなくトンネルの方を通りました(^^;)


難所飼坂峠の後は上多気の里に入ります。ここも山間部に田んぼが広がるという絵に描いたような日本の原風景ですが、この一大動脈伊勢本街道に、南の奥伊勢方面から来る商人の道、庄司峠道と合流する箇所であり、かつては何軒かの旅籠が存在しました。有名な北畠神社もこの里にあるほか、誰の目にも留まる「すくいせ道」と彫られた江戸期の大きな道標もあります。


(165)_20110803165244.jpg
上多気の道標(今回写真を撮らなかったので昨年末のものです...)


この後道は、最難所の仁柿峠をへて櫛田川沿いへと下っていきます。櫛田川に沿って下流へおよそ6kmほどのところが、本日の宿泊、いや、ビバーク地の大石です。某所にてテントを張り、夕食準備に。この日の夜はちょいと豪華で中華丼&韓国定番料理のサムゲタンです☆夕食後は翌朝の3時気象に備え、早々と就寝...がしかし、猛烈な湿気と蚊と熱気に苛まれて3人ともなかなか寝付けず( ̄Д ̄;)これもビバークの醍醐味ですね(苦笑)それに夜10時を過ぎたころには雷までゴロゴロとなり出す始末・・・ まあ何だかんだでも睡眠はしっかりと取れました~

P1150247.jpg
大石の某所にて(笑)

P1150250.jpg
豪華な夕食(笑)


8月1日

3時起床、朝から小雨~ この日は40kmの歩きを経て伊勢神宮にゴールします。朝から国道ドライブ写真自慢のコンビニ店員、道中ちょっとしたトラブルの際にひっきりなしに声をかけて下さる地元民、そして1.5kmにわたりしつこくつけてきては丁寧に道の説明をしてくれるおじいちゃんなど、色んな愉快で楽しい人たちとのたくさんの出会いがありました☆

大石を出た後、津留の渡し跡付近で櫛田川を渡り、多気町に入ります。この辺りから伊勢平野へとはいってゆき、疋田、相可、外城田と旧街道をつなぎ、熊野古道伊勢路との合流点である田丸へ至ります。


P1150253.jpg
多気町疋田の手前 延々と櫛田川に沿って歩きます

P1150254.jpg
歩き始めて約3時間でようやく朝7時

P1150262.jpg
田丸手前の伏し拝み坂
伊勢まで残りわずかにもかかわらず、残りの距離を聞いて絶倒した巡礼者がここでお伊勢さんを遙拝し、引き返したとされます。


P1150267.jpg
田丸ではボリューム100点満点ならぬ120点超点の食堂で腹ごしらえ~


田丸からはおよそ12kmの距離を歩き、お伊勢さんに無事ゴールしました!内宮に参った後、念願の赤福氷で体を冷やし、その後は伊勢市内のスーパー銭湯で汗を流しました。とっても楽しい“北アルプス代案の旅”でした~


P1150272.jpg

P1150270.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる