topimage

2010-12

なう☆ - 2010.12.31 Fri

雪がまた降ってきた?ニコニコ雪

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2010123110040000.jpg

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2010123110230000.jpg
スポンサーサイト

なう☆ - 2010.12.31 Fri

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2010123107170000.jpg

なう☆ - 2010.12.30 Thu

あと8キロメートル、ファイトにひひキラキラ


みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2010123016310000.jpg

なんだかなぁ?(笑) - 2010.12.29 Wed

奈良県は長谷寺に無事到達!


しかしなぁ…



大寒波と雪を想定していた巡礼、実際は雷と意外な暑さ(毎日汗だく!)



いやぁな想定外ですわガーン

なんせうえのってぃは言わずと知れた大の雷嫌い。なぜまたこの時期に…


これも試練か…

雷!嵐!! - 2010.12.28 Tue

奈良に無事つきました。

夕方、寒冷前線が通過し、雷と嵐と雹の中を歩いていました@奈良。

明後日は大雪との予報雪 この徒歩巡礼はなかなか趣深いモノになりそうだわにひひ汗

ただいま、奈良県 - 2010.12.28 Tue

大阪府から奈良県に入りました?ニコニコ あと17キロで奈良市に入りますニコニコ


みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2010122813150000.jpg

行ってきま?す - 2010.12.27 Mon

28日?31日まで、大阪玉造大社?伊勢神宮内宮徒歩巡礼に行ってきますキラキラ

明日の朝が早いため、今夜大阪入りをします。友達のSちゃんと現地で合流し、Sちゃんおすすめのイタリアンで前夜祭だぁ?にひひ

今回は国内なので、随時現地アップしていくつもりですグッド!


あぁ、カミーノ記事を今年中に書き上げられなかった… 来年は新年早々巡礼記事オンパレードの予感汗


では、行ってきます雪

吸い込まれそう… - 2010.12.26 Sun

ただいま、実家へ帰省中。昨日、年末伊勢路踏破170キロを無事終え、明後日からは伊勢本街道170キロを踏破してきます(笑)

さて、尾鷲発の列車は時期的なこともあり、満席。私は普段はあまり要ることのない最後尾の窓際にたっています。


そこからの車窓、ものすごい勢いで後退する景色に一瞬身震いがしました。いつも見ている景色なのにこのような状態で眺めることなんて滅多にないし。

それはまるで時が過去→現在→未来へと流れ行く、目に見えるはずもない姿を目の当たりにしてるよう…


なんだか感動する。

なんだか泣けてくる…。

年末伊勢路6回目+バースデーパーティー - 2010.12.24 Fri

日々のデキゴトが日記更新頻度を上回るため(笑)、日記がなかなか追いつかないうえのってぃです(苦笑)


昨日23日は、個人的に実行している年末熊野古道伊勢路踏破の第6回目で、二木島から熊野市木本までを歩いてきました。天気も良く、この時期にしてはポッカポカの陽気ニコニコ目をつむってでも歩けるほど歩きまくっている区間ではありますが(コラコラ・・・)、晴れていて澄んだ空気の中を歩いているといつでも新鮮みを味わえるんです音譜歩く足取りに加え、写真を撮る手取りもとってもはかどりました(一応感謝巡礼なんですがね?ニコニコあせる




みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?




歩き終え、熊野市に着いた後は仕事を終えた友達Sちゃんと合流。今日は彼女のバースデー☆ワインとシフォンケーキと野菜たっぷりのSちゃんの手料理でカンパーイカクテルグラスケーキ



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

旅が好き、道が好きな理由(なかば独り言) - 2010.12.23 Thu

今、熊野に来ています。駅近くにできたおしゃれなカフェでちょい遅めのランチ☆

ここで、とある沖縄の地名をみつけ、大学の時に旅した沖縄、東南アジアへ通じる黒潮のルートを思いだしました。

そして改めてなぜ私が旅、そして道が好きなのかを思い返してしまいました。

私はなにかを観光するというよりは、目的地へ通じる「過程」が好きなんだな…

その過程に当たる部分は大海原であったり砂漠であったり荒野であったり、はっきりいって何もない、閑散としていることもある、しかし時には目を疑うような素晴らしい光景に出会うこともある。

そんな過程をなるべく陸づたいに地道に旅することで、目的地の見方も変わってくる。ある意味、私は旅のルートを一種の生命体と見ているのかもしれない。畏怖の念、心地よさ、人生の課題…


そんなことをぼ?っと考えながら昼はふけてゆきますラブラブ


さて、今夜は友人のバースデーパーティだぁ?キラキラ

バンコク非常事態宣言解除 - 2010.12.22 Wed

ニュースなう。

タイのバンコクで今年の5月から出されていた非常事態宣言が解除となったようです。

いい街なので、安定していてほしいものです…。

もうすぐ伊勢迄歩講 - 2010.12.22 Wed

もうすぐ、大阪?伊勢神宮の伊勢本街道を踏破する「伊勢迄歩講」が始まります☆ 出発は12月28日、1月1日未明のゴール伊勢神宮を目指し、170キロ歩きます。ことしは友達のSちゃんも一緒ですニコニコ

なんか、年末大寒波があるとの噂(ヨーロッパに比べたら大したことないけれど…)、雪の伊勢巡礼を期待しちゃっていますニコニコ雪

来年も新たな気持ちで迎えられるようにわくわくしながら歩いてきま?すキラキラ
(その前に年末伊勢路を完歩しなきゃ)

年末伊勢路踏破第3回目 - 2010.12.21 Tue

毎年、感謝の意を込めて個人的に行っている伊勢?新宮伊勢路踏破170kmの一環として、12月12日はT氏と川添?柏野を歩いてきました。11月30日の田丸?川添、12月4日の紀伊長島?尾鷲(順不同です・・・)に続き、第3回目になります。


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

          滝原を歩く私(T氏撮影)

南極マラソンに出た日本人男性の言葉 - 2010.12.20 Mon

先週の土曜日の早朝、テレビをつけたら『南極マラソン』のドキュメンタリーを放送していました。舞台は南米最南端ホーン岬からドレーク海峡を挟んだ場所に位置する南極半島の先端部。ここで風雪の中250キロを走り抜けるマラソン大会が開催されています。


このドキュメンタリーの主人公は唯一の日本人出場者の30代後半男性。男性は10年前にマラソンに目覚め、サラリーマン生活をしながらサハラ砂漠横断などのアドベンチャーマラソンにも出場していたといいます。そして今回の南極、スポンサー集めやトレーニングなど苦労に苦労を重ねおうやくむかえたといいます。


過酷な環境の中を完走した後、満面の笑みを浮かべて彼はこう述べていました。



「大変だろうな、過酷だろうな、ムリだろうなと思うのは簡単。でも自分は限界の挑戦を達成したときの気持ちを知りたかった。達成した後の自分に会いたかった。だから出てみようと思った」と。



この一言にとても引きつけられました。本当にかっこよかった!今後何かにあきらめそうになったときにこの言葉を思い出してみよう☆




それにしても南極マラソン・・・これも惹かれるなあ・・・

ジャンプなう☆ - 2010.12.18 Sat

ただいま標高625メートルニコニコ

青空のトレッキングが気持ちいい?音符

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2010121810230000.jpg

今年も始まりました?☆ - 2010.12.16 Thu

私の年末伊勢路踏破、今年も始まりました。これは毎年年末、1年間自分や家族や友人が平穏に過ごせたことを感謝し、伊勢から新宮まで170キロを踏破しているマイイベントですニコニコ

明日は第三回目で、奥伊勢を歩いてきます。毎年わたし一人で歩いていることがほとんどですが、今年はT氏やSちゃんと、楽しいメンバーが所々で同行します☆

来年もみなが夢に向かって前向きに歩めますようにキラキラ


さて、今更ながらですが、わたしには大きな目標があります。一部の友人には伝えてありますが、この熊野古道を起点にユーラシアはシルクロードを横断し、カミーノ・デ・サンティアゴにリンク、フィニステーラへ。

その後、大西洋を横断して北米の古き道、ADTを横断、太平洋を渡って日本へ(海洋横断はフェリーになります…)。


なぜわたしがこれをしたいか…明確に「こうだからだ!」という答えは出ませんが、昔から旅が好き、ワールドワイドに旅がしたい、その旅のコンセプトを「ルーツ」に求めた、そして自分の祖先のルーツが紀伊半島ある… このあたりが根本にはあります。

そして、目標をかなえて初めて見えてくる答えもあるでしょう…。


こんなコトや来年の楽しいコト、あれこれ考えながら明日も頑張って歩いてきま?すニコニコ

しし座の運勢… - 2010.12.14 Tue

最下位だぁぁぁ?( ̄□ ̄;)あせるダウンダウンダウン


今日は出張、行ってきま??っすキラキラ

本日の珍景_(._.)_ - 2010.12.11 Sat

ザ、自販機の乱!!



みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1110662.jpg



ちなみに、今年春に設置されたバリバリの現役です。
どんなメンテナンスをしたらこうなるねんっショック!あせる

いにしえの生活道 - 2010.12.09 Thu

今日、友人のRikachangと、熊野市二木島町とサンマ漁の町遊木町とを結んでいた峠道を調査してきました。この道は集落同士を繋いでいた生活道のひとつで、有名な参詣道熊野古道とはまた別のものです。生活道は生活道で、全部をつなぐとかなり見事な道路網が出来上がります。本日はその一部であるおよそ3キロ。

案内人は、熊野市在住のKさん。ジャングルが大好きというなかなかワイルドでカッコいい男性です。

漁船のエンジン音が師走独特の寒空に響き渡る二木島の町をあとにし、私たちは山道に差し掛かりました。

道はしっかりと残っており、石畳、畑跡、猪垣など、生活跡までもはっきり確認できます。そこにツタが巻き付いたりしていてワイルド感バツグンキラキラ

この峠道はそれほど規模も大きくなく、40分で峠に到着。峠で少し休憩した後、遊木まで下ります。私は以前に一度来たのですが、シダが覆い被さり、道という道を確認できませんでしたが、今回はこのKさんの手厚い整備のお陰で甦った立派な古道を歩かせていただきました。

ホント、私たちがこうして楽しく好奇心キラキラの状態で調査ができるのも、そこへ導いてくれる人々のお陰なんだなぁニコニコ

帰りは車を二木島側へ停めていた関係で同じ道を再び越えて帰りました(笑)



みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1110576.jpg
二木島を後に


みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1110577.jpg
               道中に立派な石垣を見る

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1110587.jpg
                古道

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1110599.jpg
                        峠

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1110607.jpg
                    遊木が見えた?


昼頃、Kさんと解散し、私たちは新鹿町にあるおすすめの食堂でランチ☆魚とお野菜をふんだんに使った定食に舌鼓。

ここで、「自分の誕生日に起きた過去の大きな出来事」という、ちょい興味深い話になりましたにひひ

いろんな事例が出てきたのですが、中にこんなビックリの事例が。


Rikachangの誕生日は(といっても生まれる1000年近く前)熊野三山のひとつ、本宮大社の社殿が大火により焼け落ちた日、そして私の誕生日には(生まれる91年前)台風による大水害で本宮大社の社殿が流されました。これは明治の大水害と語り継がれ、元の本宮大社は現在の大斎原(旧社地跡)となりました。


笑い話が一瞬止まり、びっくりする私たち…

これはその分、私たちが熊野の文化や歴史を大切にし、語り継いでいく必要性があることを意味しているのかな…


みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1110620.jpg




本日のオマケ
「幾千の瞳」

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1110621.jpg

ネパール便り - 2010.12.09 Thu

現在、友人のわんたろうさんがネパールのエベレスト街道に遠征に行っております。先ほど無事にルクラへ戻られたそうですニコニコ

なんと、現地でエベレストベースキャンプまで行ったというスペイン人男性3人に会ったとのことキラキラ

わんたろうさん、すぐさまカミーノ・デ・サンティアゴの話をしたら、案の定巡礼済みとのこと。その後、同じ道の世界遺産である熊野古道の話をしてくれたとのことですニコニコ

考えれば、エベレスト街道も古き旅路。多くの人の苦労と夢と希望がつまったいにしえの道。

国境関係なく道はつながっているんだよねニコニコ


わんたろうさん、引き続きよい旅を?☆

職員研修会(講師) - 2010.12.06 Mon

観光に携わる職員を対象とした研修会の講師として津にいって参りま?す!

カミーノ・デ・サンティアゴの例にならい、「熊野にどのように世界各地からの個人巡礼者にきていただくか」をお話ししてきます。

カミーノ・デ・サンティアゴ友の会の集いen関西 - 2010.12.04 Sat

日記がどんどん遅れてゆくうえのってぃですm(__)m

先月11月28日、大阪市内は大阪駅の近くで、日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会の交流会がありました。

この時は東京での総会でお世話になっている大幹事さんやtakahiroさんたち、初めてお会いする関西友の会の方々との楽しい時間を過ごせました。みなさん、ワールドワイドで斬新な考えを持つ方ばかり、そして何よりカミーノに対する熱い思い(カミーノ病患者も多数(笑))…この会にはいつも元気とパワーをもらいっぱなしですにひひ


そしてこの日、日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会の理事長、「りっちょ」さんと初めてゆっくりお話ができました! 以前何度かお会いしたときも、多忙なりっちょさんに遠方にとんぼ返りしなければならない私という組み合わせのため、挨拶程度のお話しかできませんでした。

ブログ記事を見ては、カミーノに対する思いはもちろん、ものの考え方、感性にとてもあこがれていましたが、それが大阪で叶いましたキラキラ

ゆっくりお話ししてみて、親近感を感じ、さらなる尊敬の対象に。このときもやはり私達はそれぞれ遠方に戻らなければならなかったので21時には解散になりましたが、続きはまた語り明かしたいです。


頼れる、尊敬できる方がまた一人増えて嬉しいうえのってぃでしたニコニコ



さて、明日は鈴鹿に出張なのでもう寝ま?す☆

紀勢自動車道での事故 - 2010.12.01 Wed

11月29日、三重県の紀勢自動車道のトンネルで炎上事故が起こり、3名の方がお亡くなりになりました。

偶然、私は事故があった同じ大台町におり(事故現場からは離れていましたが)、普段物静かなのどかな山里にひっきりなしに鳴り響くサイレンに驚愕していました。

翌30日、尾鷲市内のいきつけの食堂に行くと、お亡くなりになった3名が、その食堂のオーナー女性の親しいお友だちとのこと…


「こないだ一緒に旅行にいったばかりなのに…」


声にならない声を絞り、時折涙声になるオーナーの姿に、こちらも涙なくしていられませんでした。


紅葉を見に行く途中で対抗斜線をはみ出してきたトラックに衝突されたとのこと… 対面高速ですし、こちらが普通に走っていても避けようがないですよね。


運命の理不尽さを感じました。それに、これは「私」にも、「私の大切な人々」にも起こり得ることです。


明日は我が身…。


私達は一日を無事で終えられる一見当たり前に思われ勝ちなことを祈り、感謝して過ごさなければなりません。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (45)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (9)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる