topimage

2010-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一枚 - 2010.05.31 Mon

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070767.jpg

Winding Road
スポンサーサイト

薮と大洋の狭間に眠る集落跡 - 2010.05.31 Mon

30日の日曜日は、旧道のプロ、“矢ノ川小僧”ことまっさん、まっさんの息子さんのたっくんとともに、九木崎北側の付け根あたりに位置する集落跡、元行野へ踏査に行ってきました。
九鬼地区へ向かう国道311号の九鬼トンネルを抜けた後、旧311号へ左折し、さらに九木崎の尾根を行く林道をしばらく進んだところに車をデポ。

ここから山を分け入り、高度を下げて海岸線近くに位置する元行野集落跡を目指します。

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070746.jpg


時折ザッと強い雨が降る天候の元、道なきヤブ道を行く私たちのさまはまさにアヤシイ探検隊(笑)

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070753.jpg


鎌を持つまっさんを先頭に、ヤブ道を刈り開きながら歩きます。現在ではかなり不明瞭になっているこの道ですが、かつては九鬼?元行野、現在の行野浦といった尾鷲沿岸地区を結ぶ貴重な生活道でした。ヤブをかき分けると、江戸から明治のものと思われる立派な石畳構造が見られました。

雨が激しさを増す頃、私たちは約1時間で元行野集落跡に到着。樹木で覆われた中に見られる大規模な石積み構造がかなり規模の大きな集落であったことを彷彿させます。 奥へさらに通じるこの集落跡をくまなく調べ歩こうと思いましたが、あまりにも雨が強くなってきたので本日はとりあえず撤収。再度好天時に出直すことにしました。

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070761.jpg
           木々越しに見える灰色の熊野灘


みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070766.jpg
           元行野集落跡


さて、帰りですが、尾根に出る際沢を一本間違え、私たちはコースアウトをしてしまいましたガーン まぁ、プチ遭難といったところですが、ヤブ漕ぎコースアウトなんて日常茶飯事。とりあえず日頃行っているルートファインディング術を駆使して難なく車をデポしてあった林道へ出ました…(間違えた沢はかなりムリのある勾配も出てきましたが…あせる)


しかし、この時期の雨天ヤブ道は緑の眩しさが半端じゃないですねキラキラ

4月30日の一枚 - 2010.05.30 Sun

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070800.jpg

西国、カスティーリャ・イ・レオン州レオン市の旧市街地一角にあるとあるアジアンインテリアのお店にて。

日本のインテリアとしてショーウィンドウにあったコレ…




う?ん、何か違う…(ーOー;)

本日の一枚 - 2010.05.30 Sun

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070801.jpg

本降りの雨の時、緑は最高の生命力を発する。

本日の一枚 - 2010.05.29 Sat

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000006.jpg

ツバメはスペイン語でゴロンデリーナと言うのだ☆向こうもツバメで賑やかだったなぁキラキラ

当写真は本日尾鷲で撮影。

ロハスな熊野の休日☆ - 2010.05.29 Sat

昨日、仕事を終えた後、熊野の友達宅に泊まりに行っていました。熊野では毎度お馴染みの地中海料理レストランに行き、オーナー夫妻に旅好きなパワフルスタッフ、きゃずーさんとの会話に大盛り上がり!

今朝、起きたときはすでに10時過ぎ… 二人ともここ最近は色々忙しく少々疲れぎみだったため、ホント貴重な“朝寝坊”でしたにひひ

起きた後は、友達手づくりのめはり寿司と味噌汁を持って七里御浜へ。気持ちのよい気候の中、地元のものばかりを使った友人グルメに舌鼓を打つとてもロハスで贅沢な時間でした。


みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000002.jpg

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000003.jpg

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000004.jpg


そして、またまた面白い企画話が!アジア大好きな私たちはこの夏、タイ料理を自分達でつくって七里御浜でパーティーをしようということに☆ ココナッツミルクから作るタイカレーをはじめ、何品かを考えていますが、果たして…キラキラ

本日の一枚 - 2010.05.28 Fri

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070721.jpg

本日の一枚 - 2010.05.27 Thu

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070694.jpg


今日の尾鷲は快晴☆
雨が多いことで有名な尾鷲、実は晴天日数は国内ではかなり高いのです!ただ、1度の降水量がハンパないだけです。

さて、カミーノの写真約2000枚、ようやく整理できました? 徐々にジャーナルの方も進めていきます(^O^)

本日の一枚 - 2010.05.26 Wed

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000001.jpg

緑あふれる松本峠(熊野市)
お地蔵さまも喜んでおられます。

本日の一枚 - 2010.05.25 Tue

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070686.jpg

何気ないシーンに限り、やけに心打たれることが多いうえのってぃですニコニコキラキラ

大雲取越トレッキングと紀伊半島南部周遊? - 2010.05.25 Tue

23日は、恩師であるT氏とともに、熊野古道中辺路の難所、大雲取越え道(和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社?和歌山県熊野川町(現新宮市)小口)をトレッキングしてきました。T氏はついこないだまでお仕事でノルウェーへ渡航しており、なんと帰りにスペインの首都マドリードへ寄ったとの事・・・


そこ、T氏が訪れる1週間前に私いたんですけど・・・ 

亡者の出会いと恐れられた難所でこのような話が繰り広げられ、変な意味で和洋折衷でした☆ 難路にもかかわらず、私たちは5時間で踏破(通常7時間)しました。その後、バスを乗り継いで車をデポしたJR那智駅まで戻りました。まだ昼下がりだったので、この後国道42号を南下して本州最南端の潮岬までドライブし、とっても身近な“南国”を満喫してきました。



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
           石蔵峠のふもとにある地蔵茶屋跡

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
     巡礼道を行く旅人を見守るお地蔵さん
みちびとのたわ事?A diary of route journey?
          本州最南端の“プチ”南国 潮岬


さて、ほのぼのと終わる予定だったこのデイトリップですが、帰り道でちょいと恐ろしい体験をしました。 国道42号を素直に北上していればいいものを、私たちは前から一度通ってみたかった裏ルート、和歌山県道43号を通ろうと、串本町古座で国道42号から外れ、山へと入っていきました。この43号は、古座から古座川町へ入り、隠れた名所「滝ノ拝」を横に眺めたあと峠を越えて那智勝浦町へ入り、県道45号に合流した後口色川へ出るというルートです。紀伊半島のほとんどの道は経験しているT氏と私ですが、意外にこんな近い所に“未走破”道路が残っていました。

なめてかかったのが最後。途中までは清流に沿う快適な林道でしたが、峠を越えて那智勝浦町へ入ったとたん、「幅1.7m」の表示が・・・ 私たちが乗っているT氏の車はワンボックスで、道幅と車幅がほぼ同じ・・・その上、狭いだけでなくくねくねとカーブしていて戻るに戻れず、万が一路肩から外れれば数百メートル真っ逆さま・・・( ̄□ ̄)!!!

ペルーのアンデス山中、中パ国境ならまだしも、日本でそんな体験したくな?いっ!!すべてはT氏の腕にかかっていました。かつていろんな難路を走ったT氏、的確な運転技術をもって、なんとか難所を無事に脱出。今思えば、途中何度か感じた“ガクン”という感触は脱輪の一歩手前だったんだな?  お?怖・・・!!

無事に色川へ越えた頃はもう薄暗くなっており、そのまま熊野川まで県道45号で出ようと思いましたがそれをやめ、素直に(笑)国道42号へ出ました。尾鷲へ帰着後は無事を祝し(大げさ笑)乾杯?っ!!

本日の一枚 - 2010.05.24 Mon

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000009.jpg

あまりきれいな画像ではありませんが、貴重なのでアップ。

大峰奥駈道・弥山&八経ヶ岳の空撮

4月29日の一枚 - 2010.05.24 Mon

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000008.jpg

マンシラ・デ・ラ・ムラスへ向かう。

山また山の熊野に対し、地平線また地平線のカミーノも、その土地に合った修行の道だ。

仏教体感fromシルクロード - 2010.05.23 Sun

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000007.jpg

現在、奈良で開催されている「平城遷都1300年」の一環として、このような催しが8月にあるそうです。

インド、中国、ベトナムなどのアジア諸国から仏教を語ります。

8月は奈良行き決定だっ!!

本日の一枚 - 2010.05.23 Sun

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000009.jpg

難路、大雲取越道に祀られた地蔵堂

昨日の=5月22日の一枚 - 2010.05.23 Sun

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000008.jpg

今… - 2010.05.23 Sun

帰りました?
朝の5時から尊敬するT氏とあちらこちら駆け回っていました?キラキラ

「本日の一枚」は明日、「5月22日の一枚」として掲載します…ZZZ

本日の一枚 - 2010.05.21 Fri

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000050.jpg

熱帯の街中で野菜を売り歩く姿。

本日の一枚 - 2010.05.20 Thu

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070499.jpg

すみません…今日はネタがないので、最近撮ったお気に入りを…


イラゴ峠…そこは5月にもかかわらず、氷点下5度。
目の前の巨大山塊の向こうはもうポルトガル。

4月28日の一枚 - 2010.05.20 Thu

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070497.jpg

一休みする旅人。
このわずかな休憩時間は一種のご褒美なのです(^o^)

4月27日の一枚 - 2010.05.19 Wed

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1060194.jpg

夜9時、ようやく太陽が沈み、月とともに夜の帳が下ります。

本日の一枚 - 2010.05.19 Wed

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1060195.jpg

くすんでいる熊野灘もまた美しい。

テーマに『カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム』追加! - 2010.05.19 Wed

ブログテーマに『カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム』を新たに追加しました!

カミーノに関するジャーナル(旅日記)以外の、お役立ち情報、コラム、トリビアなどはすべてこちらに移します。


あ、ミニコラムとしてあるけどミニとはいえないものもたまに入っておりますニコニコ汗

本日の一枚 - 2010.05.18 Tue

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000002.jpg


伸びゆく命

4月26日の一枚 - 2010.05.18 Tue

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000001.jpg


カスティーリャ・イ・レオン州、ブルゴス県とパレンシア県の境に位置するモストラレスの峠から。

過去から未来へ続くカミーノを実感できるポイントです。

4月25日の一枚 - 2010.05.18 Tue

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1050326.jpg

西洋カミーノキラキラ (ブルゴス?オンタナス間)
この日も一日地平線とのお付き合い。

本日の一枚 - 2010.05.18 Tue

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1050325.jpg

東洋カミーノにひひ

丸山千枚田で田植え☆ - 2010.05.17 Mon

16日の日曜日は、両親、そして父親の同級生のお医者さんM夫妻と熊野市紀和町の丸山千枚田へ田植えに行ってきました。両親がオーナーに登録しているため、毎年この時期に行っています。5月半ばの心地よい晴れの日、丸山千枚田に着くとすでに多くのオーナーさんたちが田植えを始めていました。学校行事の一環として来ているのか、小学生の姿がとても目立っていました。現地で父親の部下ご夫妻と合流し、みんなで田植えを開始。田んぼに浸かるとき、稲の苗をひとつひとつ植えていくときのあの独特の感触、なかなか嬉しいものです。一瞬「これで暮らして行けたらな?」なんて楽観的な事を考えてしまいますが、きちんと整地された田んぼで最高のコンディションの元でしているからこんな事が思えるのであり、荒天時も雷天時も毎日と考えると・・・農家の方々には本当に頭が上がりません・・・。約1時間程で田植えは終了し、昼は熊野地鶏炊き込みご飯や熊野地鶏の焼き鳥、M夫妻の奥様手作りというおいしいようかんに舌鼓を打ちました。

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070527.jpg

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070524.jpg

午後は両親、そしてM夫妻とともに私のオススメの“穴場”、玉置口(たまいぐち)に行き、はるやの和船に乗って瀞八丁を満喫しました。瀞八丁とは大台ヶ原に源を発する北山川の一部で、切り立った断崖と手つかずの原生林の中を和船で行く癒しのミニトリップです。この川はかつて上流で切り出した材木を下流域へ持って行く運河としての役目を担っており、川の古道とも呼ばれます。もうひとつの隠れた“熊野古道”に、両親もM夫妻も大喜び!とてもゆるゆると過ごせた楽しい休日でした。

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070558.jpg

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070580.jpg

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070568.jpg
    観光ウォータージェット船とすれ違う

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070575.jpg
   今はもう廃業している瀞峡ホテル跡

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070584.jpg
      紀伊山地の新緑は格別!


■丸山千枚田とは、複雑で険しい山々が連なる紀伊山地中にあり、急峻な斜面に大小1340枚の田んぼが存在しています。400年前に形成されたというこの棚田は一時期2000枚を超えていました。また、この地にはかつて銅山があり、多くの人々で活気づいていましたが、閉山とともに人も減り、一時はこの千枚田も荒廃の危機にさらされました。農作に適していない山中でこれほどの田を築いた先人の知恵を受け継ぐべく、平成に地元の守る会がオーナー制度を導入して以来、500枚程に減少していた千枚田は1340枚まで回復しました。この棚田というものは日本だけでなく、中国雲南省、フィリピンなど稲作が盛んな東?東南アジアの山中各地で見られ、とくにフィリピンのコルディエラ棚田とインドネシアのものは世界最大規模とされています。黒潮沿岸に形成されたこれらの棚田はまさにアジアの宝です!

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070537.jpg

4月24日の一枚 - 2010.05.16 Sun

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1050435.jpg

スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州ブルゴス
この街へ来たのは二度目。昨年、隅々まで歩いたこの街は、8時間の時差があるのにもかかわらず、ご近所のような感じがしました。

本日の一枚 - 2010.05.16 Sun

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1070537.jpg

日本最大の棚田・丸山千枚田 この光景は私にとって“アジア”を感じさせるひとつです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。