topimage

2010-01

霧立ちのぼる山 - 2010.01.28 Thu

この時期にしては珍しいまとまった雨が降りました。

昼過ぎの雨上がり、紀伊半島らしい霧立ちのぼる山

並みが見られました。日常茶飯事の風景とはいえ、

いつ見ても感慨深いです。これが、熊野を「隠国(こ

もりく)」、神宿る地と昔から言われた理由の一つで

すね。


さて、地球の裏側マチュピチュでは、豪雨で大勢の

地元住民、観光客が大変な目に遭っています。念願

のマチュピチュだった人、そしていつも通りの生活を

脅かされた地元の人も多いはず。皆さんの無事を祈

るばかりです。


そして、常に人は自然の中ではほぼ無力ということを

認識した上で私も旅を続けていたいと改めて実感します。



みちびとのたわ事?A diary of route journey?


スポンサーサイト

相性占い、けっこう信用できるかも・・・ - 2010.01.28 Thu

昨日、こないだ名古屋で遊んだ2コ上の友人
サトチンとしていたメールのやりとりの中で
サトチンが「うえのってぃとの相性を姓名判
断で占ってみたら相性抜群100パーセント
って出た?!」と言っていました。


実際、私たちは旅先で出会って1日もたたな
いうちに10年以上の付き合いみたいなノリ
になっていました。これはもしやと思い、私
はサトチンと生年月日の方で占ってみました。


すると、相性は80パーセント。その内容は
というと、「恐ろしいほど価値観似通ってい
て友人としてもビジネスパートナーとしても
相性抜群。ただ、あまりにも似すぎているの
でお互い甘えは禁物」とのこと。そしてびっ
くりするのはそれから。


ラッキーカラー=オレンジ
北海道自転車旅行で初めてサトチンと会った
ときに私が着ていた服はオレンジ。サトチン
がこっちに遊びに来たときに来ていたダウン
ジャケットもオレンジ。

ラッキーフラワー=ひまわり
サトチンと会う前の日、十勝平野のひまわり
畑の中を走っていました。

ラッキープレイス=展望台
宗谷岬をはじめ、各地で一緒に展望台めぐり
をしていました。

ラッキーアイテム=傘
台風が縁でサトチンと会えた+お互い台風シ
ーズン生まれ(笑)


けっこう占いって当たっているかも☆
ちなみに、ビジネスパートナーの話だけど、
サトチンは将来自分のカフェを持つことを目
指しています。「私のカフェでうえのってぃ
の紀行文や写真を常設して旅人カフェみたい
にしたらいけるかも!」なんて話をふくらま
せたりしていました(^^)

本当にそうなったらいいな?

名古屋で友人と再会! - 2010.01.25 Mon

23日は、旅先で仲良くなった友人のサトチ
ンが東京から名古屋にやってきたので、私も
名古屋に一泊してきました。1年半ぶりの再
会でした☆

サトチンとの出会いは、北海道の摩周ユース
ホステル。当時学生だった私は自転車で北海
一周一人旅、サトチンは車で北海道一周一
旅の道中でした。年齢も2つしか離れてい
ない私たちはユースで意気投合し、おいこ
れからオホーツク海に出て延々と宗谷を目
指す予定だったので、摩周から宗谷まの約
500kmを一緒に野宿旅しました。
(私はチャリ、サトチンは車なので、移動中
は伴走のような感じでした)

のち、年に1度の割合で関東と東海を行き
しては一緒に飲み明かしていました☆

23日の昼、名古屋で再会した私たちは、サ
トチンの希望で味噌煮込みうどんの店へ。三
重県で育った私にとって見れば味噌煮込みう
どんはさほど珍しいものではないけれど、北
海道生まれ&育ち、関東在住のサトチンには
“謎の食べ物”と思えるものだったらしく、
今回はその真相を探りたい(笑)と味噌煮込
みうどん食べる気満々でした。


で、その感想は・・・



食べれば食べるほどさらに謎が深まったと・・・(^^;)



その後はカフェで延々3時間話していて、夜
はそのまま名古屋駅西口の居酒屋へGO!
この時、名古屋在住のサトチンの地元友達ナ
ミさんも一緒に合流し、3人で乾杯!!

店が混み合っていたこともあり、2時間制限
だったので、そのままマックでコーヒー片手
に話の続きをしました。日が変わる頃、終電
で帰るナミさんを見送り、私たちは格安のビ
ジネスホテルへ。

こで私たちは朝まで飲み語り明かしていた
ので、目覚めたのはフロントからのチェック
アウトお知らせコールなのでした(苦笑)
このコールだけど古いホテルなだけあり電
もかなり古く、「ヘロヘロ?ホロホロ?」と、
音量ばかりでかい世にも奇妙な音色で、寝起
早々一瞬騒然となった私たち2人でした・・・

カフェでかなり遅めの朝食をとり、名古屋城
観光へ。その後、栄でショッピングをした後
名古屋駅へ戻りました。2人とも次の日は仕
事があるため、それぞれ東京、尾鷲へ帰らな
ければならないので、ちょっと早いけど17
時には解散。サトチンは新幹線+山の手・中
央線で、私は名古屋?南紀直通バスで帰路に
つきました。

同じような時間に名古屋を出て、2人とも同
じような時間(20時半頃)に家に着きまし
た。名古屋から東京と尾鷲(名古屋がある愛
知の隣県の市だ一応・・)でだよ?

今さら思うことでもないけど、改めて新幹線
の速さを実感するよ・・
(紀伊半島の遠さもネ ̄▽ ̄;)

また6月ごろに東京行くからね?サトチン☆



みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
    サトチンが描いた寅のイラスト

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
  朝まで飲んみょったよ?(尾鷲弁・・・)
みちびとのたわ事?A diary of route journey?
          名古屋城

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
         名古屋の街

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
雪をかぶった中央アルプスが!(青い山の向こううっすら見えます)

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
宗谷岬にて(2004・9) チャリダーの私(右)とサトチン






伊勢志摩で新年会☆ - 2010.01.21 Thu

18、19両日は、Sちゃんと伊勢志摩に行って
きました。18日は私たちの共通の恩師であるI
氏と3人で新年会。

新年会の前に、鳥羽の海岸沿いにある海洋文化を
テーマにした博物館『海の博物館』に行きました。
この日は『海はひろいな作品展』が開催されてい
ました。流木や貝殻など、海辺に落ちていたもの
を集めて作られたものを展示するコーナーです。
色んな感性に触れられました。

夜は伊勢市中心部にある商人の町、河崎の一角に
ある石蔵造りの居酒屋で新年会。伊勢志摩で獲れ
た旬のお魚に舌鼓を打ちました。

19日は午前中はおはらい町、おかげ横丁をぶら
り旅し、内宮におまいりをした後志摩へ。大王崎
灯台で大海原を眺めようと思いましたが、あいに
くの工事中・・・


でも、志摩グルメ“てこね寿司”はしっかりいた
だき、帰りは志摩半島南岸をなぞるシーサイドラ
イン国道260号を経て紀伊の国まで帰りました。


いつものパッカー旅とはまたひと味違った、ゆっ
たりのんびりグルメ旅となりました☆


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
       海はひろいな作品展


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
   ステキな作品ばかり・・・☆


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
   館長自ら全国各地へ赴いて収集した昔の船
紀伊半島の捕鯨船から佐渡のたらい船や沖縄のサバニまで!


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
       プリップリの生牡蠣


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
        寒ブリお造り


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
         カブラ蒸し


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
        石蔵風居酒屋


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      おはらい町での陶器市


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
        赤福本店の茶釜


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      伊勢といえばこれでしょ☆


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
    カラスだってよく見りゃ美しい・・・

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      聖地へ向かう人たち

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
        おかげ横丁

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
   志摩グルメ アコヤガイのてこね寿司


みちびとのたわ事?A diary of route journey?  
 漁村には猫ちゃんがとてもよく似合っています

須賀利の石経 - 2010.01.17 Sun

須賀利の石経

日曜日、尾鷲市の小さな漁村、須賀利地区で
新春の伝統儀式『石経』が行われました。こ
の行事は、石に般若心経の文字を一文字一文
字記し、海へと投げ込むことで一年間の海上
安全祈願をします。


現在私も企画を手がけている海と森をテーマ
としたエコツアーの一環でもあり、私もスタ
ッフとして同行しました。

時折冷たい風が吹く快晴の空の下、尾鷲から
の巡航船で須賀利に集合した私たちスタッフ
一同と参加者は別の船に乗り込み、午前10
時に熊野灘の沖合へと出て行きました。沖合
では、須賀利の普斎寺というお寺の住職の勤
行に合わせるように須賀利の区長さんが、般
若心経が記された石を海へ投げ込みます。真
っ青な空と海に囲まれた中での神聖な時間を
皆で見守ります。

2時間の儀式の後、須賀利へ戻り、地元のお
母さんたちが準備してくれた須賀利の家庭料
理に舌鼓を打ち、海の専門家、そして須賀利
で生まれ育った人々が小さな漁村の歴史と現
在、そして未来について語る講演会が開かれ
ました。

かつては賑わいを見せた町も過疎化の波に飲
まれ、親しい人が一人、二人といなくなって
いく現実を耳にしたときは目頭が熱くなる思
いでした。

須賀利は昨年、「にほんの里100選」にも
選ばれた漁村です。このような素晴らしい景
観を作り上げてきた風土、文化を大切にして
いきたいですね。

みちびとのたわ事?A diary of route journey? border=

みちびとのたわ事?A diary of route journey? border=

みちびとのたわ事?A diary of route journey? border=

みちびとのたわ事?A diary of route journey? border=

今年初の天狗倉山 - 2010.01.16 Sat

数日間出ていましたので、ブログ更新が遅くなりましたm(_ _)m


16日、今年初めての天狗倉山登山でした☆
寒気もゆるみ、ぽかぽか陽気だったこの日、
標高522mの天狗倉山山頂に立つと、うっ
すら冠雪した大台ヶ原山と、尾鷲の真っ青な
黒潮の海を望めます。

春と冬を同時に見られ、得をしたような休日
のひとときでした?(^_^)


みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000006.jpg

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P0000005.jpg


日の長さのお話 - 2010.01.15 Fri

最近、17時が随分明るくなりました。冬至が
過ぎ、日が長くなるのを感じる瞬間って、どん
なに寒くてもなんだか小さな幸せ覚えますね
日の長さ・・・季節で随分違いますが、世界に
目を向けると緯度で大きく異なります。当然そ
の日の長さに合った文化も出てきますね。欧米
のサマータイム制度なんてまさにその象徴的な
ものではないでしょうか。

1ヶ月ごとの日の長い短いを一番実感できる方
法として・・・
毎月の同じ日に同じ場所で同じ景色の写真を撮
り、1年後に12枚分を並べてみるというのが
あります。これを思いつく人は多いでしょうが、
なかなか実行するのは難しいです。その日に必
ず同じ場所にいることなんてまず無理だし、第
一晴れているとは限らないし・・・

どなたかされたことある人、いませんか??

以下、各季節に撮影したご来光の時期と時間
載せます。山の標高や緯度の関係で多少の誤
はありますが、こうしてみると随分時間が違
んだな?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      1月1日 午前7時5分 (三重 白米城山411m)

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
 9月6日 午前5時30分 (長野 中央アルプス駒ヶ岳2990m)

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
11月13日 午前6時46分 (奈良 大峰山系行者還岳1546m)

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
     7月25日 午前4時46分 (富士山 3776m)

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
  6月4日 午前5時14分 (奈良 大峰山系行仙岳1226m)

今日は成人式 - 2010.01.11 Mon

今日は成人式ですね。新成人の皆さま、おめでとうございます。

今年の新成人はというと…1989年4月?1990年4月1日生まれ…

つまり…み?んな平成生まれっ!!ひぇぇ?っ!!

昭和生まれの未成年はいなくなってしまったんだなぁ…

ちなみに私の世代は、21世紀初の新成人でした。あれから
9年。いつのまにかこんなにも月日が流れていたのかと思
ってしまいます。しかしよくよく考えてみると、あのころ
「夢」だったことを今現在はけっこう叶えられている。
夢を自分なりに実現できる方法を学べ、自分の脳内に現れ
た夢はいつか叶うことを前提に現れるんだろうということ
を確信できた9年でした。夢としていたことを、形のある
「目標」にすることができました。

これからは「夢」ではなく「目標」に向かいます。成人10
年目を迎えるうえのってぃ、頑張りますっ!

安価de豪華☆ - 2010.01.07 Thu

今日は七草粥の日。私も夕食は七草粥を作って食べました。
そして、今日は有り合わせの食材を使い、お野菜&お魚た
っぷりのおかずも作りました。


まずはコレ

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2010010718220000.jpg
ホタテと水菜のシンプルカルパッチョ


そして


みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2010010718270000.jpg
ブリとタラと野菜の寄せ鍋


今年も1年、健やかに過ごせますようにニコニコキラキラ

○○マニアのお話 - 2010.01.07 Thu

よく使われる「○○マニア」。
皆さんの周りには何マニアがいますか?ちなみ
に私の周りには旧道、山、旅マニア多いです(笑)
まさに類は友を呼ぶですね☆

このマニアなんですが、探してみるとけっこう
面白いマニアさんがいるんですよ?!灯台マニ
ア、世界遺産マニア(これはけっこうベタかな)
先端マニア(宗谷岬、ロカ岬、ホーン岬ど、
国内外の最○端と呼ばれるところを積極的に攻
めるヒト)、タワーマニア、寺/神社/カテド
ラルマニア、離島マニア、極地マニアなどなど
・・・。
そんな中、最近面白いマニアさんのサイトを見
つけました。外灯を主に研究している外灯マニ
アです。実は私、マニアとまではいかないけれ
ど結構外灯が好きなんです。というより、外灯
にひっそりと照らされる夜の旧道の雰囲気が好
きで、自然とその“光源”に目がいくようにな
りました。

昭和の雰囲気漂う白熱電球型から、オーソドッ
クスな蛍光灯など、案外頼りない光に照らされ
る夜の裏路地って、恐ろしいほどに心を落ち着
けてくれるものです。

以前、外灯そのものに目を向けている人はいな
いのかとふと思い、調べてみたところこの外
マニアさんのサイトに辿り着きました。日本国
内で見られる各種外灯の写真がずらりと並び、
それらがよく使われていた年代やワット数、感
想までが丹念に書かれており、脱帽でした。い
ろんな人がいるものだと改めて感じた瞬間でも
ありました。

この○○マニアとよばれる人たちのサイト、と
っても勉強になることが多いです。時にはその
世界の人以上に知識を持ち合わせていることも
あります。何か気になること、何となく興味を
持っていることがあれば○○(興味のあること)
マニアで一度検索してみて下さい(^皿^)



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

       白熱球タイプの外灯


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

        蛍光灯の外灯



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

      白熱球に照らされる街道



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

  そして忘れてはならない月 自然の外灯だ!

四国八十八ヶ所・第零番札所のお話 - 2010.01.05 Tue

新年早々、危うく寝過ごしそうになったうえのってぃです・・・。



さて、今日は面白い雑学的なお話しをひとつ。(この界の人か

らすれば雑学でも何でもないただの一般常識ですが・・・)



まず四国八十八ヶ所について。

四国八十八ヶ所巡礼とは、徳島県鳴門市にある第一番札所竺

和山霊山寺から、香川県さぬき市にある第八十八番札所医王

山大窪寺までの八十八寺を巡礼することを言います。約1400

キロメートル、50日間にもわたる巡礼の旅を終えた遍路は、海

をわたり、大和街道の一部と高野山町石道(紀伊山地の霊場と

参詣道として世界遺産登録されています)を歩き、弘法大師が

建立した真言宗の総本山、金剛証寺と弘法大師が眠る奥の院

に詣でて満願成就となります。


さて、この壮大な四国遍路には、“零番”が存在することをご存

じでしょうか。この零番は、日本ではなく中華人民共和国の陝西

省西安市(シルクロード各道の起点)にある青龍寺です。弘法大

師は、当時唐国の都であった西安の青龍寺で恵果からの教えを

受け、真言宗を日本に持ち帰ったことから、かつての霊場会会長

から零番と名づけられたとのことです。実際にここ青龍寺へ行くと

朱印帳に判を押してもらえます。青龍寺の境内には空海記念碑

が立っており、空海を囲む4つの珠は、それぞれ「阿波」「土佐」

「伊予」「讃岐」の4つの道場を意味しています。


広義的にとらえれば、西安?揚州までの約1200キロメートル

(極東シルクロードであり、遣唐使の道でもある)も四国霊場の道

中とすることができます。



いにしえの道で日本と世界はつながっていますね。このような考え

方をすれば旅や歴史がもっともっと楽しくなるのではないでしょうか音譜



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

          青龍寺の空海記念碑と4つの珠



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

             奥の院



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

           四国遍路の典型的な風景


さてと、今年の抱負を^^♪ - 2010.01.04 Mon

今年のお正月は家族、いとことおいしいもの

を食べながら過ごしました。そして、初日の

出は松阪市の白米城山(411m)で拝みまし

た。寒風吹きすさみ、時折雪の舞う引き締ま

った空気の中で迎えた2010年の元旦・・。


さて、私の今年の目標ですが・・・。


■カミーノ・デ・サンティアゴのブルゴス?サン

 ティアゴ・デ・コンポステーラ+フィニステラを

 踏破。(できればオプションとしてポルトガル

 とトランジット中の東南アジアを数カ国旅する)

 

■現在描いている熊野古道イラストマップ全ル

ートを完成させる。(成果品の行く末は未定

ですが出版できればと考えています)


■あまりこのブログではあらわにはしていませ

 んが、私の中のどうしようもないマイナス思考

 を洗い流す!そのため必要な精神的な強さを養う。


■そして、「つながり」を常に忘れずに。


この4点を軸に2010年を過ごしていきたいと思いますキラキラ

今年もおもしろい年になりそうだ?!!にひひ



みちびとのたわ事?A diary of route journey?  



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

明けましておめでとうございます ?A HAPPY NEW YEAR? !! - 2010.01.01 Fri

2010年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


家族、親戚、幼なじみ、仕事中の友人、帰

省中の友人、仕事仲間、世界各地で新年を

迎えたバックパッカーやチャリンコ旅中の仲

間、そして私自身にとって良い1年になりま

すように。。。。。



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる