topimage

2009-12

伊勢マデ完歩! - 2009.12.29 Tue

2日がかりで、桑名の七里の渡し?伊勢神宮外宮間の

伊勢参宮街道約100kmを踏破しました!


1日目は、安藤広重の『東海道五十三次』でも有名な「七

里の渡し」を朝8時半ごろ出発し、桑名市、朝日町、四

日市市を旧東海道を歩きました。日永の追分で東海道

を西側へ見送って伊勢参宮街道に入り、鈴鹿、河芸を

経て17時過ぎ津の我が家着。


2日目は津の我が家を朝7時半出発し、津市、松阪市、

明和町を経て伊勢神宮外宮へ16時半ゴール!


本来3日かけて踏破するコースを2日だったので、1日

50キロ歩きました?  伊勢でお参りをして、赤福買っ

て帰りました。


かつて人が幸せを願って歩いた旅路、伝えていきたい

ものです。



さて、第37回伊勢迄歩講大阪?伊勢神宮内宮の踏破

隊の方は本日は榛原まで来ました。明日から山間部に

入り、美杉経由で31日の夜に伊勢到着予定です。皆さ

ん引き続き頑張ってくださ?い!!




みちびとのたわ事?A diary of route journey?

     七里の渡し 『東海道五十三次』にも描かれています



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

                 旧東海道


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

        ひなびた町並みから見る近代的な光景



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

この地域の旧東海道は県道66号! 某国の66号も有名な道ですよネ☆



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

    日永の追分 伊勢参宮街道と東海道の分岐点です



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

             鈴鹿市内の旧街道



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

               2日目 斎宮にて



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

           宮川を渡れば伊勢神宮はすぐ!






スポンサーサイト

伊勢マデ歩コウ! - 2009.12.28 Mon

昨日から実家に帰っています。今日28日は、『第37回伊勢
迄歩講』の踏破隊が、大阪市の玉造神社から、170キロ先
の伊勢神宮を目指してスタートする日です。元日の未明、
伊勢に到着予定です。

けんたっきいさん、各大学ユースホステル部の皆様、参加
者の皆様、頑張ってください。無事到達をお祈りします!

さて、私は今回は参加できませんでしたが、代わり(?)とし
て、桑名の七里の渡しから2日かけて伊勢神宮までを歩い
てきます。本日は桑名から実家のある津まで歩き、明日は
津から伊勢までです。行程がコンパクトな分、1日50キロ
近く歩かねば…。

では、頑張ってきます!


※伊勢に至る街道(伊勢街道)は複数あり、大阪から伊勢
を結ぶものは主に伊勢本街道、
私が今日明日と歩くのが東海道から分岐する伊勢参宮街道
です。

この1年photo - 2009.12.25 Fri

2009年もあと1週間をきりました。

今年1年もたくさんのことを体験できたし、たくさんの

いい出会いがありました。もちろん焦ったり落ち込ん

だりしたこともありました。落ち込んだりはい上がった

りで小さく波打ちながらも全体的に向上できた1年だ

と思います。


以下、この1年美しいと感じたもの、何気なく撮った

の、一部はくだらない写真を掲載しています☆



【1 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【2 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?




【3 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【4 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【5 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【6 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【7 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【8 月】
みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【9 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【10 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【11 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?



【12 月】

みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?


みちびとのたわ事?A diary of route journey?



では皆さま、よいお年を☆ 

・・・って、まだ今年最後のブログではありませんよにひひ

Merry Christmas☆ - 2009.12.25 Fri

皆さま、クリスマスイブをいかがお過ごし!?

うえのってぃは、友人とホッカホカの鍋パーティーニコニコキラキラ

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-P1440309.jpg

ホント・・・へこみましたm(_ _)m - 2009.12.22 Tue



先々日日曜日、携帯電話を落としてしましました。

それも、ド田舎でのトレラン(トレイルランニング)中に・・。


走っている最中、「チャリン」という音に気づき、後

を振り向くと、私の小銭入れが落ちていることに気

づきました(古道トレランなので、最低限のお金し

か持っていきませんでした)。すぐさま拾い、なぜ

落ちるのかと自分の体を見回すと、私のウエスト

ポーチのポケットが全開っっ!!ショック!



同じポケットに入っていた携帯電話が見あたりま

せん。スタート地点から約2キロだったので、私は

再びその2キロを戻り、2回くらい探し回りましたが

見つかりませんでした。とりあえず公衆電話で携

帯会社に連絡し、サービスを停止した後、警察に

連絡しました。



しかし場所が場所のため、届けられる可能性は

ぼ皆無・・・あせる次の日、保険がきいたため、私は

とりあえず新しく携帯電話を入手することができま

した。もちろんそれなりにお金はかかりましたが・・・



今年残すところあと10日足らずにして大きなドジ

をしてしまいました。基礎的なことだけど、ウェスト

ポーチやカバンの閉め忘れだけは絶対怠らないよ

うに気をつけないと・・・これが海外ならけっこうやっ

かいなコトになりかねませんからねえガーン



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

           たるんだ心にカ?ッッツ!!

プチ☆忘年会 - 2009.12.18 Fri

一昨日は友人のSAIKEちゃん、Kちゃんと、尾鷲の行きつ
けの居酒屋でプチ忘年会でした。KちゃんはSAKIEちゃん
の前からの友達で、私は最近紹介され、仲良くなりました☆

Kちゃんもすごくアクティブで根っからの旅好き。SAKIE
ちゃんからも前々から色んな話を聞いており、いつか会い
たいと思っていたら、行きつけの居酒屋で叶っちゃいました!

日が変わる前に舞台を私のアパートに移し、午前2時頃ま
で話していました♪ 紀伊半島に集う旅人…ホント素敵だ
なぁ。

もともと尾鷲は熊野や西国へ詣でる旅路の途中。「通過点」
なんてマイナスな言葉は止めて、旅の街として広げたらも
っと賑わうんじゃないかなぁと思う今日この頃。

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2009121519280000.jpg
サービスしていただいたオニエビの上でカンパイ

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2009121519380000.jpg
     お造り盛り合わせ?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?-2009121520110000.jpg
    そしてコレ、カタヤキソバ!

名古屋 with friend ☆ - 2009.12.13 Sun

日曜日は、大学時代の仲良し組みで名古屋で集まりました。

今年は、メンバーの中のライが結婚したおめでたい年☆4月

の結婚式以来の集まりだったから、とにかくワイワイガヤガヤ!




まず、お昼はJR東海セントラルタワーズ13階のインド料理店

「マハラジャ」で、2時間半のトークタイムランチ。そのあと、大

須へ移動し、買い物をした後に栄でカラオケ。暗くなった後は

名駅まで徒歩移動して、スパイラルタワーの1階でオムライス

を食べながら、またまた2時間近くトークタイム☆




だいたい、私達集まると、ほとんどがおしゃべりとなることが多

いです。以前はスタバで延々5時間トークなんてことも!気心

知れた仲間とこの時間って、ホントいいですね。今回は約8ヶ

月も集まる期間が開いてしまいましたが、次からはできるだけ

2ヶ月くらいに一回は集まりたいねと話してました。なかなか定

期的に集まれない原因は主に「私」とのこと・・・(苦笑)




「おまえが一番つかまえにくいんじゃい!!」と怒突かれました?

んん・・・たしかにスケジュール帳ぎっしりなんてつき結構あっ

たからなぁ・・・ 




2月ははやめに日をとるんで、絶対また2月集まろうね?!!




みちびとのたわ事?A diary of route journey?

      マハラジャ 本場インドカレーにナンに・・・ムフフ♪



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

             サンシャイン サカエ



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

           名古屋の“道頓堀”  堀川


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
         スタイリッシュな高層ビルスパイラルタワー



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

   ミッドランドスクエアもクリスマスの装い


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
       セントラルタワーズのイルミネーション 

二木島?逢神坂峠ガイド - 2009.12.13 Sun

12日は京都からお越しいただいたご一行様
ご案内しました。前日は季節はずれの豪雨
あり、すっかり晴れ上がったこの日も石畳
は水浸し。一部は沢になっていました。


もともと尾鷲や熊野を中心とした紀伊半島東
部地域は屋久島と1、2位を争う日本最多雨
地帯。この石畳道はそんな環境下で何百年も
道を守り続けてきた人々の知恵の証です。
濡れた石畳道を一歩一歩気をつけて歩きなが
ら、晴天でありながらお客様に雨天下の旅人
の大変さを体験していただけました。



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

取材で熊野の秘境へ - 2009.12.11 Fri

仕事で作成している刊行物の取材のため、熊
野市の山中集落、赤倉へ行ってきました。こ
こには、かつての行場でもあった断崖絶壁
「大丹倉」をはじめとする大自然豊かな場所
で、紀伊半島の秘境ともいえる地域の一つで
もあります。

現在では携帯電話も使えない程の山奥ですが、
まわりの山々には各地を結んでいた古い道が
網羅しています。海側の井戸や木本、有馬、
そして奥熊野方面だと十津川街道を経て十津
川村へ、そして北山街道を経て吉野や奈良、
大阪方面ともてつながっていました。

そう、ここは人とモノと文化の要衝の地の一
だったのです。川のせせらぎの音だけが響
き渡る山中で、かつての賑わいがかいま見え
た気がしました。

民家が数軒しかない赤倉の里には、アマゴ養
殖をしている「赤倉水産」があり、ここの代
表取締役の中平さんはこの地域に何度も来た
くなるようなツーリズムを作り上げるプロジ
ェクトを行っています。山と川、地産自消、
そして各地とつながっていた交易路をトレッ
キングコースとして整備するなと、本格的に
取り組んでおられます。

中平さんは、皆が童(子供)にかえることが
できる地域にしたいと心を込め、赤倉の里に
「童集乃村=わらしのむら」という名前を付
けました。疲れた心を癒すのには申し訳ない
くらいの場所だと思います☆


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
                 赤倉の集落

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
        雨滝


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
 原始林の切り株 どんな大木だったんだろう・・・


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      谷底から見上げる大丹倉
   まるで日本版ヨセミテ・ハーフドーム!

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      そして頂上はこのと?り♪


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
        遙かなる山並み

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
   サネカズラの実がまだ残っていました?




私なりに感じている世界観 - 2009.12.08 Tue

「広い世界の現実と価値観に触れたい」

こういった理由で22ヶ国をめぐる旅をされ
た20代前半の女性のブログを少し前に拝見
しました。カミーノ・デ・サンティアゴの情
報を集めたいた時、たまたま目にしたブログ
です。


その女性が帰国後大都市を歩いたとき、日本
の青年の瞳には活力と輝きが欠けている、目
が死んでいる人が多いことに気づいたと綴っ
ていました。この言葉に私も共感しま
した。


豊かさとはいったい何なのだろうか・・・?



上記の女性とは少し違いますが、私自身も似
たようなことを感じたことがあります。体を
動かさなくても食べたいときに食べたいもの
が食べられる、自然を楽しむはずの山にして
も、ほとんど足を使わずに頂上付近まで行け
る山が増えている、ネット一つで家から出ず
何でもできる・・・。なんか、日本の生活が
どんどんロボット化している・・。



いいのか?なんだか悲しい。



車よりも徒歩か自転車、可能な限り世界中飛
行機を使わず陸を這って旅したいと考える私
は、おそらく日本人、とくに20?30代の
中では超がつくほどの希有な存在だと思いま
すが、私がハタチごろからこのような事を好
んでするようになったのは、やはり上記のよ
うな疑問をどこかで感じていたのだろうと最
近になって気づきました。(やり始めたハタ
チごろ、こんな深いことは考えてなかったけ
どね・・・苦笑)

今私がライフワークにしているいのしえの道
の旅も、ゆくゆくは今後、地球に住む生物の
一因である人類の課題を解決する一つになれ
ばと心のどこかで願いながら私は地道に活動
したいと思います。


余談ですが、尊敬する友人の一人に、世界各
地を旅してエコに関心を持ち、ムダのない生
活を呼びかけようとしている女性がいます。
追々彼女のことも紹介していこうと思います☆

カラコルムハイウェイの旧道 - 2009.12.07 Mon

私の憧れのルートの一つを紹介します。中国のカ

シュガルと、国境のクンジュラブ峠を経てパキスタ

ンフンザを結ぶ約1200kmのハイウェイです。ハ

イウェイという名の通り、この道そのものができた

のは1978年とごくごく最近のことです。K2抱くカ

ラコルム山脈を横断するこのハイウェイは、世界屈

指のダイナミックな風景を求める旅人、ユーラシア

横断の道中として利用する旅人、世界の屋根に挑

むクライマーなどが多く訪れています。



私が憧れているのはこの道そのものではなく、谷

の反対側に残されている旧道です。これには大き

な理由があります。



玄奘三蔵法師がインドへ旅立ち、経典を西安に持

ち帰った壮大な旅路の道中であるからです。現在

使われているハイウェイから谷をまたいだ反対側

の山腹にへばりついている道こそが三蔵法師が旅

した古来からの道の一部です。



熊野参詣、大峰奥駈修行、西国三十三箇所巡礼、

四国巡礼で必ず唱えられる般若心経・・・。これこ

そ三蔵法師が持ち帰り、漢訳された経典の一部で

す。熊野を愛し、シルクロードに憧れ、いろいろ模

索していく中で自然と惹かれていきました。




いつか旅したい・・・・。

新宮ミニツアー - 2009.12.06 Sun

12月6日(日)は、新宮ミニツアーでした。
ツアーといっても、仕事仲間同士で計画した
ものを私が簡単にコーディネートしたもので
す(笑)いつも秘境、または冒険的なツアー
をよく組む私ですが、たまには街中散策もい
いものです。(といっても、午前中は3時間
の山歩きでしたが・・・)

まず10時半頃、熊野速玉大社に車を止めて
旧街道を歩き、神倉神社へ移動。その昔、熊
野権現が降臨したというゴドビキ岩まで、石
畳を垂直化したような538段の階段を登り
ます。

ゴトビキ岩を参拝し、景色を堪能した後には
、新宮市街地の西側に位置する千穂ヶ峰にむ
けて、約1時間半のミニ縦走を開始。千穂ヶ
峰でお弁当を食べ、そのまま熊野速玉大社へ
下山しました。

午後は浮島の森、新宮城跡、そして徐福の墓
といった新宮市内の史跡をぶらりと観光しま
した。

帰り、節約しているにもかかわらず、とある
場所にて衝動買いをしてしましました・・・。
その対象物は『祈りの道?サンティアゴ巡礼
の道と熊野古道?』という写真集。いかにも
私らし対象物です(苦笑)それも、日本人
カメランが見たカミーノと、スペイン人カ
メラマが見た熊野古道が、解説付きで同時
掲載されており、なんと相田みつを氏の詩も
特別掲載されている貴重なもの。

また、追々紹介いたします☆



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

      神倉神社のゴトビキ岩


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

     ゴトビキ岩から新宮市街地



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

新宮市街地の詳細 標高100メートルの世界は面白い!



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

        ミ ニ 縦 走


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

     新宮城跡から眺める熊野川


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

         紅葉と水面


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

      写 真 集



海と森の恵みを味わう旅 - 2009.12.05 Sat

12月5日(土)は、私がコーディネートを
担当したエコツアー『海と森の恵みを味わう
旅』を催行する予定でしたが、悪天候のため
やむをえず中止としました。中止の連絡をし
た参加予定者の方々からは、「残念」「楽し
みだったのに」との声をいただき、こちらも
やりきれない思いでした・・・。

海と森という自然が対象のツアーだから、催
行、中止も自然によって左右されるのも仕方
ないです。私たちはこの日、悪天候による中
止で辛い思いをしましたが、この日の雨を恵
みの雨としている人だっていたことでしょう。

自然は人に対して公平です。そして人は自然
の威力には叶いません。だからこそ、人
「晴れ女」「雨男」などといった言葉を用い
て自を寛容に受け入れてきたのでしょう。

この日は残念でしたが、次の日に新宮で行っ
たミニツアーは絶好の快晴となりました!

※海と森の恵みを味わう旅とは・・・?
熊野市の港町遊木(日本屈指のサンマ水揚げ
量)を拠点に遊覧船で楯ヶ崎へわたり、地元
のベテランガイドとともに豊かな海を育んで
きた森を歩き、海と森と人との関わり合いを
学ぶツアーです。ツアー後は、遊木にてその
日に捕れたお魚をふんだんに使ったボリュー
ムたっぷりの料理を味わいます!まさに、遊
んで学んで食べてと3拍子揃ったツアーです^^♪

以下、今回の舞台の一部を晴天時に撮影した
ものです


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      海面から見上げる断崖絶壁(上のとつながります)


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
           海上から見る楯ヶ崎



パリで大規模なストライキが発生 - 2009.12.04 Fri

今日のYAHOOニュースで、パリで大規模
ストライキが発生しているとの記事を見ま
した。ルーブル、オルセーなどの有名美術館、
ヴェルサイユ宮殿、凱旋門などのパリの目玉
的観光施設が一斉に閉鎖されているとのこと
です。

先々月上旬にパリを旅しましたが、フランス
ストライキ大国でいつどんなときに交通網
や観光施設などがストップ、閉鎖されるかわ
からないから気をつけてとの勧告をあちらこ
ちらでされました。勧告もフランス語でされ
てはさっぱりの人も、「Greve(グレー
ヴ)」という言葉をテレビや街角で目にする
ことがあれば要注意と教えられました。

世界的に人気の高い花の都パリですが、20
紀初頭に各地からの移民を受け入れて以降、
人種が共存する都市として現在に至り、華
やかなイメージの裏では経済格差も深刻な状
態にあるとのことです。

どこにでも言えることですが、良いイメージ
隠れて見えなくなりがちな、その街その国
が抱く問題、現状にも一人一人が目を向ける
べきと感じました。

みちびとのたわ事?A diary of route journey?

友人と飲み会☆ - 2009.12.02 Wed

今日は友人チャーと飲み会でした。☆チャーは隣町

なので、ちょくちょく会っては愚痴やその他たわい

ない話で盛り上がっています(^皿^)



女同士のこういう話からはけっこう斬新な考え方が

生まれるものなんです。とくにチャーはとっても不

思議な感性の持ち主で、いつも私は新しい発見をさ

せてもらっています。





尊敬できる友人が多いって、シアワセなことだな♪




みちびとのたわ事?A diary of route journey?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (45)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (9)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる