topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢本街道図絵 ~人間ペースの旅が広まりつつある世界を思って~ - 2013.08.10 Sat

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆


このたび、奈良県御杖村内の伊勢本街道イラストマップを手掛けさせていただくことになりました。友達を経て知り合った奈良県のOさんがかかわる事業からのご依頼を受ける形となりました。大阪から伊勢神宮を結んだ由緒あるこの巡礼路をもっと多くの人に知り、そして歩いてもらえるようにと尽力するOさんは、部分部分ではなく170kmの歩き旅ができる道としてこの伊勢本街道を紹介できないかとかねてから考案しており、その中から出てきたのが今回のプロジェクトです(Oさんはシルクロード探検はじめ世界各国への渡航歴を持つコアな旅人さんです!)

いきなり大阪から伊勢までを描くというのは(あらゆる沿道事情を考えて・・・)難しくとも、御杖村から始めていけばこれがきっかけにつながっていくということも考えられると、御杖村内の14kmから描きはじめることに至ったとのことです。


今、世界各地で歩くたびが見直されてきたように思えます。スピード、発展ばかりを追求してきた流れにブレーキをかけ、人間目線のスピードによって見えてくるものを探求してみる、地球にも非常に優しい流れのように感じます。

カミーノ・デ・サンティアゴつながりのFさんも「今、車社会から遠ざかって人々が歩き旅へと還ろうとしている」と興味深いことをおっしゃっていました。Fさんのお友達は現在インドのガンジーがたどった道をずっと歩いているとのこと。

日本、世界各地いたるところでバックパックを背負った巡礼者、歩き旅人が行きかう日が訪れたら本当にいいな・・・こんなことを考えながら今回の伊勢本街道を精一杯手掛けさせていただきます!


【先月の取材photo】
7月にOさんとともに1泊2日の取材を2度行いました。


P1170060.jpg
鞍取峠登り

P1170116.jpg
沿道の有志オカモッチャンこと岡本さんがこんな嬉しいサプライズを!
(画像左側を見てくださ~い♥)

P1130346.jpg
神末地区

P1130355.jpg
神末地区

P1130379.jpg

P1130341.jpg


7月17日、調査旅行終了後、時間が空いたので曽爾高原を歩いてきました☆

P1130385.jpg

P1130403.jpg


Hasta mañana☆





スポンサーサイト

伊勢迄歩講~カミーノ・デ・イセ~・夏Ver - 2011.08.03 Wed

1週間ほどの日程で予定していた北アルプス縦走は、しばらくの間続く天候不順のために1ヶ月後に延期することに決め、今回は伊勢本街道を奈良県榛原から伊勢神宮内宮まで3日間かけて踏破することにしました。この区間は4回目ですが真夏は初めてです。3日間の宿泊費はもちろんゼロ円、湿気と闘いながらの“カミーノ・デ・イセ”でした。改めて、日本の夏の下界はロングトレイルスポーツにはあまり向いていないと実感


今回のメンバーは、北アルプスを一緒に縦走する予定だったはるちゃんとわんたろうさん。行程は、1日目が奈良県榛原~奈良県御杖村敷津36km、2日目は御杖村敷津~三重県松阪市高石30km、そしてラストは松阪市高石から伊勢神宮内宮までの40kmで、道の駅姫石の湯と高石の某所でそれぞれテントを張りました。


7月30日

午前7時、近鉄榛原駅で大阪、岐阜、三重の3府県から来た3人が合流し、7時半に榛原を出発。大気の状態が不安定なため朝からどんよりした曇り。しかしこの時期晴れていたら晴れていたでものすごい直射日光+照り返しのダブルパンチを受けることになるので、曇っていて湿気攻撃ですんだだけでありがたいです


P1150169.jpg
近鉄榛原駅前

P1150174.jpg
榛原高市区に残る伊勢本街道古道 
わんたろうさん、クモの巣ガードありがとうございます!


榛原の町を出た後、伊勢本街道は一気に山の中へと入っていきます。次に町らしい町を見るのは伊勢の手前にある田丸になります。その間はのどかな山里または深い山の中を行くことになります。この街道では近年のアウトドアブームやウォーキングブームの影響もあり、関西方面からのお伊勢参りに使われていた古い巡礼道ということで注目度が高まっています。沿道沿いには絶えず道標が整備されており、また沿道の住民達が大きなバックパックを背負った私たちを見るやいなや「お伊勢参りですか~頑張って下さいね!」と声をかけて下さいます。時代に合わせ、車や電車でのお伊勢参りが主流となった今でもいにしえのつながりが残っていることに幸せを覚えました。長年、人々が永久なる幸せを求めて一歩一歩旅した道なのですからね。


P1150175.jpg
きちんと起点の大阪と終点の伊勢の文字があります(榛原奥の高井地区)

P1150180.jpg
奈良県在住の個人の方が整備して下さっている道標


ちょうど中間地点の山粕集落に来た辺りで雷鳴がとどろいてきました。お昼時でもあったので昼食がてら雷雨をやりすごします(結局かすめただけでしたが)13時過ぎ頃再び出発、コンパクトでも急峻な鞍取峠を越えた後は青蓮寺川に沿い、ひたすら東へ向けて歩きます。御杖村の桜峠を越えた辺りで再び夕立がきたので、小学校の軒下でしばし雨宿り。


P1150202.jpg
日が差す鞍取峠道

P1150206.jpg
鞍取り峠越えた土屋原の集落

(123)_20110803140152.jpg
前回歩いたとき(2010年12月末)はこんな状態でした
日本の四季の美しさに改めて感銘を受けます

P1150207.jpg
土屋原の和合橋

P1150210.jpg
夕立後の御杖村菅野地区

P1150213.jpg
最後の坂を頑張り、宿泊地(笑)の道の駅へ


雨宿りで時間がかかったため、薄暗くなった頃に道の駅姫石の湯へゴール!さっそく温泉で汗を流し、道の駅スタッフに許可をもらって裏側でテントを張らせてもらうことに。時折小雨がぱらつく中、まったりと自炊し、蒸し暑いテントで眠りにつきました~


P1150215.jpg


7月31日

午後ほど夕立や急激な雷雨があるとの予報だったので、朝は4時半に出発。この日は出発して3kmほどのところで三重県津市美杉町イン。のどかな山里と峠道の繰り返しの行程です。美杉町は今でこそ合併して三重県庁所在地の津市となっていますが、2005年までは美杉村という村でした。私の幼少時代、よくキャンプやアウトドアに連れてもらっていたので思い出深い場所でもあります。真夏の山間部は懐かしい優しさに包まれていました。しかし・・・肌身でしっかりと水分を感じられるほどに高い湿度の一日だったなあ~( ̄Д ̄;)


P1150221.jpg
早朝の御杖村敷津

P1150231.jpg
ほの暗い峠道を歩き...

P1150232.jpg
三重県に入ります

P1150238.jpg
美杉町内の伊勢本街道には重厚で立派な古民家が多い
いかに栄えた街道だったかを物語っています

P1150240.jpg
飼坂峠の首切り地蔵 
道中、山賊に襲われた巡礼者を供養するため祀られたとのこと

P1150242.jpg
今回は暑さと湿気のため、飼坂峠の古道ではなくトンネルの方を通りました(^^;)


難所飼坂峠の後は上多気の里に入ります。ここも山間部に田んぼが広がるという絵に描いたような日本の原風景ですが、この一大動脈伊勢本街道に、南の奥伊勢方面から来る商人の道、庄司峠道と合流する箇所であり、かつては何軒かの旅籠が存在しました。有名な北畠神社もこの里にあるほか、誰の目にも留まる「すくいせ道」と彫られた江戸期の大きな道標もあります。


(165)_20110803165244.jpg
上多気の道標(今回写真を撮らなかったので昨年末のものです...)


この後道は、最難所の仁柿峠をへて櫛田川沿いへと下っていきます。櫛田川に沿って下流へおよそ6kmほどのところが、本日の宿泊、いや、ビバーク地の大石です。某所にてテントを張り、夕食準備に。この日の夜はちょいと豪華で中華丼&韓国定番料理のサムゲタンです☆夕食後は翌朝の3時気象に備え、早々と就寝...がしかし、猛烈な湿気と蚊と熱気に苛まれて3人ともなかなか寝付けず( ̄Д ̄;)これもビバークの醍醐味ですね(苦笑)それに夜10時を過ぎたころには雷までゴロゴロとなり出す始末・・・ まあ何だかんだでも睡眠はしっかりと取れました~

P1150247.jpg
大石の某所にて(笑)

P1150250.jpg
豪華な夕食(笑)


8月1日

3時起床、朝から小雨~ この日は40kmの歩きを経て伊勢神宮にゴールします。朝から国道ドライブ写真自慢のコンビニ店員、道中ちょっとしたトラブルの際にひっきりなしに声をかけて下さる地元民、そして1.5kmにわたりしつこくつけてきては丁寧に道の説明をしてくれるおじいちゃんなど、色んな愉快で楽しい人たちとのたくさんの出会いがありました☆

大石を出た後、津留の渡し跡付近で櫛田川を渡り、多気町に入ります。この辺りから伊勢平野へとはいってゆき、疋田、相可、外城田と旧街道をつなぎ、熊野古道伊勢路との合流点である田丸へ至ります。


P1150253.jpg
多気町疋田の手前 延々と櫛田川に沿って歩きます

P1150254.jpg
歩き始めて約3時間でようやく朝7時

P1150262.jpg
田丸手前の伏し拝み坂
伊勢まで残りわずかにもかかわらず、残りの距離を聞いて絶倒した巡礼者がここでお伊勢さんを遙拝し、引き返したとされます。


P1150267.jpg
田丸ではボリューム100点満点ならぬ120点超点の食堂で腹ごしらえ~


田丸からはおよそ12kmの距離を歩き、お伊勢さんに無事ゴールしました!内宮に参った後、念願の赤福氷で体を冷やし、その後は伊勢市内のスーパー銭湯で汗を流しました。とっても楽しい“北アルプス代案の旅”でした~


P1150272.jpg

P1150270.jpg

伊勢本街道の踏破記事 - 2009.11.04 Wed

3日分アップしました?☆

明日から引き続き、カミーノ記事もアップしていきま?す!!

伊勢本街道踏破 11月3日 - 2009.11.04 Wed

11月3日  相可 ? 伊勢神宮内宮 35km


踏破最終日は外城田、田丸と延々と伊勢平野を歩き、宮川を

渡って外宮を経て伊勢神宮内宮へと向かいます。この日の伊

勢神宮は、20年に一度の式年遷宮を平成25年に控え、新しく

架け替えられた宇治橋の渡始式があり、私たちもこれに参加

することになりました。16時内宮到着後、すでに1万人以上の

人々が渡始式を待っていました。



係員の指示に従い、スタートから約40分後、私たちも白装束

で宇治橋を渡りました。天照大御神に参拝し、木札をいただい

て今回の伊勢おかげ参りは無事に終了しました。この後、皇

學館大学へと移動し、解散パーティにも参加させていただきま

した。


楽しい人たちと交流しながら歩けた有意義な3日間でした音譜




みちびとのたわ事?A diary of route journey?
         相可の町並み



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      外城田手前の山道

ここには伊勢の地を前にして、疲労のあまり

帰ってしまった巡礼の伝説が残っています。




みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      宮川を度会橋で渡る



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
   大勢の人が新宇治橋を渡ってゆく



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
     ライトアップされた新宇治橋



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
       解散パーティにて☆


伊勢本街道踏破 11月2日 - 2009.11.04 Wed

11月2日  美杉村上多気?多気町相可 35km


昨日の雨もすっかり上がり、この日は朝からすっきり青空!

北畠神社を後にし、町屋の宿場町をへて道は難所櫃坂(ひ

つさか)峠へ。古道がしっかりと残るこの峠道を下ると松阪市

飯南町に入り、仁垣(にがき)の集落を経て櫛田川沿いへ。

この「仁柿」という地名ですが、昔は薬草が沢山取れたらしく、

「苦木」という漢字が当てられていたのが「仁柿」と転じたとの

ことです。


櫛田川を下流方面へ進み、津留の渡し跡を経て相可地区へ。

この日は相可二区公民館で宿泊。フローリングの床に学生

達と布団を敷き、夜は話に花を咲かせていました☆懐かしの

修学旅行気分でした?音譜音譜




みちびとのたわ事?A diary of route journey?

         北畠神社にて



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
         町 屋 集 落



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
       難所櫃坂峠を行く



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
        櫃坂峠での一枚



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
          仁柿の里


みちびとのたわ事?A diary of route journey?
       澄んだ櫛田川の流れ



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
       櫛田川沿いの道を歩く



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
  昼食のおにぎりニコニコ Simple is best!!



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
      道沿いのお地蔵さん



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
   この日の終点、相可の大鏡神社



みちびとのたわ事?A diary of route journey?
       公民館での楽しい夜







伊勢本街道踏破 11月1日 - 2009.11.04 Wed

11月1日から11月3日まで、“平成のお蔭参り”と題された


企画に参加し、奈良県御杖村から伊勢神宮内宮までの約


80kmを歩いてきました。この催しは伊勢市の皇學館大学


で伊勢参りの研究をされている教授によって平成17年に


発足したものです。






年間600万人もの人が訪れる伊勢神宮ですが、かつては


徒歩で心身ともに苦労しながらようやく参る事ができたのに


対し、現在はマイカーや電車で誰でも簡単に訪れる事がで


きます。そんなお伊勢参りの時代の変化に疑問を抱かれた


教授は「おかげ参りを富士山に例えるなら、マイカーや電車


の利用はヘリコプターで頂上まで行くようなもの。本当のお


かげ参り、峠道の苦しみ、四季折々の風景の美しさ、そして


沿道の人々との交流があってこそのもの」と、各地から伊勢


に参る伊勢街道を徒歩でたどる旅を企画されました。






私は当大学の卒業生ではないですが、知り合いを経てこの


企画を知り、去年から参加しています。旅が好きな私から見


て、「ここには旅の原点がある!」とコンセプトを知るや否や


とっさに感じました。この企画には、授業の一環として皇學


館大学の一回生が参加するほか、学生の自由参加者、そし


て学外の一般参加者が一緒に歩きます。私は一般として参


加しましたが、学生たちともとても仲良くなり、和気藹々と楽


しい時間を過ごしましたキラキラ一般参加者の中にはネパールの


エヴェレスト街道やシルクロードを踏破した人もおり、と??


っっても良い刺激をもらえましたっ!!






11月1日


皇學館大学に集合後、バスにて出発点の御杖村に移動。


三重県との県境辺りでバスを降り、白装束に着替えて雨の


中出発。すぐに三重県津市美杉町(旧美杉村)に入り、伊


勢本街道の宿場町を歩きます。ここは昨年末、大阪から伊


勢本街道を踏破して伊勢神宮へ向かう時も通りました音譜






飼坂峠を越えて北畠氏ゆかりの古刹、北畠神社へ。今日


は神社の宮司さんのご好意で社務所へ泊まらせていただ


きましたニコニコ








みちびとのたわ事?A diary of route journey? border=


       美杉・興津の山里を行く






みちびとのたわ事?A diary of route journey? border=


          常 夜 灯






みちびとのたわ事?A diary of route journey? border=


          飼 坂 峠






みちびとのたわ事?A diary of route journey? border=


         上多気の宿場町




11月2日へ続く



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。