topimage

2017-06

年末熊野古道伊勢路踏破第二弾withりっちょさん - 2016.12.02 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

11月23日(祝)、24日と、東京から友人のりっちょさん(日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会設立者デス!)が来ておりました~!



23日は予定が一転二転三転・・・wとして、熊野の楽しいトコロめぐり、そして翌24日は、私が毎年末(マイ年末?)の課題としている熊野古道伊勢路踏破の第二弾として、大台町栃原~滝原宮間23kmを一緒に歩きました☆



マイ年末熊野古道伊勢路踏破とは、私が世界各地の古道を歩かせていただいている、活動させていただいていることへの感謝として、その年の年末近い時期に、活動の拠点である熊野古道伊勢路166kmを踏破し、最終地点の熊野速玉大社でその年への感謝、来年へ向けてのお祈りをすることで、2008年からしております。




カミーノはじめ、世界中の道への思いを共感できるりっちょさんとワイワイ歩いた(おいおい、巡礼w)第二弾、良い年末&新年が迎えられそうo^-^o


ピンポイントで嫌なこと(とまではいかなくとも、なんとなく悶々とした日が続く時期)があったとしても、それは自分のベストな人生へと導いてくれる必要な時間と思いかえれば、すべてがプラスに、前向きに感じられる、そう思える一日でした~


りっちょさん、ありがとう~♪


P1250002.jpg
お友達のSakieちゃんのお店、「メイドイン熊野の衣、食、住 木花堂」へ寄っておしゃべりをした後、
だーいすきなスポット、楯ヶ崎へ~ 海洋エネルギーを全身で受け取れる場所です^-^


P1250004.jpg
お昼からは、熊野市波田須町の徐福茶屋で開催されていた「くまの川王国おはからい祭り」のイベント、
滝本ヨウさんの木削り教室へ~

「木がなりたい形に合わせて、ひたすら削る。決して頑張ってはいけない。気が心地よいと思う形に
人間側が合わせる・・・その間の時間は、まさにジョウモンから変わらず続くもの」

ヨウさんのとても心地よいお言葉&木削りのコンセプトです。これを乱すと、愛が込められたゲンコツが来るかも~!?


P1250005.jpg


P1250003.jpg
「天女座カフェ×かもしてみちる」のお肉を一切使わない特製弁当
体に優しく、そして美味しかったです♡
(菊花サラダで、私がボケをかましたことはナイショで^3^)


P1250014.jpg
そして、夜は大好きな「熱血ナポリ大食堂 と、クスクス」へ。


P1250020.jpg



そして翌日~
まず、滝原宮に車を置き、1・5km先のJR滝原駅まで歩いて(この間も、熊野古道伊勢路です)、今日の出発点、JR栃原駅へ。
トチハラからタキハラの区間なので、二人で「別名ハラハラウォークだぁ」とか盛り上がっていました^ω^
(ちなみに、熊野古道伊勢路起点田丸~栃原までの第一弾は、10月末に終えました)


P1250022.jpg
滝原集落のとある場所にある光景  二人して目がいったポイントw


P1250023.jpg
雨上がりの滝原と、その向こうの台高山脈支尾根



スタートが11時前だったので、ゴール4km手前の三瀬坂峠ではこの通り薄暗く・・・・・



それなのに、三瀬坂峠でなぜかツムツムにはまってしまう二人・・・



P1250084.jpg


P1250092.jpg



当然、到着前にはこの暗さ・・・



何度も歩いている場所とはいえ、これはいけませんよ~私っ!!!


P1250098.jpg



無事に滝原に到着し、そしてJR三瀬谷駅前の「萬栄旅館」の食堂でゆったりディナーをし、りっちょさんはJR三瀬谷発の特急ワイドビュー南紀&新幹線で東京まで帰って行きました~



Buen Camino^_-☆

スポンサーサイト

1月7日―9日 年始熊野古道伊勢路踏破 - 2015.01.23 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


毎年年末近くになると行う「熊野古道伊勢路踏破」、昨年末は予定が立て込んでいたため終点新宮に到達できなかった関係で、紀北町海山区にある自宅から新宮速玉大社までのおよそ80kmを1月7日~9日に歩いてきました。(昨年末は、田丸から3日かけて海山の自宅まで歩きました) これを機に、今後は「田丸から熊野まで歩いて初詣」にしようかな^^


出発点が自宅ということもあり、まさにこの3日間は「自宅の玄関から詣でる聖地熊野」を感じることができました。どの巡礼路にも必ず起点が設けられていますが、厳密に言えば起点=各自の玄関先ですからね。


※すべてケータイ画像です。ちょっと色褪せ気味で申し訳ないです^^;


NCM_1522.jpg
八鬼山・七曲り上から尾鷲を振り返る


NCM_1531.jpg
三木峠ヨコネ道より


NCM_1526.jpg
曽根次郎坂太郎坂


NCM_1534.jpg
曽根次郎坂太郎坂・串ノ峰付近


NCM_1536.jpg
松本峠より七里御浜


NCM_1537.jpg
七里御浜



Buen Camino^_-☆

年末伊勢路踏破第2&3弾・・・そしてつながり - 2013.10.31 Thu

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆

10月28、29両日は、『年末伊勢路踏破』の第2、3弾として三瀬谷~梅ヶ谷のおよそ29kmを歩いていました。なぜ2日間でこんなに短いのかといいますと、28日は出国準備と留守の間の整理のためスタートが遅れ、29日は思わぬ悪天候のため行程を短くし・・・というコトです~^^; 28日は「奥伊勢フォレストビア」の宮川温泉に浸かり、道の駅奥伊勢おおだいで車内泊でした。



まず、28日に歩いた滝原の集落内ですが。。。


NCM_0428.jpg


こ~んなかわいい古民家カフェができていました~  この存在を知らず、三瀬谷周辺でランチを済ませてしまったのでこの日は撮影オンリーでした。あぁ、わかってたらココ入りたかったなぁ~ 



NCM_0429.jpg
こんな感じで街道に面しています^^
滝原宮から南へおよそ300m。



29日はシトシト降る雨の中を伊勢柏崎から梅ヶ谷までをとぼとぼと歩きました。しばらくドライな高地をさまようことになるので、山間部のしとしと風景も見納めかな~。梅ヶ谷到着後、JRで車をピックアップするために戻り、この後尾鷲で用事があるため一路南へ。




思いのほか早く着き、その用事まで1時間半もあったので、この9月に開通した尾鷲熊野道路(国道だと45分かかっていた尾鷲~熊野間がなんと20分!)を利用して熊野市で開催されているカメラ女子グループ”en.finder.”による写真展『熊野と出会った十人展』を見に行きました。この写真展に私も撮影ポイントキャプションのイラスト制作という形で小さいことながらもお手伝いをさせていただきました。11月5日までの期間内に行くことができないと思っていたのでこの時間の空きはラッキーでした!




この写真展ですが、熊野というフィールドが若い女性の視点を通すとこんなにもアーティスティックで洗練されたものになるのかーーーと、感心のため息が出っぱなしのステキな写真展なんです!でも、そのアーティスティック&洗練の中にも熊野が持つ深さ、広さがちゃんとあらわれているんですよ。これまで見てきた熊野の写真も奥深く美しいものばかりでしたが、今回のカメラ女子たちの作品はそこに新たな風が吹き込まれています。

熊野観が変わります!癒されます!!!ぜひぜひ見に来てくださいね☆




詳細はコチラ
http://blog.livedoor.jp/higashikishu/archives/4621308.html


facebookにご登録の方はコチラもどうぞ
https://www.facebook.com/enfinder




Hasta mañana☆

年末伊勢路踏破第1~3弾ののち、ヒマラヤのカミーノへ。 - 2013.10.27 Sun

¡Hola! caminotty@ちきゅうの道です☆

11月1日よりおよそ1ヶ月、ヒマラヤへと旅立ちます。アンナプルナ奥の聖地、ムクティナーとへの巡礼道を経て、チベットとインドをつないだジョムソン街道へ。天空のカミーノです。

そこでまるっと11月にいなくなるので、毎年私が恒例として行っている「年末伊勢路踏破=年末に近い時期を使い、田丸から新宮速玉大社までの160kmを踏破すること」の第1弾、田丸~三瀬谷を今月17日に行ってきました。16日に去った台風一過でむしろ寒いくらいのすかっと晴れ渡った空、田丸の古民家軒下でくつろいでいたにゃんこに見送られてスタート!

それにしても、田丸の町中には「熊野へ通じる町」「伊勢から熊野へのスタートライン」などという文字をよく見かけるようになりました。道をつなぐということが徐々に浸透してきているなぁ☆



NCM_0411.jpg


Hasta mañana☆

年末伊勢路踏破第6弾 - 2012.12.25 Tue

12月6日 賀田 ~ 木本 18km


【年末伊勢路踏破とは?】
わたくしcaminottyが、独自の信念に基づき、2008年から毎年行っている取組。1年楽しく過ごせたことへの感謝をこめ、年末に近い時期を使って熊野古道伊勢路を踏破し、熊野三山で最後にお祈りをするというものです。熊野古道伊勢路は私にとってとても思い入れの深い道。幼少時代から紀伊半島に対して不思議な感情を抱き、そして中学生頃から、いつか世界中を旅したいと夢を見始めた私は二十代前半で、この道がきっかけでその思いが結びつき、徐々にライフワークとなって今に至ります。「今年はこんないい出会いがあったよ、こんないいことがたくさんあったよ」と、歩くことで伊勢路に対して感謝の意を伝えています。


P1090799.jpg
曽根の町を去る

P1090803.jpg
曽根次郎坂太郎坂

P1090808.jpg
尾根に張られた石畳

P1090812.jpg
逆光の海が大好き

P1090815.jpg
二木島の町へと降りてゆく

P1090817.jpg
なんだかとっても心をくすぐられた一枚

P1090830.jpg
新鹿湾

P1090832.jpg
庚申さん

P1090836.jpg
大吹峠

P1090839.jpg
大泊湾

P1090838.jpg
鬼ヶ城

P1090848.jpg
松本峠

P1090850.jpg
そしてここ!!

年末伊勢路踏破第5弾 - 2012.12.12 Wed

11月21日:相 賀 ~ 賀 田 26km

この日の行程、相賀~馬越峠~尾鷲~八鬼山~三木里~三鬼・羽後峠~賀田。
熊野古道伊勢路・西国一の難所とされていた八鬼山はガイド、個人、イベントなどでかなりの数行っていますが、いつもは行程の一番初めに来るようにするこの峠道を行程の途中に入れたのは初めてです(笑)


【年末伊勢路踏破とは?】
わたくしcaminottyが、独自の信念に基づき、2008年から毎年行っている取組。1年楽しく過ごせたことへの感謝をこめ、年末に近い時期を使って熊野古道伊勢路を踏破し、熊野三山で最後にお祈りをするというものです。熊野古道伊勢路は私にとってとても思い入れの深い道。幼少時代から紀伊半島に対して不思議な感情を抱き、そして中学生頃から、いつか世界中を旅したいと夢を見始めた私は二十代前半で、この道がきっかけでその思いが結びつき、徐々にライフワークとなって今に至ります。「今年はこんないい出会いがあったよ、こんないいことがたくさんあったよ」と、歩くことで伊勢路に対して感謝の意を伝えています。


P1090699.jpg
エベレスト街道にもどこか似ている?

P1090722.jpg
九鬼峠へ

P1090724.jpg
九鬼峠

P1090733.jpg
荒神堂と黄葉

P1090762.jpg
三木里の八十川

P1090763.jpg
三木里にある「やきやまふぁーむ」で買ったトマト☆甘くておいしい!!

P1090764.jpg
三木峠・ヨコネ道

P1090765.jpg

P1090779.jpg
賀田へ到着~

P1090782.jpg
おまけっ!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
新HP作成のため、各熊野古道ガイド、海外カテを閉じています。ご迷惑をおかけいたします。
caminotty@ちきゅうの道








年末伊勢路踏破第4弾 - 2012.11.30 Fri

11月12日:梅ヶ谷~相賀 35km


【年末伊勢路踏破とは?】
わたくしcaminottyが、独自の信念に基づき、2008年から毎年行っている取組。1年楽しく過ごせたことへの感謝をこめ、年末に近い時期を使って熊野古道伊勢路を踏破し、熊野三山で最後にお祈りをするというものです。熊野古道伊勢路は私にとってとても思い入れの深い道。幼少時代から紀伊半島に対して不思議な感情を抱き、そして中学生頃から、いつか世界中を旅したいと夢を見始めた私は二十代前半で、この道がきっかけでその思いが結びつき、徐々にライフワークとなって今に至ります。「今年はこんないい出会いがあったよ、こんないいことがたくさんあったよ」と、歩くことで伊勢路に対して感謝の意を伝えています。


(1)_20121129230502.jpg
大内山・三体祠の大イチョウ

(2)_20121129230642.jpg
私の旅の大切な“相棒”

(4)_20121129230659.jpg
秋の鼓動

(5)_20121129230706.jpg
荷坂峠

(6)_20121129231020.jpg
トレイル

(7)_20121129231027.jpg
いにしえの道からいまの道を見下ろす

(8)_20121129231033.jpg
トレイル

(10)_20121129231047.jpg
荷坂から長島の町へ

P1090396.jpg
赤羽川が熊野灘に出会う瞬間

(11)_20121129233223.jpg
そして私が長島の町で惣菜に出会った瞬間o^^o

P1090403.jpg
一石峠

P1090404.jpg
一石峠にたたずむいにしえの道標

P1090408.jpg
峠を越えては見えてくる町 伊勢路はそれのくりかえし

(14)_20121129233237.jpg
道瀬の海

P1090417_20121130000208.jpg
三浦峠

(16)_20121129235809.jpg
始神峠からの景色

(18)_20121129235820.jpg
現役の道、紀勢本線

P1090444.jpg
往古川


おまけ☆いつも通るたびに目が行ってしまう・・・@Route42某所

(17)_20121129235834.jpg



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
新HP作成のため、いくつかのカテゴリを閉じています。ご迷惑をおかけいたします。
caminotty@ちきゅうの道

年末伊勢路踏破第3弾 - 2012.11.11 Sun

11月1日:阿曽~梅ヶ谷15km


【年末伊勢路踏破とは?】
わたくしcaminottyが、独自の信念に基づき、2008年から毎年行っている取組。1年楽しく過ごせたことへの感謝をこめ、年末に近い時期を使って熊野古道伊勢路を踏破し、熊野三山で最後にお祈りをするというものです。熊野古道伊勢路は私にとってとても思い入れの深い道。幼少時代から紀伊半島に対して不思議な感情を抱き、そして中学生頃から、いつか世界中を旅したいと夢を見始めた私は二十代前半で、この道がきっかけでその思いが結びつき、徐々にライフワークとなって今に至ります。「今年はこんないい出会いがあったよ、こんないいことがたくさんあったよ」と、歩くことで伊勢路に対して感謝の意を伝えています。


P1090198.jpg


P1090199.jpg


P1090205.jpg


P1090212.jpg


P1090227.jpg


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
新HP作成のため、いくつかのカテゴリを閉じています。ご迷惑をおかけいたします。
caminotty@ちきゅうの道

年末伊勢路踏破第二弾 - 2012.10.24 Wed

年末伊勢路踏破第二弾として、三瀬谷~阿曽12km歩いてきました。この日は午前中は寒冷前線通過中でけっこうな雨が降っていたため、このような短めな行程に。

【年末伊勢路踏破とは?】
わたくしcaminottyが、独自の信念に基づき、2008年から毎年行っている取組。1年楽しく過ごせたことへの感謝をこめ、年末に近い時期を使って熊野古道伊勢路を踏破し、熊野三山で最後にお祈りをするというものです。熊野古道伊勢路は私にとってとても思い入れの深い道。幼少時代から紀伊半島に対して不思議な感情を抱き、そして中学生頃から、いつか世界中を旅したいと夢を見始めた私は二十代前半で、この道がきっかけでその思いが結びつき、徐々にライフワークとなって今に至ります。「今年はこんないい出会いがあったよ、こんないいことがたくさんあったよ」と、歩くことで伊勢路に対して感謝の意を伝えています。


少々遅めの午前10時、前回の第一弾ゴール地点だった「道の駅奥伊勢おおだい」に車を置き、スタート!ここから延々と面白くない道をあるき、三瀬坂峠を目指します。面白くない道とは、舟木~三瀬川間の県道747号2・5kmのこと。ここは熊野古道でもなんでもないのですが、三瀬川にかつてあった「三瀬の渡し」が廃止されたことにより、現代版熊野古道の旅人はこの県道歩きを余儀なくされているのです。しかしここ、なぜか雨にたたられる友人多し(笑)私の知っている数少ない伊勢路踏破経験者の中でもう3人もいるんです(あ、私も入れたら4人か!?)


197468_430042510385595_1429912387_n.jpg
面白くない区間の中での唯一の楽しみ(笑)


三瀬川の集落から、標高256メートルの三瀬坂峠へののぼりが始まります。明治時代初頭までは、対岸の下三瀬地区からここ三瀬川の間を流れる宮川に「三瀬の渡し」がありました。三瀬川から眺める下三瀬はまさに目と鼻の先ですが、渡しがない現在では上流部の旧舟木橋を渡らなければならないため、およそ6kmの遠回りを強いられます。



P1090179.jpg
小雨降りしきる暗い暗い峠道を経て、三瀬坂峠へ


三瀬坂峠を下った後は、滝原神宮坐す滝原地区、長者野、勝瀬を通り、阿曽へ向かいます。勝瀬には、江戸期に越後(現在の新潟県)からはるばる西国観音霊場を目指して行き倒れてしまった巡礼者の供養碑があります。志半ばでこの地に眠ることとなったこの方の供養碑を滴る雨水はどこか悔し涙にも思えました。気が付けばそっと手を合わせている私がいました。


P1090192.jpg
「木のトンネルを抜けるとそこは昭和の世界だった」と言いたくなる一枚(笑)




次回は阿曽~紀伊長島の予定です☆

ちょいと早いけど、年末伊勢路踏破第一弾 - 2012.10.12 Fri

本日、独自で毎年行っている『年末伊勢路踏破』をスタートさせました。本来なら11月下旬から始めるのですが、今年は何かと年末が忙しくなりそうなので、1か月半ほど早めてのスタート。これは、「旅」そして「いにしえの道」というものをライフワークにできたことに感謝という意味を込め、原点となる熊野古道伊勢路170kmを踏破し、熊野三山で一年の感謝、来年へのお祈りをするというものです。本日はその第一弾として、田丸(三重県度会郡玉城町)~三瀬谷(同多気郡大台町)までのおよそ28kmを歩きました。



今年は、本当にたくさんのことをかなえていただきました、そして来年、もしかしたら新たな目標がかなうかもしれない。



(2)_20121012211402.jpg
田丸の街角にある、熊野古道伊勢路の起点



な、なんと、熊野古道伊勢路起点に本来あった江戸期の道標が戻ってきていました!!町中の区画整備のため、ここにあった道標はちかくの中学校に移設されており・・・



(1)_20121012211402.jpg



この場所には平成製の新しいものがしばらく置かれていました。下の画像は昨年の年末。



P1000745_20121012211912.jpg


今年になって初めて訪れましたが、この貫禄ある大道標もようやく故郷に帰られてなんだか嬉しそう☆


(3)_20121012211401.jpg
田丸からおよそ4km先の西国三十三か所石仏庵
「くまのぢを みちびきたまへ かんぜおん きよきふじょうの ひとをえらばず」
というご詠歌が果てしない旅路に期待と不安を交錯させる往時の旅人の様子が手に取るように伝わります。



田丸を後にし、毎度おなじみの庭のような道をほとんど休憩せずひたすら歩き、女鬼峠へ。ここでも昨年は見なかった新しいものがいくつか登場していました。まずはこれ。



(5)_20121012211400.jpg
伊勢路にもマスコットキャラクターの波が到来しているようです。めきこちゃん、とってもつぶらな瞳で可愛いのですが・・・



(6)_20121012211359.jpg
すぐ隣にこんなのがあるので、どうしてもこちらに目が行ってしまいます(笑)



(4)_20121012211400.jpg
この雰囲気がたまらない、女鬼峠



峠を下り始めてすぐ、如意輪観音堂の横の休憩スペースには、地元の保存団体が用意してくださった旅人ノートがありました。この峠を庭のように歩いている地元の人から、中には「熊野古道踏破中です」といった方や、なんと、徒歩日本一周中という30代男性の書き込みも!!!こんなにいろんな旅人に彩られているこの峠も、なんだか嬉しそうでした☆それにしても、この峠道を常に歩きやすく、美しく整備していただいている「女鬼峠保存会」の皆様には感謝いたします。ここに限らないけれど、こうやって歩き旅を多くの人が安心してできるのも、各地域の人々が保全活動をしていただいているからなんですよね。決して旅人一人だけの力では旅なんて達成しえないものだと、国内外あらゆる旅で実感させられてます。



P1090072.jpg
美しく保たれている女鬼峠道



(7)_20121012211430.jpg
宮川かいわい。いつも歩いている11月下旬は木の葉もすっかり落ちているので、まだまだ青々としている10月は違った印象です。


(8)_20121012211430.jpg
大台町下楠地内。舗装路だってこんなに美しいロケーションにあるんだい!!



午後4時には、車をデポしておいた「道の駅奥伊勢おおだい」に到着、地元の新鮮野菜を買い込み、何かと話題のご当地バーガー「おおだいばーがー」をほおばりながら帰路につきました。

毎年恒例?年末熊野古道伊勢路踏破 - 2011.12.25 Sun

毎年、私自身が年末行っている田丸(三重県玉城町熊野古道伊勢路起点)から新宮まで歩く「年末熊野古道伊勢路踏破」が12月23日無事終了しました~基本11月以降年末までの期間でやっているのですが、今年は・・・

11月2日  田丸~栃原
11月12日 栃原~三瀬谷
11月26日 三瀬谷~大内山(with I津さん)
12月7日  大内山~相賀
12月13日 相賀~尾鷲
12月18日 尾鷲~熊野(尾鷲から賀田までwith まっさん)
12月23日 熊野~新宮

でした!

今年も無事過ごせたことに感謝です^^来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m


P1000436.jpg

年末伊勢路6回目+バースデーパーティー - 2010.12.24 Fri

日々のデキゴトが日記更新頻度を上回るため(笑)、日記がなかなか追いつかないうえのってぃです(苦笑)


昨日23日は、個人的に実行している年末熊野古道伊勢路踏破の第6回目で、二木島から熊野市木本までを歩いてきました。天気も良く、この時期にしてはポッカポカの陽気ニコニコ目をつむってでも歩けるほど歩きまくっている区間ではありますが(コラコラ・・・)、晴れていて澄んだ空気の中を歩いているといつでも新鮮みを味わえるんです音譜歩く足取りに加え、写真を撮る手取りもとってもはかどりました(一応感謝巡礼なんですがね?ニコニコあせる




みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?



みちびとのたわ事?A diary of route journey?




歩き終え、熊野市に着いた後は仕事を終えた友達Sちゃんと合流。今日は彼女のバースデー☆ワインとシフォンケーキと野菜たっぷりのSちゃんの手料理でカンパーイカクテルグラスケーキ



みちびとのたわ事?A diary of route journey?

年末伊勢路踏破第3回目 - 2010.12.21 Tue

毎年、感謝の意を込めて個人的に行っている伊勢?新宮伊勢路踏破170kmの一環として、12月12日はT氏と川添?柏野を歩いてきました。11月30日の田丸?川添、12月4日の紀伊長島?尾鷲(順不同です・・・)に続き、第3回目になります。


みちびとのたわ事?A diary of route journey?

          滝原を歩く私(T氏撮影)

私の感謝・懺悔踏破in熊野古道伊勢路 - 2009.11.28 Sat


私は毎年12月前後頃から、今年一年活動できたことへ

の感謝、自分の甘えや勝手解釈などによって生じた失敗
に対する懺悔、そして次の年にさらに成長する事への願
いを兼ね、休みを使って熊野古道伊勢路170kmを踏
破しています。


28日はその第一弾で、田丸から三瀬谷約30kmをを
破しました。寒風吹く厳粛な空気の中、心の一部を洗
することができました。




みちびとのたわ事?A diary of route journey?

              女鬼峠道




みちびとのたわ事?A diary of route journey?

            悠々と流れる宮川




みちびとのたわ事?A diary of route journey?

          宮川のほとりで羽を休める鳥





みちびとのたわ事?A diary of route journey?

       西日へ向かって続くいにしえの街道





みちびとのたわ事?A diary of route journey?

    約170年前まで使われていた三瀬の渡し跡




みちびとのたわ事?A diary of route journey?

170年後、熊野古道伊勢路がこのような姿にな

ることを、誰が想像したであろうか・・・








↓ おまけ・・・








みちびとのたわ事?A diary of route journey?

       ゴール地点・道の駅『奥伊勢おおだい』にて

       ミョーに視線を感じると思ったら・・・ (・ ・;)

       







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (9)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる