topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏本宮街道経由の玉置神社&熊野本宮巡礼 - 2017.05.23 Tue

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


紀伊半島の中央部を南北に貫く修験道、大峰奥駈道、奈良県の吉野山と和歌山県の熊野本宮大社をつなぐこの急峻な秘境古道の南部に、聖地玉置神社はあります。

かねてからこの神社に惹かれている友達、杏子ちゃんを連れて、今回はちょっと珍しいルートで1泊2日の歩き旅をしてきました。(今回は完全プライベートです~)


megukyo.jpg
行程図
水色=5月20日 オレンジ色=5月21日


まず、今回スタート地点玉置口(たまいぐち)からの道は、私が仲間とかねてからルート調査をしている「裏本宮街道」の一部です。裏本宮街道とは、三重県熊野市の中心部、井戸町を起点に、瀬戸→一ノ水峠→赤倉→丹倉神社→大丹倉→かしのと道→育生町→大井峠→奥瀞→筏師の道経由で東野、瀞峡、そして玉置口→玉置川→玉置神社→奥駈道経由で熊野本宮大社とつないだとされる古道です。本宮を目指す道というほかに、玉置山を目指す道という性格が強かったとされます。関所跡もあり、相当古くから開かれていたものと思われますが、あまりにも人里離れた秘境区間が長く、現在「本宮道」と呼ばれている横垣、風伝峠経由のものに徐々に変わっていきました。


今回は、「玉置神社へ歩いてお参りし、熊野本宮大社に向かいたい」という杏子ちゃんと、「それなら、ぜひとも裏本宮街道経由で玉置神社に行き、その後は大好きな奥駈道を歩いて熊野本宮大社に向かいたい」という私の意見を足し、この行程になりました(変人女子w)


※荷物軽量のため、画像はすべてスマホカメラです。画質がちょっと悪いです・・・


DSC_6877.jpg
北山川に面する玉置口地区 裏本宮街道のほか、筏師の道の中継点でもありました

DSC_6879.jpg
瀞峡バイパスのトンネルを横切り・・・

DSC_6883.jpg
時にはこんなとこを通り・・・

DSC_6894.jpg
時には癒され・・・

DSC_6891.jpg
川沿いの気持ち良い古道が続くと思いきや、崩落や新たにできていた林道によって道に迷いかけ・・・

DSC_6897.jpg
集落跡を抜け・・・

DSC_6902.jpg
景色が開け・・・


ようやく玉置神社に!!!
※神聖な玉置神社の写真はこちらでは控えさせていただきます。



翌21日は、玉置山を出発し、本宮辻、大森山、五大尊岳と奥駈道を経由して大斎原、熊野本宮大社へと15.6kmを行く予定でした・・・が、杏子ちゃんが五大尊岳を過ぎたあたりでダウン、この先も続く小刻みのアップダウン尾根に耐えられる自身がないとのことだったので、五大尊岳の先にある六道ノ辻(金剛タワ)からエスケープルートを使い、上切原集落ヘリた後、熊野川東岸を通る地道と国道168号経由で熊野本宮大社へ至るルートへと変更することになりました。


杏子ちゃん曰く、「奥駈道は自分の体力スキルをはるかに超えていた」とのこと、しかし、その時の限界を把握したうえで変更する判断をしたのは良いことだし、彼女なりに「次回はここから細切れでもいいので続きを」と意気込んでいました。
(実は実は、エスケープルートを利用した場合の方が総距離は長かったりしましたがw 杏子ちゃん、平坦道ではすっかり元気!)


DSC_6922.jpg
20日の夜、とってもお世話になった玉置山駐車場土産屋(兼軽食屋兼案内所)のおっちゃん

DSC_6926.jpg
早朝のシャクナゲ

DSC_6930.jpg
本宮辻から先、大森山へ向かう奥駈道 登りが急になっていきます

DSC_6932.jpg
大森山手前からの紀伊山地 
こういう光景に出くわすたび、自分の「熊野好きレベル」がどんどん上がっていく!

DSC_6944.jpg
奥駈道の尾根  

DSC_6938.jpg
五大尊岳

DSC_6945.jpg
そしてエスケープ分岐の六道ノ辻(金剛タワ)

DSC_6949.jpg
上切原集落へ下る道 
奥駈道から色んな集落へ分岐している道は、各集落から玉置山、奥駈道へ
お参りする古道でした。 基本は山寄せタイプの良い道ですが・・・

DSC_6946.jpg
所々路肩崩落で難儀することも

DSC_6950.jpg
そして・・・・・え・・・?

DSC_6952.jpg
とつぜんスコーンと抜けた場所に!
そうです、あの忘れもしない2011年9月の台風12号の際に崩落したポイントです
のり面工事がされていますが、きちんと道も保護してくれてあります

DSC_6956.jpg
恐ろしい・・・

DSC_6959.jpg
やがて熊野川と上切原が見えてきます
この後、延々4km、熊野川に沿う道を歩きます

DSC_6965.jpg
下向橋を渡って国道168号に合流
この橋からは、大斎原の大きな黒鳥居が見えてきます

DSC_6967.jpg
そして熊野本宮大社へ
杏子ちゃん、無事到達おめでとう!

DSC_6970.jpg
この後は、私の大好きな古民家カレーや、「ちゃや」へ
14種のスパイスとジビエで作ったオリジナルカレー

DSC_6969.jpg
「ちゃや」の畑で採れた野菜サラダ


ちゃや
三重県熊野市育生町大井にある古民家を改築したカレー屋さん
カレーのほか、自家製野菜、コーヒー、自家製ブルーベリーを使用したデザートも絶品!
オーナー羽津子さんご夫妻と猫のチャチャがお出迎え♡


歩く速度で進める旅は、いつも自分を新鮮な精神状態にしてくれるし、余計なものから離脱させてくれる、そして足がその地を一歩一歩記憶してくれるから、訪れた場所がすべて特別なものに思える、生きているうちはこれからも色んなところを歩いて、いろんな場所をもっと訪れたい♡

杏子ちゃん、今回もありがと―――\^O^/


Buen Camino^_-☆

















スポンサーサイト

2016.10.29-30 トレッキング&みかん狩り女子会 - 2016.11.02 Wed

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

この10月29日、30日両日は、「小山ハウス自分旅」の常連さんとそのお友達7人+私+熊野のMちゃんとの女子(+男子5人)会でした。

知人の写真家が主催する「ステキマルシェ」からはじまり、熊野古道始神峠+その沿岸部に残るもう一つの熊野古道、矢口峠+キャンプinn海山での豪華すぎる鮮魚バーベキュー+未明までのワイワイトーク+みかん狩り+熊野古道松本峠トレッキングのある、心もお腹もいっぱいすぎるステキ女子会となりました≧ω≦♡♡♡


14563430_1206313662758472_8228867522462735047_n.jpg
29日のお昼頃、大阪と名古屋からそれぞれやってきた女子7人と私が「ステキマルシェ」にて合流。
ステキマルシェとは、紀北出身の写真家みやちとーるさんが構えている工房「ステキ工房」で開催
されていたマルシェで、アクセサリー、離乳食、イタリアン、木工など、地元で活躍している個人経営
者が集まっていました☆ 

いつもお世話になっている隠れ家イタリアン「日和」さんのパッパルデッレ・ボロネーゼをいただきまーす♡


14601108_1205028852886953_4196473689669999881_n.jpg
お昼からのスタート+山歩き初という女子も多いということで、お手軽に行ける熊野古道伊勢路・始神峠へ
・・・・・・・・・が、しかし・・・・・


思いのほか、全員そろってものすごく足並みが軽い!!!通常50分はかかる峠まで30分できてしまいました。
そこで、お友達のキョウコちゃんが、この始神峠にあった「矢口峠→45分」の道標を見つけ、「ねえ、めぐちゃん(私)、ここ、行ってみない?」とヒトコト。矢口峠とは、この区間の沿岸部をなぞる比較的近代の古道であり、整備されている方もよく知っている道でした。好奇心が高じ、皆が一斉に「ぜひぜひ行こうーーーーー!!!!」この後、ほとんど人が踏み入れない尾根を勇敢に突き進むのでした~(なんちゅー女子どもじゃ~~≧▽≦)


14572879_1205042356218936_4956448885347160246_n.jpg
キラッキラすぎるみんなの笑顔☆

14915725_1206314456091726_2444950040352397996_n.jpg
女子たちの見つめる先は・・・・・


14877861_1206245169431988_1722775845_n.jpg
もう一つの熊野古道、矢口峠から見渡す太平洋


14906968_1206313806091791_5877876541017163511_n.jpg
幾度か崩落仕掛けの場所を慎重にやりすごす・・・
その昔、三浦集落と、矢口集落とをつないだ近代古道です
しかし、ほんま、なんちゅう女子ども・・・・・・・(笑)


14925521_1206314229425082_2982402414450522106_n.jpg
道中、”登れる木ハンター”キョウコちゃんが、「この木登ってみやへん!?」と指を指した先には、
ひときわ大きく枝を広げるヤマモモ大木が。そこで一斉に木登りをして記念撮影☆


P1240854.jpg
夜は、キャンプinn海山にて、男性陣と合流、尾鷲にある鮮魚店で豪華尾鷲の海の幸づくしをいただきまぁす!!!
買いだした食材で、”料理人”フミちゃんも腕を振るってくれました~!


P1240859.jpg
色んな得意技を持った人たちが盛り上げる夜は更けていきます・・・・・・


翌30日は、紀宝町へみかん狩りへ!このみかん狩りの主催は、私もスタッフとしてお手伝いをしている「小山ハウス放課後寺子屋」。この日は放課後寺子屋オーナーのくーさん、小山ハウスオーナーのわたぼー、そして放課後寺子屋キッズのN君、M君、そこに私たち女子7人もこぞって参加することになりました!(中の一人は所要で朝に帰りました)


P1240872.jpg
道の駅紀宝町ウミガメ公園に集合
各地でイベントが多かったこの日、ここでも「みかん祭り」が。
石本果樹園CEOのおにーちゃんも頑張っています^^


P1240894.jpg
みかん狩り女子たち


P1240888.jpg
寺子屋キッズも、熱心にみかん園オーナーAさんのお話を聞きます


P1240889.jpg
潮風と太陽を一杯浴びて、美味しいみかんは育まれます


おなじみかんでも、スーパーで買って食べるのと、そのみかんが育まれる大地を踏みしめ、土を触り、そして母なる木から果実を頂くのとでは全然違います。


お昼は、私がイチオシしている熊野市の地中海料理店「熱血ナポリ大食堂 と、クスクス」で自家製窯焼きピザをいただき、午後は一緒に合流した熊野市のお友達Mちゃんと一緒に熊野古道松本峠を歩きました。


P1240899.jpg
この4種チーズのピッツァはいつ食べてもたまらない~~~♡


P1240904.jpg
松                本               峠
いつみても雄大すぎるので、ついつい文字間を離してしまった・・・・・・


P1240913.jpg
一緒に来た昨日の男性陣、きんちゃんとまじさんは、私たちが松本峠~鬼ヶ城周遊ルートをゆっくり一周している間に、トレランで三週もしてしまっていました~~




ほんと、はじめて来てくれた女子のみなさま、いつも来てくれるキョウコちゃん、いつもお世話になっている男性陣、Mちゃん、楽しい2日間をありがとう~*^▽^*



Buen Camino^_-☆

自分らしい時間で、自分らしいコトをしている仲間 - 2016.09.26 Mon

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


今日は、木削り教室を開催しながらアメリカと日本を行き来している木削り師滝本ヨウさんと、いつものゆかいな熊野の仲間たちと一緒に大好きなレストラン『熱血ナポリ大食堂 と、クスクス』でランチをしました!


ヨウさんはじめ、グラフィックデザイナーのしおっち、『メイドイン熊野の衣、食、住 木花堂』のSakieちゃん一家、熊野市の地域おこし協力隊として目覚ましい活動をしているKondo夫妻、画家のKeikoさんという本当に士気を高め合えるメンバー!


ここのみんなは決して頑張ってはいない、できるだけ縄文的な時間に近づけるような過ごし方をしている、しかし、こういった人たちが今後の明るく楽しい世界を築いていけるのではないか、


「がんばらないことの大切さ」「おれたちゃ何もしねぇ」「すぐそこにある非日常」「なにもないという贅沢がある」・・・なんだかおもしろいゾクゾクするキャッチフレーズ遊びで盛り上がったなぁ~


この11月、こういった人たちが作り上げる「くまのがわ王国いいはからいごとプロジェクト」に参加かせていただけることになりました。これはまた、面白い流れが始まる予感☆


いろんな生き方、自分らしい生き方、それを共有しあえるお友達、クマノという地が授けてくれた財産です(^ - ^)♪


滝本ヨウさんとは
http://www.h6.dion.ne.jp/~kikezuri/

くまの川王国 いいはからいごとプロジェクト
http://www.h6.dion.ne.jp/~kikezuri/newpage16.html


P1230838.jpg
と、クスクスのデザート
しそシャーベットにヨーグルト、まだまだ夏の味覚が似合う今日このごろ♡

Sea to Summitまであと66日 - 2016.09.07 Wed

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

昨日は、67日後に控えた『Sea to Summit』関連の取材のため、海へ繰り出ていました。
午後は大荒れの天気が予報されていた日ですが、午前中は風もなく、美しい青空も見られました^^


しかし、まさにあれは嵐の前の静けさ、取材を無事終え、午後になると間もなく青空舞台は暗雲によって幕を下ろされ、仕舞にゃ土砂降り、雷鳴雷光・・・・


午後の自転車取材部隊のみなさま、お疲れ様でした・・・。何事もなく、何よりです。


来週9月12日(月)の『ワクドキ三重』にて、10分ほど放送される予定です。ぜひご覧になってください^^

Sea to Summit2016に関しましては、こちらをご覧ください☆

モンベル Sea to Summit2016
http://www.montbell.jp/generalpage/index.php?general_id=289

三重・紀北 2016.11.12 - 11.13
http://www.seatosummit.jp/menu117/contents335


DSCN0741.jpg
シーカヤックステーション小山ハウスオーナー・わたぼー & 私(右)

DSCN0758.jpg
この景色の中に・・・

DSCN0752.jpg
この2人はおります・・・
探してみてね~^^ (紀伊長島・高塚展望台より  紀北町役場Tさん撮影)

f0046981_22341788_20160907235014e7a.jpg
紀北地方沿岸は、こんな光景が見られます~!
陸からは絶対に見られないです~!!!!


Buen Camino^_-☆

生きるチカラ・銚子川 - 2016.08.23 Tue

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


スタッフをさせていただいている「寺子屋小山ハウス」で、オーナーのわたぼー、小学1年~3年生の8人のキッズとともに銚子川へ遊びに行きました!

大人側からのスケジューリングは一切しない(時間、安全の管理はしています~)、ただ、そこのフィールドと子どもたちがその場その場で決めたことをもとに過ごす、そういう流れです。

銚子川という、この地に太古の昔から存在する自然フィールドに身を置くこと3時間、子供たちはそのフィールドそのものを楽しみながらもその中で新たにできることにどんどんチャレンジしていきます!夏休みが始まったころは深い淵の、足の届かない所に行けなかった子が、今となってはそういう場所を見つけてはどんどん積極的に飛び下りられるようになっていたりします。この「やってみよう」とすることに対するパワーは計り知れません!!


日本でも、世界でも、子供のころに過ごした場所、した経験は大人になってあらゆる形で生きてくるものだと思うし、多感な時期に過ごした環境はその後の生きる道を左右するといっても過言ではありません。

この銚子川で過ごした時間が、今後あらゆる方面へ羽ばたいていく子供たちの原点のひとつとなるのかもしれません。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


ちなみに、私caminottyにとって原点となった場所とは・・・。

国内外色々なところに行っていますが、やはり原点は熊野・・・いや、それも間違いないのですが、それは「ライフワーク」を意識した後のことであり、そのさらに昔に当たる、小学生の低学年の頃に遊びに連れて行ってもらった志摩の海や美杉の清流、潮干狩りをした伊勢湾など、育った三重県のあらゆる環境が関係していたのだと、今となって気付かされています。


P1230141.jpg

P1230124.jpg

P1230084.jpg

P1230042.jpg



Buen Camino^_-☆

2016☆夏 09-Aug - 2016.08.18 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

8月9日、今秋に予定しているツアーの下見で、奥熊野は赤倉エリアを歩いてきました。季節ごとに個性を発揮してくれる本当に大好きなエリア、表丹倉、裏丹倉、そして育生の古民家カレー屋「ちゃや」を満喫してきました。

※沖縄で一眼レフカメラを破損してしまい、現在はスマホのみの撮影です。画質が悪いことをお許しくださいm(_ _)m


14018120_1137015993021573_1502756382_n.jpg
大丹倉林道終点からおよそ30分のトレッキングでたどり着く表丹倉山頂
ほの暗いトレイルを抜けた先に広がるのは、大台ケ原から大峰山脈の核心部、そして玉置山に
眼下の育成集落を眺められる良いトコ取り過ぎエリアなのです~♡


14012181_1137015969688242_1494856700_n.jpg
大台ケ原、弥山、八経岳と、紀伊半島の屋根が見えております


13989501_1137015833021589_2078838606_n.jpg
何時間でも居れてしまう、心がよみがえる、裏丹倉山頂


14017825_1137015743021598_126383388_n.jpg
育成集落にある「ちゃや」のカレー
オーナーの羽津子さんは、ネパールでの山旅で得たヒントをもとに
ここ奥熊野で14種のスパイスを使ったジビエカレーを展開されています☆

14031119_1137015646354941_443097751_n.jpg
自家製の野菜サラダに庭で自生したブラックベリーを添えて

14030967_1137015526354953_583942778_n.jpg
自家製ブルーベリーアイス
陶芸もされる羽津子さんは、すべての食器を自身で焼いております!


そして、ここでは美味しいコーヒーも召し上がれます~!
お仕事関係なければ、気が付けば5時間も6時間も入れてしまうミステリアスで楽しい空間*^O^*



Buen Camino^_-☆

夏な日々 + ついたち懇話会in紀南ツアーデザインセンター - 2016.08.01 Mon

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


気が付けばもう8月。
昨日7月31日は尾鷲市三木里町で開催された「オープン・ウォーター・スイミング2016」のお手伝いとして、4艇で構成されるシーカヤック隊の担当をさせていただきました。三木里湾で繰り広げられる全長5kmの競泳コースのブイ周辺の見守りが主な任務ですが、猛スピードで泳ぎぬける若き選手の迫力には圧倒しました!この中からもしかしてオリンピック選手が出るのか!?
(任務中のため、競技中の写真はありませんm(_ _)m)

13874584_1128350703888102_987986231_n.jpg

13871918_1128350677221438_381569899_n.jpg

13875013_1128350643888108_2049132421_n.jpg


そして、今日の午前中は、小山ハウススタッフとして紀北町内の中学生の海体験イベントをお手伝いさせていただきました。日本国内でも屈指の豊かさを持つ熊野灘の海辺の凄さを地元の多くの若者が感じ取れれば^O^
熱い中、皆様お疲れ様でした☆

13900614_1128350473888125_1710752110_n.jpg

13900836_1128350530554786_1862800634_n.jpg


そして、午後は赤いアウトドアウェアを青いワンピースに着替え、紀南ツアーデザインセンターで毎月1日開催されている「ついたち懇話会」の講師として熊野市へ。この懇話会を毎回主催されている中田先生のお声掛けにより、貴重な場所でお話させていただきました。テーマは、この5月から7がつにかけて実行した琉球→伊勢の歩き旅。若い移住者の方、色々な分野でご活躍されている先生方など、多くの人にご来場いただきました。また、面白そうな知り合いがたくさんできましたよ~☆ 今後の交流が楽しみだなぁ^O^


P.S またしても、雷を呼んでしまいました~(通称 嵐を呼ぶ女 ・・・ らしい・・・ )
旅の最中遭遇した凄まじいサンダーストームのお話をしていた時、窓の外がピカリ・・・その後は絶え間なく轟音と打ち付ける雨音が響いていました。どんだけピンポイントなんだ~~  臨場感のあるBGMをありがとうございました@@;



Buen Camino^_-☆

HappyTrail中辺路 - 2016.04.09 Sat

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


久々のブログ更新です~


今日は、新たにオリジナルデザインの手ぬぐい『熊野 旅之図絵』を置かせていただくことになった、和歌山県田辺市中辺路町高原にある「霧の郷たかはら」さんにお邪魔しました。以前からお世話になっているオーナーのジャンさんが切り盛りする熊野古道沿いの天空の宿は、早朝になると朝霧の雲海が眺められる絶好のロケーションで、宿泊客の過半数が熊野古道をトレッキングしにくる外国人となっています。しかし、ランチタイムとなると地元の常連さんも多く、まさに「万人に愛される場所」となっています~


霧の郷たかはらさん
http://takahara.j-888.com/


今日から『熊野 旅之図絵』を販売させていただきます^O^☆

IMGP2779.jpg
スペイン在住歴の長いジャンさん、サンティアゴの写真の下に置いてくれました~


なんと、この日は、熊野古道大辺路刈り開き隊若手隊員のお友達で、旅イラストを描く大先輩でもあるワカミンちゃんと娘さんのSちゃんが来てくれて、一緒にランチをしました。


熊野古道大辺路全長90kmの完全イラストのほか、最近は新たに刈り開かれた古座街道70kmの図絵をも完成させています。すべて自分で歩いてみたデータをもとに、文字、イラストからすべてを手描きでしています。本当に前から尊敬しているお友達でした!(なんと誕生日と血液型が私と一緒で、勝手に喜んでいる私です☆)


ワカミンちゃんの大作『熊野古道大辺路おはなし絵地図』、和歌山県内の道の駅など各所で販売しておりますよ~!


霧の郷たかはらさん自慢の天然酵母ピザを食べ、雄大な熊野の景色を見ながらのステキな一日となりました☆



12966337_1057072124349294_2112254746_n.jpg
ワカミンちゃんの大作『大辺路おはなし絵地図』
全長10メートルなり!!!


IMGP2778.jpg
天然酵母のピザ
ルッコラは自家製 チーズ、トマトだけでなく記事まで何もかもが美味しい!


IMGP2777.jpg
ジャンさんが採取してきた山菜たち


IMGP2782.jpg
霧の郷たかはらさんからの景色


IMGP2786.jpg
山桜彩る山肌



Buen Camino^_-☆

遅ればせながら・・・熊野大花火大会&kumateng☆バル - 2015.08.29 Sat

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


9日遅れましたが、2015年8月18日に開催された『熊野大花火大会』&『kumateng☆バル』の記事をアップします!


今年も無事開催されました、これ無しで熊野の夏は終われない熊野大花火大会(以下、熊野花火)!!私は昨年の今頃は長期で海外遠征に行っていたため、2年ぶりの熊野花火、今年はガイド仲間のkumatenghttp://www.kumateng.com/メンバーとそのゆかいな仲間たちとともにバルをしようということになり、友人のつてで一等地中の一等地で場所を借りることができました。


8月17日の予定だった花火は大雨と高波の影響で翌18日に延期、17日に集まっていたメンバーはこれはこれで前夜祭をしようということで和歌山県新宮市に繰り出し、飲み会&カラオケ。遠方から来た友人2人はそのまま私と一緒に紀北町にある私の家へ。

DSC_0306.jpg

DSC_0308.jpg



翌朝熊野へ向かう際、毎度の熊野花火名物、道路大渋滞を覚悟していたものの、やはり延期、それも平日ということもあったためか、普段熊野へ行くのと何ら変わりなく、1時間以内で着いてしまいました。交通規制をされているため、会場には車で行けないので会場から離れた大泊地区の指定駐車場へ。会場まで30分ほど歩かなければならないのにもかかわらず友達2人は全く違和感ない表情、さすが、「年末歩いてお伊勢参り隊2013」http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/blog-entry-847.htmlのメンバーだけあるわ^O^♫


今回のバルのメンバーは全部で6人、冷たい飲み物を中心に、それぞれの分野で活動しているメンバーの作品を販売し、同時にグラフィックデザイナーのしおっちと旅イラストライターの私による似顔絵コーナーも設けました。


出店者
石本果樹園  http://www.zc.ztv.ne.jp/isimoto/
ソルトグラフィック http://saltgraphic.jimdo.com/
en.finder(カメラ女子10人によるグループ)
旅のアトリエ・ちきゅうの道

DSC_0321.jpg

DSC_0319.jpg

DSC_0316.jpg

DSC_0315.jpg

DSC_0320.jpg
クマテング会長 兼 kumateng☆バルオーナーだよ~♪


13時にバルは開店、時折雨がぱらつく天候に加え、延期ということもあり、これまでの熊野花火では見たこともないようなまばら感がありましたが、似顔絵コーナーもけっこうお客様に入っていただけ、各商品も定期的に売れました。中には、「日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」会員で、会報誌を通して私の名前を知っていたという若い女性までも!!(彼女は来年、サンティアゴを歩きに行く予定を立てられているとのこと) ここは熊野、どんな出会いがあるかわからない☆


暗くなり、バル前を通る人々も落ち着いたころ、私は写真家のRicaちゃんとen.finder代表のカメラ女子リサさんとともに熊野花火会場である七里御浜に繰り出しました。本当に、何事かと思うくらいの人の少なさ、その分、なんだか空が広く感じ、ただでさえ規模の大きな熊野花火が数倍もの規模に感じました。なんだか得した気分♡


IMGP1219.jpg

IMGP1157.jpg



花火終了後はバルも無事閉店でき、仲間と解散した後、私たち紀北方面3人組は30分かけて駐車場まで歩きました。本当に人が捌けていくのが早く、23時ごろの帰りの歩行者専用旧道トンネルは私たち以外誰もおらず、ここぞとばかりに大声を歌いながらの帰り道でした~(笑)


いつもお世話になっている楽しいメンバーのみなさま、ありがとう(^O^)/また来年も笑顔でバルしましょ~!!!!!


Buen Camino^_-☆  


熊野大花火大会&kumateng☆バル延期について - 2015.08.17 Mon

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

大雨&高波により、熊野大花火大会は翌日8月18日(火)に延期となりました。
従いまして、前回のブログでも書きましたkumateng☆バルも翌日13:00~21:00に延期とさせていただきます。
http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/blog-entry-924.html

本日お越しいただくための段取りをされていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解宜しくお願い致します。


11822700_880417992032706_6727555910951296631_n.jpg


Buen Camino^_-☆

第2回 Kumateng☆バル開催について - 2015.08.13 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆

2013年に続き、熊野大花火大会で、奥熊野ガイドコミュニティkumatengの仲間たちとバルを開催します!
アート作品、キンキンに冷えた飲み物の販売、似顔絵実演などを行います。アッツ~い夏のアッツ~いひと時をアッツ~いメンバーとともにお過ごししませんか^O^!!??

11822700_880417992032706_6727555910951296631_n.jpg


と  き   2015年8月17日(月)
と こ ろ   熊野大花火大会 4番ゲート付近(モスバーガー熊野店から42号線を100mほど尾鷲より)
バルメニュー  
①おすすめ奥熊野エリア情報コーナー
②奥熊野オリジナル手ぬぐい販売(Salt Graphics) 
③エン・ファインダー奥熊野フォト販売 (女性フォトグラファーグループ en.finder)
④奥熊野図絵作品・絵手紙ポストカード販売(旅のアトリエ・ちきゅうの道) 
⑤奥熊野エリアで生産された100%みかんジュース、お茶、水など、冷たい飲み物の販売(石本果樹園)
⑥似顔絵実演(Salt Graphics & 旅のアトリエ・ちきゅうの道)
⑦その他


facebookにご登録の方はこちらもご覧ください。
https://www.facebook.com/events/1459135961059091/ 


1098431_562275413840085_611912680_n.jpg
第一回バルの様子



Buen Camino^_-☆

低気圧到来の七里御浜 - 2015.04.10 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


毎度お約束の光景。


「灘とは、海上航路で難所となる海域につけられるものなのですよ。ここは熊野地域に近い海の難所なので熊野灘と言います」

ガイドをしていて、こんな日の方がお客様に実感していただけるので説明し甲斐があります(笑)


IMGP2421.jpg

IMGP2423.jpg

IMGP2422.jpg


Buen Camino^_-☆

熊野市神川町 - 2015.04.07 Tue

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


大阪から戻り、さっそく6日はガイドでした。
15時に解散した後、イラストの取材で熊野市神川町へ。
七里御浜沿岸部にある熊野市街地からわずか20分で桜が奏でる山間の桃源郷にたどり着きます。斜面には古くからの石垣で仕切られた田んぼ、集落に1件ある商店、原産の那智黒石による伝統工芸品・・・古くから日本人が継いできた自然と文化の共存光景がここには残っています。そして、地元の人のよりどころとなっているひなびた温泉も!


ぜひ、外国人個人客に紹介したい場所の一つです。


IMGP2402.jpg

IMGP2401.jpg

IMGP2400.jpg

IMGP2395.jpg

IMGP2389.jpg

IMGP2383.jpg


Buen Camino^_-☆

Happy Birthday to friends in 日和 - 2015.03.20 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


昨夜は、お友達2人のお誕生会を兼ね、三重県御浜町のみかん畑の中に位置する隠れ家創作イタリアン、「日和」に行ってきました。

このお店は、オーナーのTちゃんが実家のみかん畑倉庫を改築して開店させたお店で、ランチ、ディナーは各2組限定、要予約。Tちゃんの選ぶ音楽とインテリアが奏でるおしゃれな雰囲気の中で、地元の食材を活かしたセンスあふれるコース料理をいただけます。私の大のお気に入りのお店の一つです☆


今回は、春の季節感満載のコースに、バースデーケーキを別途予約しました。(もちろん、この時までにお友達にはナイショで^^♪)
おしながきは以下です。

IMGP1980.jpg

IMGP1959.jpg
まずは、手作りジュースでかんぱ~い!!
ノンアルコール率100%!!!!

IMGP1962.jpg
全種三種 お豆腐は手作り、生春巻きには地元のガスエビ!!
キャベツと生ハムのブルスケスタ


IMGP1964.jpg
じゃがいもとれんこんのポタージュ

IMGP1965.jpg
地元産アカイカのソテー オリーブ&アンチョビソース

IMGP1971.jpg
春キャベツとサクラエビのスパゲッティ

IMGP1973.jpg
ラビオリ・シャンピニオン クリームソース

IMGP1975.jpg
スペアリブと大根の煮込み 数種のスパイスを添えて


毎度Tちゃんの創作料理をいただくたびに感じること、「熊野」と「和」と「イタリア」がよくここまで違和感なくマッチできるなぁ、それに独特のオシャレすぎるセンスも満載、何度来ても、来るたびに感動があるお店です。


そしてそして・・・


IMGP1977.jpg
はっぴぃばーすで~(*^▽^*)

最後には、大評判のかぼちゃプリン

IMGP1979.jpg


また行きます、日和☆

日和のサイトです。
http://blog.goo.ne.jp/ryutomo0519



Buen Camino^_-☆

祝☆土井見世邸・国の有形文化財登録 - 2015.03.14 Sat

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


3月13日、尾鷲市林町の旧土井邸宅「土井見世邸」にて、国の有形文化財登録の祝賀イベントがあり、仲間に誘われて私も参加させていただきました。およそ40人ほどが集まる中、多数のメディアの中で盛大に行われました。


もともとこの建物は、尾鷲で江戸時代から山林事業で繁栄した土井家の邸宅として1931年に建てられたもので、重厚な木造づくりの東側には洋館が建ち、戦前当時のモダンな様式を表す貴重な建造物として注目され、私の仲間も「土井見世邸保存会」として精力的に保存活動を続けていました。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


世界でも類を見ない自然災害大国日本、この小さな島であらゆる自然からの猛威にさらされてきた私たち日本人は、自然と向き合い、その土地に合わせた、その季節に合わせた自然の利用方法、知恵に関しては大変優れたものを持っていると感じます。そんな日本に古くから残されているものは全国的に見ても「用がなくなった」「新たな開発」などを理由に徐々に姿を消しつつあります。そんな中、このようなニュースは大変喜ばしいものと思わずにはいられません。


IMGP1912.jpg


IMGP1918.jpg


IMGP1917.jpg


IMGP1914.jpg


Buen Camino^_-☆

どっかんまぐろ丼@おわせお魚いちば おとと - 2015.03.13 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


3月11日から入りました~、「おわせ お魚いちば おとと」の漁栄丸のどっかんまぐろ丼!!!
http://ototoblog.e-ototo.jp/


IMGP1909.jpg



ご飯よりも多いまぐろ切り身の乗った、名の通り、これしか名づけようのない「どっかん」まぐろ丼、950円なり~。
おととの食堂で頂けます。ほか、この食堂には、尾鷲港にあがった新鮮なお魚を使ったお料理、そして尾鷲で採れた新鮮野菜(尾鷲は意外に農業も盛んだったりします~)のサラダなど、尾鷲産料理が多種そろっています☆

尾鷲ではお気に入りの場所の一つ(^_^)♪


Buen Camino^_-☆

海のお散歩(お散漕?) - 2015.03.12 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


今日は、友人のシーカヤックガイドわたぼー君(シーカヤックで日本一周の旅をした経験の持ち主!)、そしてこの春から日本最南端で活動予定のT君と紀伊長島の海を漕いできました。


冬型気圧配置の最終日のこの日は、午前中は西風がまだまだ強く、シーカヤックはまだまだ初心者の私は向かい風が吹くたびにちょいとビビり気味に・・・。しかし、心強い2人の”大先生”のアドバイスのおかげで、帰路は同じ状況になっても徐々に冷静でいられるようになりました。

シーカヤックは、全身の安定感、そしていかに波とコミュニケーションをとるか、周囲の波の動き、風が自分の体のどこに当たっているか、周囲に見える漁船はどちらに進んでいるか・・・本当に読むことがたくさん、ロングトレイルとは全くの別世界、自分にとっては新たな世界への挑戦です。


大自然そのものである熊野灘、実はこれもれっきとした「海の古道」です。この海域は江戸と大阪はじめ、日本の太平洋岸各地をつないだ大型商船が行き来したほか、熊野灘沿岸部の浦々を結んだ渡し船も多数行き交っていました。中には、山また山の道に疲れてか、所々船を利用する巡礼者もいたとか。


その潮流や風の流れを利用して各地を行き交った人々のいた海、その一部を共有できるようなシーカヤックの旅もまたいいものです。


IMGP1893.jpg

IMGP1894.jpg
上陸した浜でランチ~

IMGP1897.jpg
海蝕洞

IMGP1898.jpg
沖を見る

IMGP1899.jpg
透き通った熊野灘の磯

IMGP1903.jpg
紀北町島勝半島、そしてその背後にはうっすらと尾鷲市の九木崎方面も見えています

NCM_1659.jpg
帰路

NCM_1660.jpg
透き通った水域は、宙を飛んでいるような気分!
わたぼー君

NCM_1661.jpg
そしてT君


Buen Camino^_-☆

元気になれる仲間☆ - 2015.03.07 Sat

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


今日はガイドの後、奈良県十津川村で地域おこし協力隊として活躍中のAちゃん、そして私も副会長として所属している奥熊野ガイドコミュニティ―クマテング会長の石本君と、こんな愉快で楽しくてパワフルな仲間と新宮でレストランのはしごをしてきました。


何気ない面白いノリノリ会話から毎度アイデアが生まれるこういう仲間との会話、本当に楽しいし実りがあるし、学ぶこともたくさん!こ~んな無邪気なことしていても前向きにいろいろ考えているんですからね~(^O^) 


Akiちゃん、石本カイチョー、ありがとう~^_^♪


NCM_1648.jpg


Buen Camino^_-☆

てこね寿司 ~昔ながらの生活と、その土地の恵みの調和~ - 2015.03.06 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


マイ得意料理の一つとして「てこね寿司」があります^_^
三重県紀北町在住の漫画家、元町夏央さんの『南紀の台所』でもおなじみの、あの豪快な郷土料理です~


今日も、三重県紀伊長島港に水揚げされたカツオを使って作っちゃいました☆
ちょっとこってり感が出るブリ、定番のマグロももちろんですが、カツオ好きな私にはカツオ手こねがやっぱ一番合います。

関西風に味付けした甘めの寿司酢、そして米:麦=3:2の麦たっぷり麦飯にたまり漬けにしたカツオ切り身を混ぜ込み、最後には輪切りのネギで仕上げ。(夏なら大葉が合いますよ~)


アオサ味噌汁と一緒にいっただきま~す!!!


今ではちょっとした贅沢感のある郷土料理の手こね寿司ですが、元々は三重県の熊野灘沿岸部で、船上の漁師が仕事の合間にてっとり早く食べるため、そこで調達できる魚と、夏場に腐らないように酢でしめて持ってきたご飯とを混ぜたものが始まりといいます。その土地の生き方、その土地の恵みの産物なんですよね。

ちょっと話は飛びますが、南フランスの定番料理、ブイヤベースももとは地中海上で漁をする漁師が船上で冷えた体を温めるために用意をしたのが始まりといわれています。


B級グルメなど、比較的新しく出た「新興郷土料理」もアイデア満載で面白いものではありますが、自然と共存してきた日本だからこそ、その土地の一次産業、古来からの生き方と深く結びついた昔ながらの郷土料理をももっと大切にしたいと思う限りです。

IMGP1829.jpg
てこね寿司+アオサ味噌汁=永久のベストコンビ




Buen Camino^_-☆

な~んにもいらない贅沢 - 2015.03.05 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


熊野古道松本峠を越えた途端、視界いっぱいに広がる七里御浜、「大海原」という言葉はここの景色が由来なのではないかと思ってしまうほど。

そしていざ自分もその光景の中に溶け込み、砂浜と一体化した時・・・

日が昇ってから日が沈むまで、な~んにもせず、ただ海を眺めているだけで決して飽きることもなく過ごせてしまいます。目はり寿司とお茶があればもうほかはな~んにもいらない。


モノ、モノ、モノで溢れ、さらにもっとだもっとだと新しい流れに乗ろうとしがちな現代社会には本当に必要な場所。

今の時代だからこそ、な~んにもいらない贅沢を。


IMGP1819.jpg


Buen Camino☆


須野の八朔 - 2015.03.04 Wed

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


先日、熊野市北東端の沿岸部に位置する箱庭のような集落、須野に住む友達より、須野で採れた八朔の手作りジャムを頂きました^v^

その味、皮がたっぷり入っているのに一切えぐみがなく、甘すぎず、マイルドで、香りまでもがふんだんに閉じ込められていました☆素材の良さを惜しみなく活かした逸品でした!!


その土地で採れるその時期の味、それはその植物がその土地、そしてその時期を選んで生まれてきた結果だとおもいます。

日本では昔から、春夏秋冬という四季だけでなく、二十四節気というものを用い、常に太陽の位置とその土地に合わせた気候の変化を感じ取ってきました。それは長い間私たち日本人は自然を常に感じ取り、自然からのメッセージを常に読み取り、時に畏れ、そして感謝して生きてきたあかしだと思います。


小さな里に命の根を張ってきた恵みを、ありがたくいただきま~す☆


IMGP1797.jpg


Buen Camino^_-☆

1月7日 - 2015.01.07 Wed

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


さて、今日は1月7日、この日ですよね。


NCM_1530.jpg



だから私もちゃんと作りましたよ~



NCM_1529.jpg
七草うどん




え、なんか違うですって~?(笑)



うどんが大量にあり、消費期限も近かったので(あと卵も)、この日の食糧事情に合わせたものを作っちゃいました~^▽^;


何がともあれ、今年も1年、健康的に活動できますように(^^)



Buen Camino^_-☆


熊野のゆる~い一日 - 2014.05.09 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


5月6日、熊野へやってきた幼馴染ノリィと一緒に楯ヶ崎半島を歩いてきました。ここは2009年~2010年にかけ、海と山とのつながりに関する調査及びツアー企画のお仕事をいただいていた時毎週のように歩いていたことがあり、今回はかれこれ4年ぶりに訪れることになります。
※デジカメメディアを入れ忘れたため、画質の悪いケータイ画像となっておりますm(_ _)m



国道311号にある駐車場ちかくにある遊歩道入口からトレイルに入り、しばらくは急な石段を下っていきます。下りきるとトレイルは平たんになり、多種多様な常緑樹の森の中を歩いていきます。熊野灘沿岸部で黒潮が運んでくる温暖な風や多雨の影響を受けているこの森の栄養状態は大変豊富で、所々には堂々たる巨木も見られます。


NCM_0780.jpg


NCM_0779_20140509010043c84.jpg



しばらくして明るみに出たところには、思い思いに触手を伸ばすかのごとく楠の大木たちに囲まれた阿古師神社が見えてきます。この神社は太古の昔、神武天皇が東征の際、大嵐による難破で当地に上陸した際、命を落としてしまった二人の兄のなかの一人、三毛入野命が祀られていると伝えられています。また、もう一人の兄、稲飯命は二木島湾をはさんで対岸に位置している室古神社に祭られています。

この神社の目の前の海の色がまた美しく、まるで沖縄のケラマ諸島で見るかのようなターコイズブルーをしています。紀伊半島熊野にもこんな光景があるんですよ~☆ 黒潮の影響を受けるこの辺りの海域はサンゴが生息する北限にあたり、ソフトコーラルや熱帯魚が行きかう姿も見られます。


NCM_0775.jpg

NCM_0773_20140509005833f70.jpg

NCM_0771.jpg



阿古師神社を後にし、楯ヶ崎半島の西側をぐるりとなぞるように敷かれている平坦なトレイルを25分ほど歩くと、半島の南端に位置する柱状節理の広場「千畳敷」に出ます。ここが紀伊半島東部沿岸各地に残されている神武天皇上陸地のひとつとされている場所です。常緑樹林のまばゆい緑に目が慣れ始めたころ、今度は空&海の青ワールドに入れ替わり!
「ほんと、外海って広いなぁ!!大きいなぁ!!」とそんなシンプルなこと一つ一つに大きく感動をしてしまえる場所です。そしてこの千畳敷を東へと歩きつめていくと、高さ67mの楯ヶ崎が現れます。


この楯ヶ崎を真ん前に眺められる千畳敷東側のポイント、1時間いても2時間いても飽きませんよ~!


NCM_0777.jpg



千畳敷からは来た道を戻り、駐車場へ。この後は311号線を熊野方面へ走らせ、毎度おなじみSちゃんのお店「メイドイン熊野の量り売り 木花堂」へ寄った後はこれまたおなじみのレストラン「熱血ナポリ大食堂 と、cous cous」=以降「クスクス」へ!イタリア、ギリシャはじめ地中海沿岸部一帯の料理を、気候の似た熊野の地、熊野の食材で提供しているとてもアットホームで温かい場所、とても好きなレストランで1ヶ月に1回は通っています~
さすがクスクス、ランチ時間ということもあって店内は満席、するとオーナーは中庭にある木陰の席をご案内していただきました。すぐ横にはかわいいタイルがちりばめられたオーナー自慢の手作りピザ釜。何度も通っているクスクスだけれど、中庭の席は初めて!初夏の陽気と気持ちの良い風の中、鳥の煮込み、ネギのアラビアータ、ドルチェと、ちょっとリッチなランチタイムを満喫しました☆


NCM_0782.jpg



なんとここで、年末伊勢南街道踏破の旅で、私、ノリィほか大勢の友達と真冬の吉野→伊勢神宮110kmをともに歩いたMちゃんがお友達ときており、ばったり会いました!
Mちゃんはこの後、これまた踏破旅メンバーであるSちゃんの木花堂に行くとのこと。熊野ってよくこんなつながりが起こるんですよね^O^

クスクスの後は新宮の神倉神社へ行き、その後ノリィは最終のJR特急ワイドビュー南紀で津まで帰っていきました。

ノリィ、ありがとうね~



NCM_0784.jpg



Buen Camino^_-☆

第二回kumateng勉強会  二日目 - 2014.03.07 Fri

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


kumatengは、mont-bellフレンドショップに登録しています。
image.jpg



2月27、28日の2日間にわたる「第二回・kumateng勉強会」が無事終了しました!
一日目についてはコチラ^^
http://caminottynabi14.blog40.fc2.com/blog-entry-861.html



【二日目】

朝9時より、紀宝町は「生涯学習センター まなびの里」にて、グリーンツーリズム活動を実践されている3名によるシンポジウムが開催されました。前日の日記でもご紹介させていただいた、グリーンツーリズム実践の第一人者、たっちゃん先生こと鈴木達志先生、熊野アウトドア連絡協議会会長の中平孝之さん(あまご養殖はじめ、山里民泊あかくらを運営する赤倉水産社長)、そして石本果樹園CEOでkumateng会長の石本慶紀さんです!こんな錚々たる顔ぶれのシンポジウムの司会役をいきなり某会長に(笑)振られたので、大変恐縮でしたが、なんとか無事に司会を務められました^^;



なによりこのシンポジウム、それぞれのパネリストが自分の現在の活動を自信持って堂々と伝えられている姿勢が大変かっこよかったです!どんな活動であれ、自分の熱い思いをもとに胸を張って行い、そしてそれでご飯を食べていけていることって、こんな素晴らしいことはないですね。




このシンポジウムから感じた4つのコト

・できない理由を探している暇があるのなら、できる理由に変えようじゃないか。
・できる、できないのではない、やるのだ。
・目的達成方法は一つではない。同じ目的だって、あらゆる達成方法がある。一つのルートでダメだったからと言ってあきらめるのはナンセンス。
・自分だけが潤うのではなく、自分の活動によって関わる人皆が潤う「ウィンウィン」の関係を築こう。



P1170233.jpg
たっちゃん先生による基調講演『グリーン・ツーリズムとは?』


P1170236.jpg
パネルディスカッション



お昼を挟み、午後からは2時間、紀宝町の「石本果樹園」園内トレッキングを石本会長ガイドのもとで行いました。道の駅ウミガメ公園を出発し、高台にある聖地「井田観音」を過ぎてふたたびゆるい勾配を下ると、石本果樹園の広大なみかん畑が現れます。ゆるやかな斜面でのびのびと育つ多種多様なみかんに関し、この道15年の若手農家である石本会長が楽しトークを交えてガイド。笑いの向こうからくる、一秒たりとも気を、手を抜くことができない農業を営んでい行く上での厳しさがしっかりと伝わってきました。そして最後に「農家は日本の地を守っている存在だ」という心に響く言葉をヒトコト!!!


P1170254.jpg
農園でガイドする石本会長


P1170283.jpg
自慢のオオモノ、晩白柚(バンペイユ)について語る!!
これまたさっぱりして、上品な甘みがあって美味しいんです~^^♪


P1170273.jpg
石本果樹園一(石本会長談)の展望を誇る高台



そしてそして、夜は、和歌山県那智勝浦町の「遊快リゾート 越の湯」で、たっちゃん先生、kumatengメンバーとサポート隊の方々とで打ち上げ!

グリーンツーリズム・インストラクターの大先生、若手農家、デザイナー、雑貨店オーナー、サーファー、物書き・・・それぞれの全く違った分野で自信をもって胸を張ってお仕事しているこんなに大勢の人が一同に集い、カラオケで飲んで歌って笑って・・・

こんな時間、大好きです!この時間がこれからのつながりや活動へのパワーを増進させてくれます(*^^*) —


みなさま、お疲れ様でした!!


P1170314.jpg




Buen Camino^_-☆

道という道を選んで。 - 2014.03.04 Tue

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


昨夜は原因不明の停電で、ほとんど作業が出来なかったcaminottyです~^^;


さてさて、この3,4月と、中旬はほとんどがお仕事としての″歩き旅”となっています。その前後にも、取材、執筆・・・・そして間もなく5月からは長期にわたる道の旅(これまら詳しく書きます~)・・・


寝ても起きても、居ても立っても、後ろを見ても前を見ても道、道、道!とにかく旅が好きだったことから始まり、10年前の私には夢だったことを、今、確実にやっています。


「夢」が「現実」になって、実際にどうなのか。


どんどんいろんなことを発想してしまう気質柄か、行動が発想に追い付かず、時間に追われ・・・いや、追い詰められ、もうアップアップ~~なんてことは日常茶飯事^^;もともと段取りがあまり良くない私ですが、実際自営でやってみてそれがもろ出てしまっています。


でも、見ているだけでワクワクできた「夢」に対して、これはもはや夢ではなくやっとそれを実現できた証拠。まだまだ不安定なことは多いけど、「私はこれで生きている!」と誰に動揺することも無く自信持って、キッパリと言えるようになりたいです。



現在抱えてる仕事、随分先の帰国後の段取り・・・5月の旅の出発まではすることなすこと山積み~ 旅に思いをはせている暇などは到底持てそうにはないです~  でもまあ、これくらいがいいのかもしれないですね☆



今年こそは帰国の際、インドに寄るぞ~!!(なかなかご縁がなかった国なので~)



Buen Camino^_-☆

第二回Kumateng勉強会 一日目 - 2014.03.02 Sun

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


kumatengは、mont-bellフレンドショップに登録しています。
image.jpg



2月27、28日の2日間にわたる「第二回・kumateng勉強会」が無事終了しました!


【まず一日目】
今回のゲストは前回(2013年9月)に続き、日本国内でも指折りのプロガイド、たっちゃん先生こと鈴木達志先生。NPO伊豆自然学校理事長のたっちゃん先生の経歴をここに書くと・・・きっとブログはそれでいっぱいになってしまいます~^^ 海外駐在時代の壮絶な体験をもとにその後の人生を切り開かれ、人もフィールドも自然も産業もすべてが明るく楽しく生きていける世界を目指して日々ご活躍されている方です!詳しくはこちらをご覧になってください


たっちゃん先生のプロフィール
http://www.fop.co.jp/gt/_userdata/pdf/2011suzuki_profile.pdf#search='%E9%88%B4%E6%9C%A8%E9%81%94%E5%BF%97'


一日目は、熊野の沿岸部にたたずむ小さな集落、須野を舞台に、集落と裏手の山頂にある遠見番所跡、楯ヶ崎トレイルを歩く予定でしたが、日本の南岸を通過する低気圧によるあいにくの荒れ模様・・・ ということで、須野を拠点に幅広くご活躍されているkumatengメンバーのHご夫妻のお宅にお邪魔し、たっちゃん先生が実施されている子供向けプログラム「潮だまり」でのガイド術、そのフィールドから子供たちに教育できることなどのお話を聞きました。はじめから口頭で「これはいけないことだ」と言っても、なかなか伝わりにくいってことありますよね?たっちゃん先生は、プログラムでの自然な流れを生かし、最後に「伝えたいこと」をさらっと出すのです。そしてそれは何の違和感もなく、聞き手に伝わってくるのです。



目からうろこのガイド術からUFO、タイムマシン話など、少人数の仲間内ならではの会話はとどまることを知らず、どんどん盛り上がる一方!!脱線しているように見えてもうまく最後にはつながる・・・こういう、堅苦しくなく実りのある自由な時間って本当に大好きです。そしてそして、お昼にはHさん手作りの、野菜とミンチとチーズをじっくり煮込んだ特製ミートソースのパスタをいただきました!!ソースが美味しすぎて美味しすぎて・・・・・・みなさん最低2杯はお代わりしていました~☆
Hさん、ご馳走様でした!



※この日、どじな私はしっかりカメラを携行したにもかかわらず、「メディア未挿入事件」が起こってしまったことにより、写真が撮れませんでした>Д< I会長に写真をいただけ次第、ここにもアップをさせていただきます。


2月28日に続く・・・



Buen Camino^_-☆

お友達とまったり牡蠣フルコース~ - 2014.02.27 Thu

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


2月26日、2年ぶりのお友達と、紀北町海山区相賀にある料亭「ささき」で、牡蠣のコースを食べに行ってきました。ここ紀北町海山区にある白石湖畔の渡利地区は、有数の牡蠣の名産地。大台山系に降り注ぐ大量の雨が森林の腐植土と混ざって川に流れ出て、熊野灘へと合流する手前に位置するこの地域は豊富な栄養分を含んでおり、牡蠣の養殖には最適の地。渡利牡蠣はくせがほとんどなく、大ぶりで肉厚なのが特徴です。ゆたかな海と森が密接に位置する場所ならではの自然の恵みです。


お刺身に天ぷら、牡蠣鍋、焼き牡蠣、牡蠣グラタン、牡蠣茶碗蒸し・・・・もう大満足~!!!ちょっと値段もしたけれど、今後の製作活動への鋭気養いにもなる自分へのご褒美でもありました*⌒▽⌒*


P1170221.jpg



P1170201.jpg
お刺身


P1170200.jpg
天ぷら

P1170198.jpg



P1170205.jpg
焼き牡蠣

P1170208.jpg
グラタン

P1170211.jpg
牛ステーキまで!



Buen Camino☆

ゼロエントリップ - 2014.02.16 Sun

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆



もう気が付けば2014年も1か月半。「1月は行く、2月は逃げる・・・」とはよく言ったものですね。まあ、こんな寒い時期は早く逃げてほしいものですけどね~^▽^;



さて、タイトルの「ゼロエントリップ」ですが、名の通り、「ゼロ円でできるトリップ=小旅行」です。お金をかけなくて、自分の足で行き、そこに昔からある自然に浸れる心にも体にも贅沢な旅です!!



私は尾鷲にいたころ、よく自宅から梅干しおにぎりとお茶を作って持って徒歩で天狗倉山へ登り、帰りは別ルートを下って港で海沿いを歩いて帰るということをしていました。天狗倉山はそれはもう、時間があればふらりと歩きたくなる絶景の素晴らしい山です。そんなある日、「あれ、私は体も心も五感もこんなに満たされているのにお財布を一切開けていない!!」ということに気が付いたことがありました。


熊野に越した後も、夏になると友達が来たときに赤倉→大丹倉→赤倉と歩いた後、川遊びをするというデイトリップをよくします。お金を一切使わなくともこれだけパワーを発散し、さらに大自然からパワーをいただけることに友達も大喜び!


これこそがまさにゼロエントリップ。なにも、お金をかけなくてもこーんなにも楽しく、有意義な時間を過ごすことができる、そんな旅のことをそう呼んでいます。
自分が食べるものはお店で買わず自分で作り、そしてもとからその地にある大自然から楽しみや癒しを分けていただく・・・。移動は徒歩、もしくは自転車。自分にも、自然にもやさしく、そしてその土地その土地と密接になれるスタイルの旅。(本当は、食べ物の原料までも自給出来たら一番ですが、「今できること」にはまだ達していない現状です^^;)



紀伊半島はそんな旅ができるフィールドがあちこちにちりばめられています。いつも見慣れた山や川や海、実際そこに浸ってみると、未知の奥行きを感じられ、これまでに気が付かなかった新しい自分と出会えること(または向き合えること)があります。まさに本当の自分探しの旅、そして地球の素顔にさえ出会える旅!



6ヶ月の長旅から戻ったら、そんな「ゼロエントリップのススメ」的なコーナーももうけよ~~~う!!!



P1130264_20140216150127f66.jpg

f0046981_22341788.jpg




Buen Camino☆

キリボシ☆ダイコン - 2014.02.01 Sat

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


1月17日から2月終わりにかけ、時々切り干し大根作りのお手伝いをさせていただいています。場所は三重県御浜町に位置する御浜天地という農場で、夏場は広大な梅林で収穫される梅干し、そして冬は切り干し大根を生産しています。

御浜天地は、熊野灘と奥熊野の入り口に当たる、ごつごつとした岩肌を有する山地の合間に位置し、黒潮が運んでくる温暖な空気と奥熊野方面から流れてくる冷涼な空気が入り混じる気候は驚くほど甘~い切り干し大根を生み出します!


一回当たり4トン分もの大根を刻み(これは機械作業)、それを軽トラに10~15回に分けて運び、5~6人がかりで広大な干場で一網5キロづつに分け、お日様の下で2日かけて乾燥させ、2日後それを袋詰め・・・このサイクルが5、6日おきに回ってくるという流れです。(一辺がおよそ1mの正方形の網が、干場全体で600ほどあります!)



乾燥機は一切使わないので天候への配慮は欠かせられず、御浜天地のスタッフは常に自然とのにらめっこ・・・。事務所から車で10分ほどの干場へ頻繁に見回りに行き、少しでも雨の可能性があれば、600の干場から仮撤収させ、天候が回復すれば再び干しなおします。「確かに手間はかかるけど、どれか一つでも手抜きをすればすべて味に響いてくる」と、スタッフは口をそろえます。自然の産物は本当に素直です。


NCM_0556.jpg


NCM_0554.jpg


ここ御浜天地はこの切り干し大根と、夏の梅収穫の時期になるとアルバイトのほか、住み込みで数週間~1ヶ月ほどの期間のボラバイトを募集し、全国各地から個性豊かな人々が集まるんです!旅の最中の人、専業農家を目指して全国をさすらう人、その他大きな野望を抱く人・・・・ 今回も面白いボラバイトの人が何人か来ており、皆仲良くなりました^^


NCM_0561.jpg
こないだは、みんなでホットプレートしし鍋パーティー!





Buen Camino☆

海と集落のはざまにあるとっておきのTrail - 2014.01.15 Wed

¡Hola Buenosdias! caminotty@ちきゅうの道です☆


本日は、今後のツアーで検討しているコースの視察で、ステキなトレイルを歩いてきました。
熊野灘を直下に眺められる灯篭ヶ峰から、聖地「まないた様」へと至る素朴な縦走路。標高も150~210メートルと低い尾根に沿ったこのトレイルは、豊富な常緑照葉樹を抱えた美しい森が広がる一方で、有馬、井戸といった両サイドの集落からは車のクラクションや学校のチャイムが聞こえるなど、なかなか面白い空間を演出していました。それらのはざまから聞こえてくるのは大海原の怒涛・・・


自然、歴史、信仰心、人の営み・・・すべてが調和した不思議な散歩道でした。


今日は先ほど帰ったばかりなので、簡単な報告までに^^


後々地図を交えた詳細をアップします~(遅くならないように^^;)



P1160551.jpg
ジオラマのようなビュー

P1160607.jpg
冬の日、海は時々神秘的な色を放ちます



Buen Camino☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2プロフ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

とっておきの一枚 (168)
ブログ (13)
☆今週の一枚☆ (2)
自己紹介 (1)
2011年台風12号被害状況 (37)
たわごと (165)
熊野古道 (38)
チームマタタビ (17)
その他トレッキング (46)
熊野古道ガイド・ツアー (58)
伊勢街道 (6)
オシラセ (64)
世界の古道 (12)
日々思うこと・コラム (29)
仏教の道&シルクロード (3)
四国八十八ヶ所参詣道 (1)
沖縄の古道 (3)
おもろネタ (9)
ヨーロッパネタ (2)
年末伊勢街道歩き旅シリーズ (27)
アジアネタ (0)
Camino de Santiago2009-2010 INDEX (0)
Camino Journal2009-2010 ~カミーノ道中記 (7)
カミーノ・デ・サンティアゴのミニコラム (0)
カミーノ・デ・サンティアゴ模範行程 (0)
いにしえの生活道・集落跡 (10)
旅人のお話 (13)
熊野古道伊勢路ガイド (0)
☆動画☆ (1)
☆なう☆ (18)
紀伊半島の日々 (149)
新年(旧年末)熊野古道伊勢路歩き旅シリーズ (14)
外遊びぷろじぇくと (4)
一日一笑 (0)
自分旅プロジェクト (4)
旅のアトリエ・ちきゅうの道 (2)

最新トラックバック

プロフィール

caminotty

Author:caminotty
三重県紀北町在住。歩き旅人&旅イラストライター&ガイド

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。